第6章 ちょっと緊張、進水式


(本当に大丈夫????)


 いよいよ、念願のカヤックを手に入れた”やまさん”はいよいよ進水式へと向かうのでありました。

そして、進水式当日。朝から我が家は大騒ぎです。やまさんはカヤックを車に積もうとして頑張っていますが、なにぶん27kgありますので非力なやまさんでは一人で載せることが出来ません。かみさんに手伝ってもらいながらやっとの思いで車に積んだのでした。

やまさん「そういえば、車に積む時は道路交通法で決められていたぞ。」
やまさん「え〜〜〜っと、車の全長の10%未満だな。よしよし、このぐらいならいいぞ。」

と、勝手に独り言をいいつつ、キャリアとカヤックを固定していく”やまさん”です。
ひととおりの荷物を積みこむと、いよいよ川へ向かって車を走らせるのでした・・・・・・・。



新城市桜淵公園駐車場(河原の駐車場)にて

やまさん「よっしゃ〜〜〜、着いた〜〜。」

河原では、すでに川遊びをしている家族や、カヌーで遊んでいる人のグループが数名来ていました。初めてのカヤックと言うことで、いつもより人に見られているような気がします。優越感、恥かしさ半分といったところでしょうか。

はやる気持ちを押さえながら、やまさんはカヤックを下ろす準備に取りかかりました。
やまさん(やっと、カヤックができる♪o(^−^o)(o^−^)o♪ )

いよいよ、進水式です。

乗りこみ方はちゃんと本で勉強しました。そのとおり出きるかどうかが心配です。
さあ、川への挑戦です。

やまさん「おっと、進水式だから式典をやらねば・・・・」
かみさん「式典ってなに〜〜。」
やまさん「地鎮祭とか祭事には酒がつき物と決まっとるがや、酒、酒、・・・・・ありゃ、ない」
やまさん「酒がないから、ビールでいいや。」

といいつつ、ビールをカヤックに飲ませて・・・・・・両手を合わせてカヤックに一言。
やまさん「家族全員が安全に遊べますように。」

と、まあこんな具合でカヤックをビールで清めて、進水式の終了となりました。



第7章 こりゃ、おもしろいに続く・・・・・・・・