isoイメージをマルチブートするの巻【その3】マルチブートUSBメモリ作成編

はてなブックマーク  Topsy.com

【注意】EFI(UEFI)ブートには対応しておりません。最近の64bit版LiveCDはEFIブート対応なので、ここのやり方は時代遅れになりつつあるのかもしれません…。orz

更新履歴 - 最終更新日 2014.7.05

2014.07.05

  • linuxBean の grub4dos ブート設定ファイルを追加

2014.07.04

  • 追加 : Lubuntu(i386), Redo Backup, Avira Rescue System, Comodo Rescue Disk, linuxBean, KonaLinux
  • 更新 : Ubuntu, Puppy Linux, SystemRescueCd, Partition Wizard Home Edition, Clonezilla Live
  • 削除 : KNOPPIX 5.3.1, CDlinux, Porteus, EASEUS Todo Backup, Parted Magic, Norton ブータブルリカバリツール
変更内容
2014.07.04
  • Knoppix 6.7.1 7.2.0
  • SystemRescueCd - 3.4.1 4.2.0 (systemrescuecd-x86-4.2.0.iso )
  • Puppy - lupu-528 precise-571JP (precise-571JP-mini.iso)
  • Clonezilla Live - 2.1.0-26 2.2.3-10
    • clonezilla-live-2.2.3-10-amd64.iso
    • clonezilla-live-2.2.3-10-i486.iso
  • Ubuntu - 11.10, 12.10 14.04 (amd64)
    • ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso
  • Partition Wizard Home Edition ファイル名変更 : pwhe.iso

これってなに? 3

【その1】準備編の続きであります。USBメモリに入れるであります。

※ True Image, Paragon については最近のバージョンを確認しておりませぬ。違いあるかも、ご容赦。

尚、ココで設定しているモノは下記の通り。必要なものを選択してクダサレ。すべてで 9 GiB 程ナリ。必要なものを選択してクダサレ。

isoのダウンロード先や、ファイル名、一部のisoの編集方法など 【その1】準備編 をお読み願いたいデス。

* 印はリメイク作業(設定ファイル置換)が必要です。

USB HDブートでは?

パーティションがFAT32なら SYSLINUX のインストールが可能です。NTFSなどの場合は grubinst.exe でMBRへ直接 GRUB for DOSをインストールできます。詳しくは下記をご笑覧あれ。

【注意】SYSLINUX 4.06 でNTFSへのインストールも可能になりました。でもあまり確認してないのです。すみません。。。

ページ先頭 U

ダウンロード 4

isoのダウンロードと編集については【その1】基本編をご参照くだしあ。

SYSLINUX 5.01 で確認しています。バージョン 6 以降では確認してません。アシカラズ...

ページ先頭 U

isoファイルの断片化 5

USBメモリ内のisoファイルが断片化していると、GRUB for DOS で Direct Mapping に失敗します。 Direct Mapping に失敗しても Indirect Mapping (メモリへすべて読み込み)ならほぼOKなのですが、その分のメモリが余分に必要となってしまうため、ファイルの断片化は解消しておいた方がいいと考えます。

※ isoディレクトリ下のファイルは断片化していても問題ありません。

一括コピーすれば断片化は0となる筈です。空き領域が少ないとデフラグできなかったりするのでこの方法がオススメ。

断片化チェック、及びデフラグは下記ソフトが便利です。

個別ファイルを指定してチェック

ドライブ丸ごと、断片化ファイルのリストアップが可能

ページ先頭 U

ファイルの配置 6

USBメモリのフォーマットは FAT32 が無難かな。(※ 最近は NTFS でもイケる場合もあるけど)

