§†§ おまけ §†§

◆ブラシの作り方◆
と言うより、私がどうやってブラシを作ったか。

まずは心得。使い易いブラシは、余程の偶然が重なるか、機能を理解していないと、すぐには作れません。なので気長に根気よく頑張りましょう。余り真剣にならず、新しいおもちゃを貰った子供のように、遊び心満載で挑みましょう(笑)そんなトコかな?


カスタマイズと言っても、いきなり何をして良いのか分からないので、既存のブラシで描いてみて、もうちょっとココがこうならなぁとか、こうなって欲しいと思った所を叶えるために、何が何だか分からないなりに設定を変えていきます。

行き詰まったら、これまた既存のブラシで面白い効果を出すブラシを見てみます。面白い効果が出るだけあって、小細工沢山設定だと思うのでそれの数値を変えてみたり、チェックを外してみたりすると、新たな発見があったりします。左上のツールのモードや不透明度や流量の数値を変えてみるのも良いかもです。

そして、どこかで使えそうと思ったブラシは「ツールプリセット」か「ブラシプリセット」に保存しておくのをオススメ。偶然出来たブラシは二度と作れない可能性大なので(^^ゞ

そんな感じで、いつの間にか今のブラシが出来上がりました。要は如何に描きやすい、塗りやすい環境を作っていくかなので、自分のやりやすい方法を見つけていって下さい♪ そんな私もまだまだ改良の余地あり状態ですので!

◆色の決め方◆
私の色の決め方は、ずばり!!「その時の気分」です(笑)

一番最初に目を塗るので(肌は除外)、その時に今回の色のテーマを決めます。決めると言っても、取りあえずコレで行ってみるか〜と言う簡単なものです。紫、青、ピンクが良く使う色なので、お気に入りの色かそれ以外の色か、今回は寒色と決めたので新緑の緑方面へ。ベースを緑で塗ったクセに、影を思い切り青で入れてる辺り、すでにテーマにズレが生じています(笑)←青緑だけど、少なくとも新緑っぽくは無いと言う意味で。

目の色を中心に髪や服の色を決めていきます。服の色が気に入ったからと、服に合う色で目や髪の色を変更したりもします。何処が中心になるかは色々なのですが、この色に合うもの、惹き立つものをと決めるリード色が必ずあります。

一番特徴的なのは、何時も塗りながら次の色を決める事かな。だから常にパーツ毎に仕上がって行ってます(笑) ただ、塗り終わったから次の色を決めると言うわけでなく、目を塗りながら、次の作業である髪の色を無意識の中で意思を固めて行っていると言うか、感覚的に浮かんでくると言うか…。なので、全体のバランスを見る為に、まず先に総てのパーツにベースの色を乗せておくと言うのが出来ません(^^ゞ

同じベース色でも、重ねる色や頻度によって色は常に変わる生き物なので、単色だけでは影を入れた完成後の組み合わせの善し悪しの判断が付かなかったり、影を入れていったら何か合わなくて、色調整が大変な事になったりします。ベースを塗ってからの作業は、仕事で色見本が付いてくる程の細かい色指定がある時位かなぁ。なので、総てのパーツに色を乗せる派の方の制作過程を見ると、マジックでも見ている気になります(笑)凄いなぁと。あ。誤解の無いように一言。色の塗り方に正解、不正解は無いと思うので、自分にとって塗りやすい方法が一番だと思ってます。はい。

そんな訳で、その時の気分や感覚で今回のイラストが出来上がったのであります(笑)

◆作業後のレイヤー◆

普段より多いです。髪や服は塗り終わった時点で結合させてるのですが、今回は講座作成の為と色合いに迷いがあったので結合させずに残ってます。

これで「Miyu's CG講座2006」はひとまず終了です。
ここまでお付き合いいただき有り難うございました♪
2006年5月

□ 講座への質問について □
今現在、質問にはお答えしておりません。詳しくは「始めにをお読み下さい。
感想なら勿論OK!喜びます〜

Back CG講座 Gallery


-- HOME --


Copyright(c)2006 Miyu all rights reserved.