最新日記 | 月目次 | 目次

[ 並べ替え:日付順 | 登録順 ] - 古い順

 

 

2003/04/28(月) 久しぶりに釣れた日誌

(^-^)

 

連休前半、ぽっかり予定の空いた日曜日。
いつもの釣友と何処か行くかぁ、と西に車を走らせる。
連休中の割りに道が空いているのでちょっと遠出しM湖へ着いた。

小さなダム湖で鱒を定期的に放流しており、ルアーフライオンリーの珍しい湖である。
来るのはフライを始めた頃に解禁でボーズを食らって以来だ。

漁協の親父に様子を聞くと、なんと今日は大会だという。
それもちょうど始める所だと言うではないか。
妙に釣り人が少ない(Pが空いているし)のが気になったが、せっかく来たんだから、と参加する事にした。

川の流れ込んでいる所から人の集まっている湖の中央へ近づいて行くと、結構な数の群れが回遊しているのが見られた。

湖の陸っぱりという事で#8を用意していたが、近いところを回遊しているので#5の竿に持ち替えルースニングで様子を見る。

簡単に釣れる。芦ノ湖で苦戦してきたのが嘘のようだ。
群れが回ってくると引っ張っても沈めてもドライでも釣れた。

ただしサイズは30CM前後でいかにも大会用に放流しましたという魚ばかり。大きめの管理釣り場だと思えばいい。

目先を変え遠投して対岸を狙うとやや大きめ(40弱)が釣れた。
エントリーできそうなサイズが釣れたので、流れこんでいる川の方へ行ってみる。

浅い瀬の続く川をテンカラで探っていくと、小さなアマゴ?(10CM前後)が盛んに出る・・が掛からない。
竿に感触は残るのだが手が反応しきれていないみたいだ。

長靴だったので適当なところで湖に戻り、検量時間まで大物狙いに徹することにした。

大物にはでかいフライ、と手持ちの一番大きな毛虫フライを投げる。

大きな影が反転したと同時に一気に走る。
ジィーとリールの逆転する音を聞いたのは何時以来だろう。
止まれ止まれ!と思ったら今度はこちらに突っ込んで来る。
リールのやり取りでは間に合わず必死にラインを手繰る。

2回3回と左右に走り回られたが、なんとか友人のネットに納まってくれた。

でかい、、久しぶりの60UPかと検量してもらうと58CMであった。
次々と釣り人が戻ってくるが、皆サイズは30前後。



でっぷりと太った大きな魚体の隣に並べられた。56.5CM。
重量なら負けていたがルールは体長という事で、なんと優勝!
相棒も3位に入り久しぶりに充実した一日となった。

ちなみに賞品はお米15kgと変な釣具より気が利いていた。

 

[修正][削除]

フォームの始まり

 

コメントを追記する:

フォームの終わり

フォームの終わり

 

 

2003/05/18(日) MFC

(・_・)

 


たまたま参加したM湖の大会がきっかけで、MFC(M湖ファンクラブ)のメンバーになった。

前にも書いたが、陸っぱり(ウェーディング不可)のルアーフライテンカラのみという小さなダム湖だ。

それほど釣り人は多くないらしいが、ゴミやマナーが問題になっているという。
小さなフィールドだから少ないメンバーでも行動を起こせばなんとかなるんじゃないかと思っている、、が、なかなか行く事ができない(^^;

活動はこれからのようだが、興味ある人はリンクを辿ってみてください。

[修正][削除]

フォームの始まり

 

コメントを追記する:

フォームの終わり

フォームの終わり