【私的】Windows 7 めも

TweetBuzz はてなブックマーク

2009.10.18 作成
2010.02.06 Windowsブートマネージャーシステム回復オプションを 追記
2010.02.16 Windows AIK を追記
2010.02.21 64ビットバージョンについて を追記
2010.02.21 tips を改訂
2010.02.28 Windowsブートマネージャー を改訂
最終更新日 2012.5.5

まだ正式版はインストールしてませんが、リンク集を作っておくなり。めも置き場です。

Microsoft 3

戻る | ページ先頭 U

エディション 4

ProfessionalXP Mode が使えるし、サポートも長い(2020/01/14迄)のでお得かなぁ。

※ Home Premium は 2015/01/13 迄となってますが、XP Home の様に延長があるのかどうか? 延長キター!

現時点では、互換性重視なら32ビット版、長く使う予定なら64ビット版にした方がよさそうかな。

戻る | ページ先頭 U

ダウンロード 5

Service Pack 1

戻る | ページ先頭 U

インストール 6

私見ですが、C:ドライブのパーティションサイズは 少なくとも 50 GB 以上、できれば 100 GB 程あると安心かなと。

インストール / アップグレード
Windows のインストール: 推奨リンク
アップグレード

なお、アップグレード版パッケージで利用可能なインストール方法は、次の 3 つです。

  • Windows Vista SP1 以降が起動した状態で、Windows 7 のセットアップ ディスクを挿入し、[アップグレード] を選択する。
  • Windows XP、または Windows Vista が起動した状態で、Windows 7 のセットアップ ディスクを挿入し、[新規インストール (カスタム)]を選択する。
  • Windows XP、または Windows Vista がインストールされているコンピューターで、DVD ブートから [新規インストール (カスタム)] を選択する。
新規ハードディスクやフォーマットしたハードディスクにアップグレード版パッケージを使用して Windows 7 の新規インストールを行うと、エラーが表示されてライセンス認証ができない

アップグレード版DVDでもDVDブートすれば、フォーマットしてクリーンインストールが可能でした。(※ ぁ、Vistaがインストールされてる状態でですよ!)

DVDブート以外のインストール方法

XPに比べると楽になりましたねぇ。

GRUB起動ディスク(FDじゃなくCD,USBメモリやネットワークブートでも代替可能)から、bootmgr をチェインロードさせてHD上にコピーしたファイルからフラットインストールもできますねぇ。

但し試してませんが、クリーン【再】インストールする場合は、Windows PE などで C: ドライブのフォーマットが必要になるかも? Windows 回復環境(Windows PE でも)で C: 以外に置いたファイルから実行すれば C: のフォーマットも可能でした。

Windows XP 上でUSBメモリを作成
  1. USBメモリをFAT32でフォーマット
  2. DVD内のファイルをすべてコピー
  3. USBメモリへ SYSLINUX をインストール
  4. USBメモリへ SYSLINUXchain.c32 をコピー
  5. USBメモリでブート
  6. chain ntldr=bootmgr を入力
マルチブートなど

sda1(第1パーティション)にVista、 sda2(第2パーティション)に7(RC)を両方ともDVDブートでインストールした所、どちらも起動後はインストールドライブがC:となってました。Boot ディレクトリ及び bootmgr はC:のみ。

GRUB for DOS

戻る | ページ先頭 U

tips 7

  1. Windows メール
  2. 環境変数・プロファイルなど
  3. 「ファイル名を指定して実行」
  4. キーボード・ショートカット
Windows 7 ヘルプと使い方 - Microsoft Windows
PC とーく
ユーザーアカウント制御 (UAC)
デフラグ
ASCII.jp:ここが変わった! 早わかりWindows 7
Windows 7のすべて - ITmedia +D PC USER
Windowsスマートチューニング | コラム | パソコン | マイコミジャーナル
レビュー | マイコミジャーナル
ハウツー | パソコン | マイコミジャーナル
Topics : [特集]Windows 7 - いち早く導入するためのノウハウと最新情報 - Computerworld.jp
ASCII.jp:XPと本気でさよならするための Windows 7特集
PC - デジタル - 日経トレンディネット
インストラクターのネタ帳
Windows 7 FAQ 〜 Windows 7 のトラブル・疑問を解決!

