P-FREAKS HOUR ヤマアラシとその他の変種 (TOCT-5751)(TOTT-5751)90年9月27日発売。  トップ>ヤマアラシとその他の変種

吉田戦車
 厳密に言うとこのアルバムに参加しているのはケラと大槻ケンヂによるユニット「空手ボンボン」であり、内田雄一郎は不参加なので空手バカボンと同等に当サイトで取り上げるのはどうかとも思ったが、何より空手ボンボンなる名称が空手バカボンをモチーフにしたものであることは明白な上、放置するには惜しいほど豪華な面子が揃っているため、空手バカボンの「変種」として例外的に紹介する。

※注 歌詞は不掲載。作詞・作曲クレジットをクリックしても別になんの表示も・・・



2 ヤマアラシ嗜好症 / 空手ボンボン(ケラ・大槻ケンヂ)+
西村知美+巻上公一+爆笑問題





 販売元は東芝EMI。ケラリーノ・サンドロヴィッチのプロデュースによる、コントと楽曲を多数収めたオムニバス盤で、いわゆる『スネークマン・ショー』方式。比率としてはコントのほうがやや多い。CDとカセットの2種類が発売されたが、当方が入手したのはブックレット付きのCD版。Panpeaseと共に向かった中野ブロードウェイ・フジヤエービック レコミンツにて4000円で購入。

 『ヤマアラシとその他の変種』というアルバムタイトルは、エミリー・リストフィールド(Emily Listfield)なる女流作家の短編小説「ヤマアラシとその他の変種(原題Porcupines and Other Travesties。注:Tracestiesではない)」に由来する。20世紀アメリカの作家の短編を集めたアンソロジー「レイモンド・カーヴァーの子供たち」(文藝春秋より1990年4月発売)所収。

 総合プロデュースはケラだが、音楽プロデュースはムーンライダーズの鈴木慶一なので、大半の楽曲の作曲及び演奏を手がけているのは鈴木慶一。以下、出演者・音楽参加者その他を曲目と共に挙げておく。


出演者

大人計画(松尾すずき・温水洋一) 劇団健康(まつおあきら・手塚とおる・犬山犬子・三宅弘城・みのすけ) 斎木しげる(シティボーイズ) Z-BEAM(前田真之輔・阪田マサノブ) 爆笑問題(太田光・田中裕二) ビシバシステム(住田隆・西田康人) 松尾貴史(キッチュ)

 松尾スズキの名前が当時はひらがな表記だったり、温水洋一が大人計画出身だったりと知らなかった者としては驚きの連続だが、一番驚いたのはブックレットに掲載された2人の写真。なんと髪の毛がふさふさ。15年経つと人はこうも変わるのか。Z-BEAMは現GO・JOの阪田マサノブが在籍していたお笑いコンビ。爆笑問題はニッポン放送を出入り禁止になった頃のようだ。ビシバシステムは住田と西田の男2人時代。また松尾貴史は歌のほうにも参加しており、Z-BEAM阪田と爆笑問題太田、松尾すずき、ビシバシステムはコントの脚本も書いている。

音楽参加者

あがた森魚 遠藤賢司 大槻ケンヂ 桐島かれん ケラ 小松亮太 高橋佐代子(ZELDA) 知久寿焼(たま) ちわきまゆみ 西村知美 THE BEATNIKS(高橋幸宏・鈴木慶一) パンタ 福富幸宏(SODOM) ブラボー小松 巻上公一(ヒカシュー)

 どうして再発されないのか訝しく思うほどに豪華なメンバーが揃っている。ケラの人徳だろうか。元頭脳警察のパンタが一曲のみでベースを弾いているのも贅沢でよい。特筆すべきはソドム時代の福富幸宏で、ドラムのプログラミングで一曲参加している。

作詞・脚本

久住昌之 吉田戦車 天久聖一

 久住昌之は漫画家コンビ・泉昌之の片割れで、有頂天『土俵王子』のジャケットを手がけたり、またモダンヒップのメンバーとしてバンド活動をしていた時期もあったり。吉田戦車はコントの脚本のほか、本アルバムのジャケットに笑う男の絵を提供している。正式なクレジットはないが見ればすぐ判る。で、衝撃なのが今や電気ファミリーの一員(というより急先鋒)となった天久聖一。吉田戦車とは同業で懇意でもあるので、まあ可能性としてはなくはないのだが・・・ケラと合同で脚本を一本書いている。


