トップページヘもどる

                                                          
趣旨
  山岳会の運営に当っては、遭難事故の防止について最大の議案を絶えず繰り返さなければならない。
  山行における危険は山行計画の安易な心に宿るからである。ここに山行規約を定めたことは、ただ単に山行に制限を加えようとして作られたものではない、
  それぞれの会員が安全登山を目指す上で、必要最小限の合意点を求めると共に基本的な登山技術や知識を習得する場を会が保証し、されに一つ一つの
  山行を成し遂げるために、会員相互の努力を啓発せしめんとするもので有る。

第1章 遭難対策委員会
  1条 山行計画の審議機関として遭難対策委員会を設置する。(以下遭対と呼ぶ。)
  2条 遭対は必要に応じて遭対委員長が隊員を召集し、十分な安全チェックを行う。
  3条 遭対の構成にあってはベルグバハトがこれに当る。

第2章 山行計画書・山行報告者
  1条 日帰り山行(夜立ちを含まない)においては、山行計画書は必ず7日前まで、
     それ以外の山行においては14日前までに山行企画部長と遭対委員長に提出しなければならない。
  2条 山行計画書の作成にあたっては事前に参加者と打ち合わせを行い残留責任者を明記しなければならない。
  3条 無届け山行における事故、遭難の場合、会は責任を負わない。
  4条 山行報告書は全ての山行において山行企画部長へ提出する。

第3章 山行の禁止事項
  1条 岩登り、沢登りの単独行の禁止。それ以外の山行においては、遭対が審議し遭難の恐れの有る山行計画を中止させることがある。
     ただし、遭対が認めた場合の立岩における山行は例外とする。
  2条 ピッケル・アイゼンを必要とする雪山は単独を禁止する。
     ただし、1ヶ月以上前に計画書を提出し、運営委員会と遭対の承認をえた場合はこの限りではない。

第4章 雪山
  1条 アイゼンを必要とする山行は会が指定する雪上訓練を受けなければならない。

第5章 非会員との山行
  1条 非会員との山行は遭対の承認を得なければならない。

第6章 会の責任
  1条 第2章~5章までの規約違反は会として責任を負わない。
  2条 非会員の事故に対して、会としては責任を持たない。

第7章 遭対保険は一人2口以上加入しなくてはならない。

山の会「ケルン」山行規約

 改正 平成11年3月14日
静岡県勤労者山岳連盟
TOP 会紹介 入会案内 年間計画 やっほう 山の記録 山行報告 写真集
直線上に配置