戻る | ページ先頭 U

Windows メール

7 には、なんとメールクライアントが入ってないという。個人的には Windows Liveメール は不要だけどなんだかなぁ。

Microsoft Outlook (※ not Express)

戻る | ページ先頭 U

環境変数・プロファイルなど

C:\Users\yassy>ver

Microsoft Windows [Version 6.1.7600]
Microsoft Windows [Version 6.1.7601]

戻る | ページ先頭 U

レジストリ

C:\Windows\system32>reg query "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion" /v ProductName

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
    ProductName    REG_SZ    Windows 7 Professional
C:\Windows\system32>reg query "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion" /v CSDVersion

エラー: 指定されたレジストリ キーまたは値が見つかりませんでした

C:\Windows\system32>echo %errorlevel%
1
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
    CSDVersion    REG_SZ    Service Pack 1
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
    CurrentVersion         REG_SZ    6.1
    CurrentBuild           REG_SZ    7600
    SoftwareType           REG_SZ    System
    CurrentType            REG_SZ    Multiprocessor Free
    InstallDate            REG_DWORD    0x4b87de48
    RegisteredOrganization REG_SZ    
    RegisteredOwner        REG_SZ    yassy
    SystemRoot             REG_SZ    C:\Windows
    InstallationType       REG_SZ    Client
    EditionID              REG_SZ    HomePremium
    ProductName            REG_SZ    Windows 7 Home Premium
    ProductId              REG_SZ    00359-OEM-xxxxxxx-xxxxx
    CurrentBuildNumber     REG_SZ    7600
    BuildLab               REG_SZ    7600.win7_gdr.091207-1941
    BuildLabEx             REG_SZ    7600.16481.x86fre.win7_gdr.091207-1941
    BuildGUID              REG_SZ    xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
    CSDBuildNumber         REG_SZ    1
    PathName               REG_SZ    C:\Windows
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
    CurrentVersion         REG_SZ    6.1
    CurrentBuild           REG_SZ    7600
    SoftwareType           REG_SZ    System
    CurrentType            REG_SZ    Multiprocessor Free
    InstallDate            REG_DWORD    0x4b513f3d
    RegisteredOrganization REG_SZ    Microsoft
    RegisteredOwner        REG_SZ    yassy
    SystemRoot             REG_SZ    C:\Windows
    InstallationType       REG_SZ    Client
    EditionID              REG_SZ    Professional
    ProductName            REG_SZ    Windows 7 Professional
    ProductId              REG_SZ    00371-OEM-xxxxxxx-xxxxx
    CurrentBuildNumber     REG_SZ    7600
    BuildLab               REG_SZ    7600.win7_rtm.090713-1255
    BuildLabEx             REG_SZ    7600.16385.amd64fre.win7_rtm.090713-1255
    BuildGUID              REG_SZ    xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
    CSDBuildNumber         REG_SZ    1
    PathName               REG_SZ    C:\Windows
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
    CurrentVersion         REG_SZ    6.1
    CurrentBuild           REG_SZ    7601
    SoftwareType           REG_SZ    System
    CurrentType            REG_SZ    Multiprocessor Free
    InstallDate            REG_DWORD    0x4b513f3d
    RegisteredOrganization REG_SZ    Microsoft
    RegisteredOwner        REG_SZ    yassy
    SystemRoot             REG_SZ    C:\Windows
    InstallationType       REG_SZ    Client
    EditionID              REG_SZ    Professional
    ProductName            REG_SZ    Windows 7 Professional
    ProductId              REG_SZ    00371-OEM-xxxxxxx-xxxxx
    CurrentBuildNumber     REG_SZ    7601
    BuildLab               REG_SZ    7601.win7sp1_gdr.110408-1631
    BuildLabEx             REG_SZ    7601.17592.amd64fre.win7sp1_gdr.110408-1631
    BuildGUID              REG_SZ    xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
    CSDBuildNumber         REG_SZ    1130
    PathName               REG_SZ    C:\Windows
    CSDVersion             REG_SZ    Service Pack 1