(追記)それと、「ヤマアラシ嗜好症」を発展させたケラ&ザ・シンセサイザーズのナンバー「神様とその他の変種」が、2007年3月28日リリースのアルバム『15 Elephants』に収められているという情報を入手。まだ現物は聴いていないので詳細は不明だが、ひょっとしたら後日取り上げるかも知れないし取り上げないかも知れない。


(2007年10月17日追記)どうやら再発が決定した模様(BRIDGE-111 税込3,150円)。2007年11月23日リリース。50ページに渡る豪華ブックレットのほか、なんとボーナストラックも収録予定だそうなので、もし購入してみて追加曲が空バカに関係のあるものだったら、更に本稿を加筆する予定。

関連ページ→CDJournal.com - ニュース - ケラ版“スネーク・マン・ショー”!? V.A.『ヤマアラシとその他の変種』が再発に!


曲目 出演者・音楽参加者 作詞作曲編曲その他
1 メディティション STEP 1 斎木しげる
劇団健康
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演奏:鈴木慶一
2 ヤマアラシ嗜好症 空手ボンボン(ケラ・大槻ケンヂ 
VOCAL)
+西村知美(VOCAL)
+巻上公一(VOCAL)
+爆笑問題(太田光・田中裕二 漫才)
作詞・作曲:ケラ
編曲:鈴木慶一&ケラ
演奏:鈴木慶一
3 たもつ(1) 松尾貴史(キッチュ)
ケラ
鴨下琴海 杉浦明彦
常松めぐみ 三宅顕三
脚本:吉田戦車
4 THE GREATEST SONG OF ALL 松尾貴史(VOCAL)&
THE BEATNIKS(高橋幸宏・
鈴木慶一 CHORUS)
withちわきまゆみ(CHORUS)
作詞:久住昌之
作曲・編曲・演奏:高橋幸宏・鈴木慶一
5 たもつ(2) 松尾貴史(キッチュ)
ケラ
脚本:吉田戦車
6 ナレーション 斎木しげる
7 辻弁慶からの中継
(注:「辻」のしんにょうは2点しんにょう)
ビシバシステム(住田隆・西田康人) 脚本:ビシバシステム
8 ナレーション 斎木しげる
9 崩れた二人 Z-BEAM(前田真之輔・阪田マサノブ) 脚本:阪田マサノブ
演奏:鈴木慶一
10 夕食 劇団健康(まつおあきら・手塚とおる・
犬山犬子・三宅弘城・みのすけ)
ビシバシステム
脚本:犬山犬子
11 ブルーライト・ヨコハマ ビシバシステム
(LEAD VOCAL&CHORUS)
作詞:橋本淳
作曲:筒美京平
編曲:ビシバシステム
12 西の果てにある なんにも起こらない村と
東の果てにある なんにも起こらない村の
なんにも起こらない 悲しい恋人達のお話
ケラ(VOCAL)
高橋佐代子(VOCAL)
知久寿焼(CHORUS&NARRATION)
作詞:ケラ
作曲・演奏:鈴木慶一
13 電話 大人計画(松尾すずき・温水洋一) 脚本:松尾すずき
演奏:鈴木慶一
14 葬式 斎木しげる
劇団健康
ケラ
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
15 昼のラジオ 爆笑問題
ビシバシステム
脚本:太田光
16 岡本太郎の眼(マーシャルや強者共が
夢の音)
遠藤賢司(VOCAL&GUITAR)
PANTA(BASS)
ブラボー小松(GUITAR)
福富幸宏(DRUMS PROGRAMMING)
作詞・作曲:遠藤賢司
編曲:遠藤賢司・ブラボー小松・鈴木慶一
17 予告編 劇団健康
ケラ
P・フリークス・オールスターズ
ビシバシステム
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
    天久聖一
演奏:鈴木慶一
18 Indio Del Tango あがた森魚(VOCAL)
桐島かれん(VOCAL)
小松亮太(BANDNEONS)
鈴木慶一(OTHER INSTRUMENTS)
作詞:あがた森魚
作曲:鈴木慶一
19 ヤマキ 松尾貴史
ケラ
脚本:吉田戦車
20 ヤマアラシ嗜好症・リプライズ 鈴木慶一
斎木しげる(NARRATION)
作曲:ケラ
演奏:鈴木慶一
21 借金と水滴 ビシバシステム
犬山犬子
脚本:ビシバシステム
演奏:鈴木慶一

空手チョップをもう一度。TOPへ

はてなブックマークの情報を読み込んでいます。