BG-Rescue Linuxめも

はてなブックマーク TOPSY

2008.4.19 作成

これって何?

FDのみでブート可能なLinux。GUIはありません。英語版なので日本語表示できません。ブート手段がFDしかない場合に。

CDやUSBデバイスでのブートが可能なら出番はないと思われますけど...。

このページの内容はバージョン0.9.1で確認したものです

できること

ネットワークの利用

smbmountはないけど、wget, smbclient, ftpget, コマンドでネットワーク(インターネット含む)からのダウンロードが可能。

PCMCIAやUSBのNIC(LANアダプタ)にもいくつか対応しているので内蔵NICの故障時など便利かも。

USBデバイスの利用

起動しないWindowsマシンからUSBメモリなどへファイルの救出。USB CDからファイルのコピーとか。

その他メンテナンス系ツール

ms-sysでWinNTのブートストラップ(fixmbr)、DOSのブートセクタ(IPL)書き込み。

GPartでパーティションテーブルの調査。

fdisk, dd, dd_rescue , syslinux, ntfsfix , ntfsundelete など

ページ先頭 U

起動ディスク作成

GRUB起動ディスクで

GRUB for DOSの起動ディスク使うほうが楽かなぁ...

  • ダウンロード
    1. 0.4.2 または 0.4.1 をダウンロード
    2. fat12grldr.img(FDイメージ)を rawrite などでFDへ書き込み
    3. menu.lst に下記を追記
    4. FDへ vmlinuzinitrd.img をそれぞれコピー
title BG-Rescue Linux 0.9.1 -- vga=normal
pause  Insert ' vmlinuz ' Floppy and Press Enter
kernel (fd0)/vmlinuz 
pause  Insert ' initrd.img ' Floppy and Press Enter
initrd (fd0)/initrd.img
boot

title BG-Rescue Linux 0.9.1 -- vga=769
pause  Insert ' vmlinuz ' Floppy and Press Enter
kernel (fd0)/vmlinuz vga=769
pause  Insert ' initrd.img ' Floppy and Press Enter
initrd (fd0)/initrd.img
boot

title BG-Rescue Linux 0.9.1 -- 
pause  Insert ' vmlinuz ' Floppy and Press Enter
kernel (fd0)/vmlinuz vga=771
pause  Insert ' initrd.img ' Floppy and Press Enter
initrd (fd0)/initrd.img
boot

title BG-Rescue Linux 0.9.1 -- vga=773
pause  Insert ' vmlinuz ' Floppy and Press Enter
kernel (fd0)/vmlinuz vga=773
pause  Insert ' initrd.img ' Floppy and Press Enter
initrd (fd0)/initrd.img
boot

title BG-Rescue Linux 0.9.1 -- vga=775
pause  Insert ' vmlinuz ' Floppy and Press Enter
kernel (fd0)/vmlinuz vga=775
pause  Insert ' initrd.img ' Floppy and Press Enter
initrd (fd0)/initrd.img
boot

title BG-Rescue Linux 0.9.1 --  SafeMode (vga=normal apm=off)
pause  Insert ' vmlinuz ' Floppy and Press Enter
kernel (fd0)/vmlinuz vga=normal apm=off
pause  Insert ' initrd.img ' Floppy and Press Enter
initrd (fd0)/initrd.img
boot
FD + USBデバイス用起動ディスク

下記ページの起動ディスクの方が便利かもしれない(手順が多いけど)

配布されてるbootディスクとrootディスクそのままでは起動できないことが多いようなのでFreeDOSで起動ディスク作成。

FreeDOS起動ディスク

fdboot.imgをダウンロード

LINLD.COMをダウンロード

rescue-0.9.1.zipをダウンロード。

  1. fdboot.imgをRawWrite for WindowsなどでFDへ書き込み
  2. fdconfig.sys削除
  3. rescue-0.9.1.zip内の welcome.txt をコピー
  4. LINLD.COM をコピー
  5. autoexec.bat 作成