戻る | ページ先頭 U

環境変数

C:\Users\yassy>set
ALLUSERSPROFILE=C:\ProgramData
APPDATA=C:\Users\yassy\AppData\Roaming
CommonProgramFiles=C:\Program Files\Common Files
COMPUTERNAME=WIN7
ComSpec=C:\Windows\system32\cmd.exe
FP_NO_HOST_CHECK=NO
HOMEDRIVE=C:
HOMEPATH=\Users\yassy
LOCALAPPDATA=C:\Users\yassy\AppData\Local
LOGONSERVER=\\WIN7
NUMBER_OF_PROCESSORS=2
OS=Windows_NT
Path=C:\Windows\system32;C:\Windows;C:\Windows\System32\Wbem;C:\Windows\System32
\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\Windows Imaging\
PATHEXT=.COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH;.MSC
PROCESSOR_ARCHITECTURE=x86
PROCESSOR_IDENTIFIER=x86 Family 6 Model 23 Stepping 10, GenuineIntel
PROCESSOR_LEVEL=6
PROCESSOR_REVISION=170a
ProgramData=C:\ProgramData
ProgramFiles=C:\Program Files
PROMPT=$P$G
PSModulePath=C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\
PUBLIC=C:\Users\Public
SESSIONNAME=Console
SystemDrive=C:
SystemRoot=C:\Windows
TEMP=C:\Users\yassy\AppData\Local\Temp
TMP=C:\Users\yassy\AppData\Local\Temp
USERDOMAIN=win7
USERNAME=yassy
USERPROFILE=C:\Users\yassy
windir=C:\Windows
CommonProgramFiles=C:\Program Files\Common Files
CommonProgramFiles(x86)=C:\Program Files (x86)\Common Files
CommonProgramW6432=C:\Program Files\Common Files

ComSpec=C:\Windows\system32\cmd.exe

PROCESSOR_ARCHITECTURE=AMD64
PROCESSOR_IDENTIFIER=Intel64 Family 6 Model 23 Stepping 10, GenuineIntel
PROCESSOR_LEVEL=6
PROCESSOR_REVISION=170a

ProgramData=C:\ProgramData
ProgramFiles=C:\Program Files
ProgramFiles(x86)=C:\Program Files (x86)
ProgramW6432=C:\Program Files

従来の %ProgramFiles% に設定を保存するタイプのアプリケーションでは、設定保存フォルダが %LOCALAPPDATA%\VirtualStore\Program FilesC:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files など)などになっている。%ProgramFiles% に設定ファイルを上書きしても反映されないので注意。

アプリケーションのユーザー設定保存フォルダ
  • %APPDATA%
    • C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming
  • %LOCALAPPDATA%
    • C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local

従来の %ProgramFiles% フォルダ内に設定を保存するアプリケーションで 7 向けの対応がされていない場合は下記のフォルダとなる。

  • %LOCALAPPDATA%\VirtualStore\Program Files\【プログラム名】
    • EdTex 3.1 の例 : C:\Users\yassy\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\EdTex
Firefox

プロファイル、ブックマーク、拡張 (extension) など。

  • %APPDATA%\Mozilla\Firefox
    • 例 : C:\Users\yassy\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox
Opera

プロファイル、カスタマイズ設定など

  • %APPDATA%\Opera
    • 例 : C:\Users\yassy\AppData\Roaming\Opera
秀丸エディタ

マクロ・カスタマイズデータ等(※ 基本設定はレジストリ)

  • %APPDATA%\Hidemaruo\Hidemaru
    • 例 : C:\Users\yassy\AppData\Roaming\Hidemaruo\Hidemaru
EdMax

