洋画家 伊藤正宏のアトリエ
 
     
     
 
 
HOME
油彩画作品集T
油彩画作品集U
鉛筆デッサン画
プロフィール
油絵との出会い
油彩画の特性
用語解説
ひといき
リンク集
 
   
 
 油絵との出会い
  ENCOUNTER WITH AN OIL PAINTING 
 
油絵との出会いは3〜4歳頃でした。
 
近所に油絵を描いていた年配の方がいて、リンシードオイルの匂いと絵に魅かれたのか、その方の家へ毎日のように一人で遊びに行ったりしておりました。
   
 

2年生の時、上野にある西洋美術館へ姉に連れて 行ってもらったのがきっかけで、コローやクールベ、モネたちの作品と出会い、当時はまだ作品の見方も知らない私でしたが、その絵たちに惹かれ、小学3年の時からは春、夏休みを利用し、毎年一人で西洋美術館へ作品を見に出かけました。
現在は2時間もあれば東京へは行けますが、当時はまだ東北新幹線が開通していなかったので、片道8〜10時間程かかりました・・・。

  中学生になった私は無性に油絵が描きたくなり、アルバイトで貯めたお金で画材具一式を買い揃えました。その頃、ぼんやりとではありましたが、“画家になりたい”と、思ったのです。
意思をもって自分の表現する手段として意識したのは16か17歳の頃だったと思います。絵を描くことで何かとコミニュケーションしているというのが実感でした。寒さも時間も忘れ、無我夢中で制作をしていた自分がおりました。
   
ミヤギテレビ   河北情報センター   東北放送   東日本放送
             
 
 
Masahiro Ito Japanese Painting Artis