A:\kernel.sys, A:\command.com, A:\freedos\choice.exe 以外のドライバ類は基本的に不要ですけど。

  • autoexec.bat
@echo off
set path=a:\freedos
cls
type a:\welcome.txt
choice /C:123456X boot:
IF ERRORLEVEL=7 GOTO Ende
IF ERRORLEVEL=6 GOTO 6
IF ERRORLEVEL=5 GOTO 5
IF ERRORLEVEL=4 GOTO 4
IF ERRORLEVEL=3 GOTO 3
IF ERRORLEVEL=2 GOTO 2
IF ERRORLEVEL=1 GOTO 1

:1
linld image=B:\vmlinuz initrd=A:\initrd.img

:2
linld image=B:\vmlinuz initrd=A:\initrd.img vga=769

:3
linld image=B:\vmlinuz initrd=A:\initrd.img vga=771

:4
linld image=B:\vmlinuz initrd=A:\initrd.img vga=773

:5
linld image=B:\vmlinuz initrd=A:\initrd.img vga=775

:6
linld image=B:\vmlinuz initrd=A:\initrd.img vga=normal "cl=apm=off"

:Ende
ファイル一覧
A:\
|   autoexec.bat
|   command.com
|   kernel.sys
|   welcome.txt
|
\---freedos
        choice.exe
        LINLD.COM
kernel と initrd をコピー

rescue-0.9.1.zip内の vmlinuzinitrd.img をそれぞれFDへそのままコピー。

ページ先頭 U

スクリーンショット

Bドライブに入れなさい?

BドライブFD入替メッセージ

ファイルのパスに B:\ を指定するとInsert diskette in Drive B:とメッセージが出ますが、BIOSで2台目のFDDを有効にしていなければ(通常無効)単純に入替で読み込みが可能かと。

BG-Rescue Linux 起動画面

ビデオモードを数字で選択

FD入替メッセージ画面 B:

Insert diskette in Drive B:のメッセージが出たら、vmlinuzをコピーしたFDに【ゆっくり】と入れ替えてEnter

FD入替メッセージ画面 A:

Insert diskette in Drive A:のメッセージが出たら、initrd.imgをコピーしたFDに【ゆっくり】と入れ替えてEnter

以下の選択は起動後に再設定(再起動)も可能。

キーボード選択画面

キーボードの選択は jp で。

PCMCIAサポート選択画面

PCMCIAサポート。YesならEnter。Noなら n

USB2.0 サポート選択画面

USB2.0サポート。YesならEnter。Noなら n

ネットワーク サポート選択画面

ネットワークサポート。YesならEnter。Noなら n

DHCPサーバがある環境では自動でIPアドレスが設定される。

内蔵LANアダプタが故障で追加のLANアダプタを使いたい場合はここで n を入力しないと起動できないかもしれない。

サービスの再起動(再設定)
  • キーボードの設定
# keymap
  • PCMCIAサポート
# /etc/init.d/S20pcmcia
  • USB 2.0サポート
# /etc/init.d/S40ehci
  • ネットワーク
# /etc/init.d/S50network
シャットダウン
  • シャットダウン
# poweroff
  • 再起動
# reboot

ページ先頭 U

ネットワーク

DHCPサーバがある環境では起動時にIPアドレス、ゲートウェイ、DNSサーバ、など自動設定されます。

# ifconfig -a
# ifconfig -a
dummy0    Link encap:Ethernet  HWaddr 00:00:00:00:00:00  
          BROADCAST NOARP  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:40:45:xx:xx:xx 
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:623 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:24 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:90326 (88.2 KiB)  TX bytes:7624 (7.4 KiB)
          Interrupt:11 Base address:0xd000 

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:A0:B0:xx:xx:xx  
          inet addr:192.168.0.100  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:58 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:51 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:30824 (30.1 KiB)  TX bytes:3950 (3.8 KiB)

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

ネットワークの手動設定

LAN内でのみ使うならIPアドレスのみ、インターネットも使うなら、ゲートウェイ、DNSサーバを設定

IPアドレス

※ネットマスクが255.255.255.0の場合の例

# ifconfig eth1 inet 192.168.0.100

※追加のNIC(LANアダプタ)を使う場合はeth1などを指定

  • 確認
# ifconfig
eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:A0:B0:xx:xx:xx  
          inet addr:192.168.0.100  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:58 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:51 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:30824 (30.1 KiB)  TX bytes:3950 (3.8 KiB)

