NPO熊本技術士の会 

「熊本の石橋」ラーニングプラザ 

 熊本県内には、江戸時代から多くの石造アーチ橋(眼鏡橋)が架けられました。これらは、地域の振興を願った住民の熱い心と「肥後の石工」が培った熟練の技とが一体となって創り出した「熊本の宝」です。自然の猛威や社会状況の変化のために残念ながら失われてしまったものもありますが、今なお多くの眼鏡橋が所期の役割を果たし凛とした姿を留めています。私たち熊本で活動する技術者にとって、先人たちが育んできたこの「石の文化」を学び、守り、そして後世に引き継いでいくことは、とても大事なことだと思います。

 そこで、問題を解きながら眼鏡橋についての基礎知識を確認する場としてこのページを立ち上げてみました。多くの方にアクセスいただき、楽しみながら眼鏡橋について関心を深めてもらえれば幸いです。

 なお、本ページに対するご意見等は下段の「ご意見」でお寄せください。
(NPO法人「熊本技術士の会」 担当:のらねこチャッピ)

ラーニングプラザ スタート

 

ご意見

戻る