USBメモリルート
|
|   AcronisMedia.iso
|   avg.iso
|   bean1204.lst
|   bean1404.lst
|   bitdefender-rescue-cd.iso
|   bootcd.iso
|   clonezilla-live-2.2.3-10-amd64.iso
|   clonezilla-live-2.2.3-10-i486.iso
|   comodo_rescue_disk.iso
|   KNOPPIX_V7.2.0CD-2013-06-16-JA-LCR.iso
|   kx720lcr.lst
|   liveusb        --- Kaspersky 用空ファイル
|   lubuntu-14.04-desktop-i386.iso
|   menu.lst
|   pwhe.iso
|   redobackup-livecd-1.0.4.iso
|   rescue-system.iso
|   SeagateMedia.iso
|   systemrescuecd-x86-4.2.0.iso
|   ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso
|   WinPEx86.iso
|   WinREamd64.iso
|   WinREx86.iso
|   WinREx86_vista.iso
|
+---iso
|   |   
|   +---bean1204
|   |   |   < ここへisoを展開 >
|   |   |   
|   +---bean1404
|   |   |   < ここへisoを展開 >
|   |   |   
|   |           
|   +---konalinux-2.3_i386
|   |   |   < ここへisoを展開 >
|   |   |   
|   |           
|   +---PandaSafeCD
|   |   |   < ここへisoを展開 >
|   |   |   
|   |           
|
+---puppy ディレクトリ
|       goffice-precise_571.sfs
|       precise-571JP-mini.iso
|       puppy_precise_5.7.1JP.sfs
|
+---rescue
|       rescue.iso
|
\------syslinux ディレクトリ
       grub.exe
       memdisk
       syslinux.cfg
       syslinux.exe
       SYSLINUX_Install_CurrentDrive.bat

ページ先頭 U

SYSLINUX のインストール 7

1stブートローダーとして SYSLINUX をインストールし、grub.exe をチェインロードしてGRUB for DOSを起動します。

SYSLINUXのインストール
  1. syslinux ディレクトリに置いた SYSLINUX_Install_CurrentDrive.bat を実行
    • コマンド syslinux.exe -ma -d syslinux %~d0 してるだけです
  2. syslinux ディレクトリに(隠しファイル)ldlinux.sys (5.x では ldlinux.c32 も)が作成されます

※ バッチはUSBメモリ(リムーバブル デバイス)専用です。USB HD では使えませぬ。すみません。。。

syslinux.cfg の内容は

grub.exe をチェインロードするだけ...

DEFAULT grub
LABEL grub
LINUX /syslinux/grub.exe
APPEND --config-file="configfile /menu.lst"
PROMPT 0

以上でマルチブートUSBメモリの完成なり。VMware + PLoP Boot Manager なんかでブート確認するのもいとよろし。

オツカリサマー。

ページ先頭 U

いろいろ 8

linuxBean - HDインストール時の注意点

一応インストール完了&起動できました。だがしかし…

  1. Live起動時になぜか「設定ウイザード」が起動する
  2. インストーラー実行後に「インストールの準備」画面が出ない
  3. GRUB2にLiveブート時のカーネル・パラメータ(コマンドライン・オプション) = ignore_uuid live-media-path=/iso/bean1404 が引き継がれてしまう

インストール後の修正方法...

  1. $ sudo nano /etc/default/grub
  2. GRUB_CMDLINE_LINUX="" とする
  3. $ sudo dpkg-reconfigure grub-pc を実行

以前はUSBメモリでのisoブートはかなり遅かったように思うのですが、PLoP Boot Manager 経由の確認ではHD程ではないけどかなり速くなってます、Windows 7 の RE も約1分程で起動できました。(※ ま、PCのスペック次第かもしれませんが)

isoの読み込みがめちゃくちゃ遅いです・・・orz な場合に

BIOSでUSBメモリがFDモード(大容量FD扱い)となってる場合はかなーり遅くなると思われます。 PE の起動に10分かかったりしました。

こんな場合は、一旦ブートした後に PLoP Boot Manager で再ブートさせると HDモード(HD扱い)に切替えることができます。お困りの際は試しておくれやす。

※ 【注意】DOSブート時はUSBメモリへ書き込みできません。

ページ先頭 U

Written by yassy