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)
ゲートウェイ

ルーターのIPアドレスを指定(※確認は # route

# route add default gw 192.168.0.1
  • 確認
# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.0.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth1
127.0.0.0       *               255.0.0.0       U     0      0        0 lo
default         192.168.0.1     0.0.0.0         UG    0      0        0 eth1
DNSサーバ

※ルーターを指定する場合(※確認は # cat /etc/resolv.conf

# cat <<end>> /etc/resolv.conf
> nameserver 192.168.0.1
> end
  • 確認
# cat /etc/resolv.conf
search PALM84-NETWORK
nameserver 192.168.0.1

ページ先頭 U

マウント

FDドライブも含め自動マウントはされないのでmountコマンドを実行

HD(NTFS)のマウント

パーティションを確認

# fdisk -l /dev/hda

または、/dev/hdb , /dev/sda , /dev/sdb

# fdisk -l /dev/sda

【注】USB FDが/dev/sdaの場合、I/O errorunable to read partition table などとメッセージが表示される

IdSystemの確認

# fdisk -l /dev/hda

Disk /dev/hda: 20.0 GB, 20003880960 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 2432 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/hda1   *           1         892     7164958+   7  HPFS/NTFS
/dev/hda2             893        1763     6996307+  1c  Hidden W95 FAT32 (LBA)
/dev/hda3            1764        1801      305235   82  Linux swap / Solaris
/dev/hda4            1802        2432     5068507+  83  Linux

通常NTFSはIdが7、SystemがHPFS/NTFS

メーカー製PCでは通常隠し(Hidden)パーティションにリカバリープログラムやイメージがあるのでこれはさわらない様に注意。

# mkdir /mnt/hda1
# mount -t ntfs -o ro,nls=utf8 /dev/hda1 /mnt/hda1
# umount /mnt/hda1

USBデバイスのマウント

USBメモリ

Linux起動後にUSBデバイスを接続。表示されるメッセージからデバイス(ファイル)名を確認。

hub.c: new USB device 00:07.2-3, assigned address 2
scsi1 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
  Vendor: USB 2.0   Model: SD/MMC Reader     Rev:     
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Attached scsi removable disk sdb at scsi1, channel 0, id 0, lun 0
SCSI device sdb: 3932160 512-byte hdwr sectors (2013 MB)
sdb: Write Protect is off
 /dev/scsi/host1/bus0/target0/lun0: p1

パーティションを確認。unknown partition tableが表示される場合は多分パーティションは切られていない(または認識できない)。

# fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 2013 MB, 2013265920 bytes
62 heads, 62 sectors/track, 1022 cylinders
Units = cylinders of 3844 * 512 = 1968128 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks  Id System
/dev/sdb1   *           1        1022     1964253   6 FAT16

/dev/sdb1 ? などのエラーの様な表示が出る場合はパーティションが切られていない(または認識できない)

  • /dev/sdb1 のマウント
# mkdir /mnt/usbkey
# mount -t vfat -o utf8,shortname=winnt /dev/sdb1 /mnt/usbkey

【注】パーティションが切られていない場合は/dev/sdbと指定する

  • アンマウント
# umount /mnt/usbkey
USB CD

Linux起動後にUSBデバイスを接続。表示されるメッセージからデバイス(ファイル)名を確認。

hub.c: new USB device 00:07.2-2, assigned address 3
scsi2 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
  Vendor: TEAC      Model: CD-224E           Rev: 9.9A
  Type:   CD-ROM                             ANSI SCSI revision: 02
Attached scsi CD-ROM sr0 at scsi2, channel 0, id 0, lun 0
sr0: scsi3-mmc drive: 24x/24x cd/rw xa/form2 cdda tray
sr0: mmc-3 profile capable, current profile: 0h
  • /dev/sr0 のマウント
# mkdir /mnt/usbcd
# mount /dev/sr0 /mnt/usbcd
  • アンマウント
# umount /mnt/usbcd
参考

オプションなしでも問題なさそうですが、Windows向けCDでは、-o norock,map=off を付けてマウントした方がいい場合があるかも?