メール、及び設定データ

  • %APPDATA%\EdMax
    • 例 : C:\Users\yassy\AppData\Roaming\EdMax

戻る | ページ先頭 U

User Shell Folders

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders
    AppData       %USERPROFILE%\AppData\Roaming
    Cache         %USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
    Cookies       %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Cookies
    Desktop       %USERPROFILE%\Desktop
    Favorites     %USERPROFILE%\Favorites
    History       %USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\History
    Local AppData %USERPROFILE%\AppData\Local
    My Music      %USERPROFILE%\Music
    My Pictures   %USERPROFILE%\Pictures
    My Video      %USERPROFILE%\Videos
    NetHood       %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Network Shortcuts
    Personal      %USERPROFILE%\Documents
    Programs      %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
    Recent        %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Recent
    SendTo        %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
    Startup       %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
    Start Menu    %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu
    Templates     %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Templates
    {374DE290-123F-4565-9164-39C4925E467B}        %USERPROFILE%\Downloads
    PrintHood     %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Printer Shortcuts
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders
    Common Desktop    REG_EXPAND_SZ    %PUBLIC%\Desktop
    Common Documents  REG_EXPAND_SZ    %PUBLIC%\Documents
    CommonPictures    REG_EXPAND_SZ    %PUBLIC%\Pictures
    CommonMusic       REG_EXPAND_SZ    %PUBLIC%\Music
    CommonVideo       REG_EXPAND_SZ    %PUBLIC%\Videos
    {3D644C9B-1FB8-4f30-9B45-F670235F79C0}    REG_EXPAND_SZ    %PUBLIC%\Downloads
    Common Start Menu REG_EXPAND_SZ    %ProgramData%\Microsoft\Windows\StartMenu
    Common Programs   REG_EXPAND_SZ    %ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
    Common Startup    REG_EXPAND_SZ    %ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
    Common AppData    REG_EXPAND_SZ    %ProgramData%
    Common Templates  REG_EXPAND_SZ    %ProgramData%\Microsoft\Windows\Templates

戻る | ページ先頭 U

「ファイル名を指定して実行」

  1. [タスク バーと [スタート] メニューのプロパティ] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ]、[タスク バーとスタート メニュー] の順にクリックします。
  2. [[スタート] メニュー] タブをクリックし、[カスタマイズ] をクリックします。
  3. スタート メニュー オプションの一覧で [[ファイル名を指定して実行] コマンド] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。[ファイル名を指定して実行] コマンドが、スタート メニューの右側に表示されます。
[ファイル名を指定して実行] コマンドについて
ユーティリティ
cmd コマンド プロンプト
regedit レジストリ エディター
msconfig システム構成
msinfo32 システム情報
- 悪意のあるソフトウェアの削除ツール
dfrgui ディスク デフラグ ツール
dxdiag DirectX 診断ツール
cleanmgr ディスクのクリーンアップ
compmgmt.msc コンピューターの管理
eventvwr イベント ビューアー
devmgmt.msc デバイス マネージャー
services.msc サービス
taskschd.msc タスク スケジューラ
アプリケーション
explorer エクスプローラー
iexplore Internet Explorer
notepad メモ帳
calc 電卓
mspaint ペイント
コントロール パネル
control コントロール パネル
sysdm.cpl システム
ncpa.cpl ネットワーク接続
appwiz.cpl プログラムと機能
inetcpl.cpl インターネットのプロパティ
wscui.cpl アクション センター
control FOLDERS フォルダー オプション
rundll32.exe shell32.dll,Options_RunDLL 1 タスク バーと [スタート] メニュー
desk.cpl ディスプレイ表示の変更
intl.cpl 地域と言語
main.cpl マウスのプロパティ
mmsys.cpl サウンド
control hotplug.dll ハードウェアの安全な取り外し
Netplwiz
control userpasswords2
ユーザー アカウント
Firewall.cpl Windows ファイアウォール
MdSched Windows メモリ診断ツール(再起動時に実行)
OptionalFeatures Windows の機能
perfmon 信頼性とパフォーマンス モニター
rstrui システムの復元
control keymgr.dll 資格情報マネージャー(ネットワーク・ログオン情報)
ディレクトリ
\
%SystemDrive%
システムドライブ(C:\ とか)
.(ドット) ユーザープロファイルフォルダ
C:\Users\yassy
%TEMP% TEMPフォルダ(ユーザー毎)
C:\Users\yassy\AppData\Local\Temp
TEMP C:\Windows\Temp
%WINDIR%
shell:windows
Windowsフォルダ
C:\Windows など
system32
shell:system
system32フォルダ
C:\Windows\System32 など
shell:quick launch C:\Users\yassy\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
ユーザー プロファイル
%USERPROFILE% ユーザー プロファイル フォルダ
C:\Users\yassy
%ALLUSERSPROFILE%
%PROGRAMDATA%
ALL Users プロファイルフォルダ
C:\ProgramData
プロファイル ディレクトリ
%APPDATA% ユーザープロファイルデータ保存先
%USERPROFILE%\Appdata\Roming
%LOCALAPPDATA% ローカル(移動不可)ユーザープロファイルデータ
%USERPROFILE%\AppData\Local
shell:Cache IE の キャッシュディレクトリ
%AppData%\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
shell:Cache\Content.IE5 IE の キャッシュのサブディレクトリ
shell:cookies Cookiesフォルダ
%AppData%\Microsoft\Windows\Cookies
shell:favorites お気に入り
%USERPROFILE%\Favorites
shell:startup スタートアップ
%AppData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
shell:common startup スタートアップ(All Users)
%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
shell:sendto 送る (sendto)
%AppData%\Microsoft\Windows\SendTo

