第2章 どんなカヤックにするのか


(悩んだ挙句にどんなカヤックにするのか?)


 さて、カヤックに目覚めた”やまさん”は、近くの本屋に立ちより何冊かの本を物色しております。カヌー入門書なるものを見ながら、一人「カヌーとカヤックの違いは分かったけど、いろんな種類があるんだな。」と、つぶやいております。

そうです、これまではカヌー(カヤック)にこんなにたくさんの種類があるとは知りませんでした。「こりゃ、困った。何を買えばいいのかさっぱりわからん。」と、やまさん。
それでも、「どうせ買うなら家族で楽しめて、キャンプにも持って行けて、釣りなんかもできたらいいなぁ」と思い始めました。その日のうちに、あれやこれやと思い巡らせていました。

カナディアンカヌーなら家族で遊べるよな。でも、ちと、値段が高い。なら、インフレータブルカヤックはどうだ?う〜〜〜ん、毎回毎回膨らませるのってしんどいよな。そうなるとファルトボートもいちいち組みたてて、また、片付けるってのも面倒だなぁ。そうなるとリジットのカヤック。それもタンデムのファンカヤックが一番かなぁ。」こうやって悩んでるうちに一つの方向を見つけることが出来ました。

「やっぱり、買うなら、カナディアンカヌーか、リジットのタンデムカヤック。これしかない。」と、思っても優柔不断なやまさんのこと、まだまだ悩みは続きます。そこで、子供に相談。

やまさん「なあ、どんなのに乗りたい?」
子供「みんなでのれるのがいい」

やまさん「そうだよなぁ、みんなで乗れるとなるとこっち(カナディアンカヌー)とこっち(ファンカヤック)があるんだけど・・・・」
子供「こっち(カナディアンカヌー)とこっち(ファンカヤック)はどう違うの?」

やまさんそうだなぁ、大きな違いは、片方だけに漕ぐとこがついてる(シングルブレードパドル)のと、両方に漕ぐとこがついてる(ダブルブレードパドル)ので、漕ぐ違いかな?」
子供「じゃ、両方についてるやつがいい。」

やまさん「そうかぁ、両方についてるやつか。♪o(^-^o)(o^-^)o♪ 」

と、ここでやまさん内心ホッとしました。なぜなら、カナディアンカヌーは値段が高すぎる。ファンカヤックならカナディアンカヌーの半分の値段で購入できるからです。
これで、ほとんど決まったようなもの。買うのはリジットのタンデムカヤック。しかし、ここからが大変です。家の大蔵省”かみさん”の説得が必要なのです。そこで、かみさんを説得するための裏工作・・・・。

やまさん「カヤック乗りたいよな?カヤック買えば、キャンプに行っても乗れるし釣りもできる。楽しいぞ〜〜。」
子供「うん、乗りたい。\(^o^)/」

やまさん「じゃあ、お母さんに言う時、応援してくれるか?」
子供「いいよ。」

やまさん(よっしゃ、これでかみさんとの戦いは半分勝ったようなものだ( ̄ー ̄)ニヤリッ)
と、ひとり思う”やまさん”でした。


第3章の”かみさん”説得へ続く・・・・・・




目次第1章 なぜカヤック?第2章 どんなカヤックにするか第3章 かみさん説得