USB FD

USB FDでブートした場合でも、Linux自体はオンメモリで動いているのでFDを使うにはマウント操作が必要

  • /dev/sda のマウント
# mkdir /mnt/floppy
# mount /dev/sda /mnt/floppy
  • アンマウント
# umount /mnt/floppy

ページ先頭 U

ファイル救出

USBメモリなどへファイルをコピーする。日本語ファイル名などは指定できないので親ディレクトリを指定してディレクトリごとコピーする。

# cd /mnt/hda1/Documents\ and\ Settings/username
# cp -r My\ Documents /mnt/usbkey
ディレクトリの容量表示
  • パーティション全体
# cd /mnt/hda1
# du -sh
7.0G   .
  • My Documents
# cd /mnt/hda1
# du -hs  Documents\ and\ Settings/palm84/My\ Documents/
988M  Documents and Settings/palm84/My Documents

smbclientコマンド

Windowsマシンの共有へ接続

但し、日本語ファイル名はすべて文字化け。スペース含む場合もだめかもしれない。

Windowsマシンへ接続するにはhostsファイルの修正が必要?ifconfigでIPアドレスを確認。(※192.168.0.100の場合)

# cat <<END> /etc/hosts 
> 127.0.0.1 localhost
> 192.168.0.100 rescue
> END
# smbclient -L hostname -U username
# smbclient //hostname/sharename -U username
# tar cf - ディレクトリ名 | smbclient //hostname/sharename "password" -U username -N -Tx -

ページ先頭 U

NFSマウント

LinuxなどのNFSサーバへ接続

# mkdir /mnt/nfs
# mount -t nfs -o nolock 192.168.0.2:/mnt/hda3/share /mnt/nfs

ページ先頭 U

NTFSへ書き込み

!あくまで書き込みの必要がある場合!

対象が/dev/hda1なら

# mkdir /mnt/win
# ntfs-3g /dev/hda1 /mnt/win

Windowsが起動できなくなって場合に「Volume is dirty」 などと警告が出ることがある。forceオプション(-o force)で強制マウントできるかもしれないけど危険を覚悟すること。

作業終了後は必ずアンマウントすること。

# umount /mnt/win

BG-Linuxの終了は電源をいきなり切ったりせず poweroff コマンドを使うこと

# poweroff

ページ先頭 U

Linux LiveCDのブート

HD上にファイルを保存し、GRUBからブートさせます。

あくまで、この方法でしかGUIを使えるOSを起動させる手段がない場合の最終手段ということで。Windowsが起動せず、CDやUSBブートもできない場合など。

  • HDが壊れかけの場合、さらに悪化する可能性もある
  • LinuxでのNTFS書き込みは100%保証されているわけではない
  • USB CD、USBメモリがあるなら、FDブートからUSBデバイス上イメージのマウントを先に試すべき
  • 内蔵(またはPCI)LANアダプタが有効ならネットワークブートという手もある

よって、まずはネットワークブート、FD+USBデバイスでのブートを試してみるべきかと。

空き領域の確認

isoイメージの保存と展開の為に、isoイメージのサイズの2倍以上の空き領域が必要。

# df -h

Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on
rootfs                  123.9M      4.0M    119.9M   3% /
tmpfs                   123.9M      4.0M    119.9M   3% /
tmpfs                   123.9M      4.0M    119.9M   3% /dev/shm
/dev/ide/host0/bus0/target0/lun0/part1
                          6.8G     57.5M      6.8G   1% /mnt/win
MD5の確認

ファイルが正しくダウンロードされたかハッシュ値(フィンガープリント)を確認

  • MD5を確認
# md5sum puppy-301-JP.iso
84291b4795f80846acf76d0d76e2baa9  puppy-301-JP.iso
  • MD5が記録されているファイルと照合(MD5とファイル名の間にスペース2つ置く)
# md5sum -c puppy-301-JP.iso.md5.txt
puppy-301-JP.iso: OK
  • 目視で確認
# md5sum puppy-301-JP.iso
84291b4795f80846acf76d0d76e2baa9  puppy-301-JP.iso
# cat puppy-301-JP.iso.md5.txt
84291b4795f80846acf76d0d76e2baa9  puppy-301-JP.iso

