J's fishing pages


 

 

初にアマゴを釣ったのは丹沢湖に流れ込む川だった。

初めて行った渓流と記憶している。

 

硬調の渓流竿にテーパーライン、毛鉤は#14?にオレンジのスレッドで黒いハックルを巻きつけただけのもの。「バイビジブル」と入門書にはあった。

 

車を置いたゲートから1時間あまり林道を歩きそこから釣り上がる。初心者がはじめての場所で単独行、無茶な事をしたと思う。

 

何処をどう釣ってよいのか判らず、あっちに引っ掛けこっちでよろけながら、ただ川をかき回していただけであった。

 

 

 

 

                         

 

 

                                    

 

 とんどあきらめかけたころ、まぐれでポイントに毛鉤が落ちたのか、ポンっと魚が飛んで出た。

 

 10cm足らずの小さな魚体であったが朱点がアマゴであることを主張していた。

気を良くしてさらに釣り上ったがそれきりであった。

 

 

その後何度か通ったが、釣れるのはヤマメばかりでアマゴはその1匹だけであった。

あのあたりはヤマメ域なのだが、放流時にまぎれこんだのだろうか。

   

 

 流に通っていた時期は短かったのであまり釣る機会はなかったが、98年と99年に富士川水系の支流で釣っている。

 

 そういえば伊豆の管理釣り場の下流でたくさんの大アマゴを見かけた事があった。大会で放流したものが下流に残るのだという。残念ながらこの時は釣り上げる事はできなかった。

 

 少ない経験からだが、ヤマメに比べると釣られやすいような気がするがどうだろうか。

 

 先日の釣行では、自然に流れるモノはシビアに見ているが、イレギュラーな動きや、流れに逆らうようなモノには良く反応するのでルアーでも釣る事ができた。

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                          


 戻る  【釣日誌02.5】【釣行記99.8