ページ先頭 U

isoイメージのダウンロードと展開

下記のものについて起動を確認。(INSERT+ 1.2.18ではだめだった。)

puppy-301-JP.isoの例

isoイメージは119MB

  • isoイメージとMD5値のダウンロード(※/mnt/win に保存する場合)
# cd /mnt/win
# wget http://www.ring.gr.jp/pub/linux/puppylinux/puppy-301-JP.iso
# wget http://www.ring.gr.jp/pub/linux/puppylinux/puppy-301-JP.iso.md5.txt
  • MD5を確認
# md5sum -c puppy-301-JP.iso.md5.txt
puppy-301-JP.iso: OK
  • isoイメージをマウント
# mkdir /mnt/iso
# mount -o loop puppy-301-JP.iso /mnt/iso
  • puppyディレクトリを作成して展開
# mkdir puppy
# cp /mnt/iso/* /mnt/win/puppy
  • アンマウント
# cd
# umount /mnt/iso
# umount /mnt/win

ページ先頭 U

GRUB for DOS

上記で作成したFreeDOS起動ディスクに追加する。

見本(?)ファイル

以下はgrubディレクトリを作成・コピーして使用

NTFSのファイルのロードも可能なGRUB for DOSを使う。0.4.2ではなぜかだめなので、0.4.3のgrub.exeで。

  1. SourceForge.net: Filesから grub4dos-0.4.3.zip をダウンロード
  2. grub.exe をFDにコピー
  3. ファイルを変更
  4. menu.lst 作成、LiveCDに合わせた設定ファイルも別に作成
menucolor=7,0
menudefault=0,100
menu
menu FreeDOS BG-Rescue & GRUB for DOS
menu
menu 0 - BG-Rescue Linux 0.9.1
menu 1 - GRUB for DOS (grub.exe 0.4.3)
menu 2 - none
menu

012?shell=command.com command.com /P
!FILES=20
!BUFFERS=20
!LASTDRIVE=Z
@ECHO OFF
set path=a:\freedos
if %CONFIG% == 0 goto bgrescue
if %CONFIG% == 1 goto grub
if %CONFIG% == 2 goto end

:bgrescue
bgrescue.bat
goto end

:grub
a:\grub.exe
goto end

:end
menu.lst
  • menu.lst の例
color white/blue yellow/blue
# timeout 30
# default /default

# jp106 keypad
setkey at bracketleft
setkey doublequote at
setkey ampersand caret
setkey quote ampersand
setkey parenleft asterisk
setkey parenright parenleft
setkey underscore parenright
setkey equal underscore
setkey plus colon
setkey colon quote
setkey asterisk doublequote
setkey bracketleft bracketright
setkey braceleft braceright
setkey bracketright backslash
setkey braceright bar
setkey backslash backquote
setkey tilde plus
setkey caret equal
setkey backquote braceleft
setkey bar tilde


# title configfile FD menu.lst
# configfile (fd0)/menu.lst

title boot from HDD ---    Knoppix 5.1.1 CD (LCR)  ---
    configfile (fd0)/grub/knoppix.conf

title boot from HDD ---    SLAX-ja-5.1.8.1-3       ---
    configfile (fd0)/grub/slax.conf

title boot from HDD ---    SystemRescueCd 1.0.1    ---
    configfile (fd0)/grub/sysres.conf

title boot from HDD ---    INSERT+ 1.2.18 (LCR)    ---
    configfile (fd0)/grub/insert.conf

title boot from HDD ---    Berry Linux 0.88        ---
    configfile (fd0)/grub/berry.conf

title boot from HDD ---    Puppy Linux 3.01 JP     ---
    configfile (fd0)/grub/puppy.conf

title boot from CD
    cdrom --init
    map --hook
    chainloader (cd0)

title load FD NTLDR (Windows XP / 2000)
    chainloader (fd0)/ntldr

title load FD FreeDOS
    chainloader (fd0)/kernel.sys

title find and load NTLDR of Windows NT/2K/XP
    find --set-root /ntldr
    chainloader /ntldr

title find and load CMLDR of Windows NT/2K/XP
    find --set-root /cmldr
    chainloader /cmldr

title find and load IO.SYS of Windows 9x/Me
    find --set-root /io.sys
    chainloader /io.sys

title chainload (hda1)
    root (hd0,0)
    chainloader +1

title chainload (hda2)
    root (hd0,1)
    chainloader +1

title chainload (hda3)
    root (hd0,2)
    chainloader +1

title chainload (hda4)
    root (hd0,3)
    chainloader +1

title chainload (hda5)
    root (hd0,4)
    chainloader +1

title find and load menu.lst 
    find --set-root /boot/grub/menu.lst
    configfile /boot/grub/menu.lst

title commandline
    commandline

title reboot
    reboot

title halt
    halt

FDにgrubディレクトリを作成し、それぞれのLiveCD用にpuppy.conf,knoppix.confなどを作成

  • puppy.conf の例
color white/blue yellow/blue
# timeout 30
# default /default

# jp106 keypad
setkey at bracketleft
setkey doublequote at
setkey ampersand caret
setkey quote ampersand
setkey parenleft asterisk
setkey parenright parenleft
setkey underscore parenright
setkey equal underscore
setkey plus colon
setkey colon quote
setkey asterisk doublequote
setkey bracketleft bracketright
setkey braceleft braceright
setkey bracketright backslash
setkey braceright bar
setkey backslash backquote
setkey tilde plus
setkey caret equal
setkey backquote braceleft
setkey bar tilde


# title configfile FD menu.lst
# configfile (fd0)/menu.lst

# title configfile (fd0)/puppy.conf
#     configfile (fd0)/puppy.conf


title Puppy Linux 3.01 from HDD  /vmlinuz
    find --set-root /vmlinuz
    kernel /vmlinuz pmedia=idehd
    initrd /initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from HDD  /vmlinuz        (acpi=off)
    find --set-root /vmlinuz
    kernel /vmlinuz pmedia=idehd acpi=off
    initrd /initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from HDD  /vmlinuz        (acpi=off pfix=ram)
    find --set-root /vmlinuz
    kernel /vmlinuz pmedia=idehd acpi=off pfix=ram
    initrd /initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from HDD -- psubdir=puppy
    find --set-root /puppy/vmlinuz
    kernel /puppy/vmlinuz psubdir=puppy pmedia=idehd
    initrd /puppy/initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from HDD -- psubdir=puppy (acpi=off)
    find --set-root /puppy/vmlinuz
    kernel /puppy/vmlinuz psubdir=puppy pmedia=idehd acpi=off
    initrd /puppy/initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from HDD -- psubdir=puppy (acpi=off pfix=ram) 
    find --set-root /puppy/vmlinuz
    kernel /puppy/vmlinuz psubdir=puppy pmedia=idehd acpi=off  pfix=ram
    initrd /puppy/initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from CD                   (acpi=off pfix=ram)
    find --set-root /vmlinuz
    kernel /vmlinuz pmedia=cd pfix=ram
    initrd /initrd.gz

title Puppy Linux 3.01 from USB-Flash            (acpi=off pfix=ram)
    find --set-root /vmlinuz
    kernel /vmlinuz pmedia=usbflash pfix=ram
    initrd /initrd.gz

title *** back to main menu ***
    configfile (fd0)/menu.lst

title reboot
    reboot

title halt
    halt
ファイル一覧
A:\
│  kernel.sys
│  command.com
│  autoexec.bat
│  welcome.txt
│  config.sys
│  bgrescue.bat
│  menu.lst
│  grub.exe
│
├─freedos
│      choice.exe
│      LINLD.COM
└─grub
        puppy.conf

BG-Rescue Linux 起動画面

BG-Rescue Linux 起動画面

BG-Rescue Linux 起動画面

※puppyディレクトリにファイルを保存した場合は、psubdir=puppy を選択

ページ先頭 U

関連リンク

FreeDOS

ページ先頭 U

Written by yassy