戻る | ページ先頭 U

キーボード・ショートカット

キーボード・ショートカット (Altキー)
Alt- 組み合わせによりメニューバーの選択など
Alt-F ファイルメニュー選択
Alt-Space ショートカットメニュー選択
Alt-Tab ウィンドウ選択
Alt-Esc ウィンドウ切り替え
Alt-F4 アプリケーション、またはウィンドウを閉じる
(デスクトップの表示状態なら)シャットダウンの選択
Ctrl-F4 ウィンドウを閉じる
Ctrl-Shift-Esc タスク マネージャー
Ctrl- スクロール デスクトップ上のアイコンのサイズを変更
キーボード・ショートカット
F1 ヘルプ
F3 検索
F5 最新の情報に更新
F6 各画面要素(フォーカス)巡回
Shift-F10 ショートカット メニュー(右クリックメニュー)
F10 メニューバー
キーボード・ショートカット(編集)
Ctrl-C コピー
Ctrl-X 切り取り
Ctrl-V 貼り付け
Ctrl-Z 元に戻す
Ctrl-Y やり直し
Ctrl-A すべて選択
キーボード・ショートカット(ファイル操作)
F2 ファイル名変更
Del ごみ箱へ
Shift-Del 削除
Ctrl-A すべて選択
Ctrl-Shift-N 新しいフォルダーを作成
Alt-Enter プロパティ表示
キーボード・ショートカット (Windows キー)
Ctrl-Esc スタート メニュー
Win スタート メニュー
Win-U コンピュータの簡単操作センター
Win-Tab Windows フリップ 3-D
Win-D デスクトップを表示
Win-M すべて最小化
Win-E エクスプローラー
Win-F ファイルやフォルダを検索
Win-L コンピューターをロックする、またはユーザー切り替え
Win-R ファイル名を指定して実行
Win-Space Windows サイド バー
Win-B 通知領域
Win-Pause コントロール パネルの [システム]
タスクバー選択

Win(またはCtrl-Esc Esc Tab + カーソル

戻る | ページ先頭 U

【私的】ソフトウェア 8

Windows 7 対応ソフト

戻る | ページ先頭 U

【私的】カスタマイズ 9

戻る | ページ先頭 U

レジストリ

エクスプローラからコマンド プロンプトを開く

【修正追記】間違ってたので修正しました。お許しを...

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmd]
"Extended"=-

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\cmd]
"Extended"=-

pushd コマンドで移動してるのでネットワークだとドライブ文字が自動割り当てされますね。

  • 元に戻す(※ Home Premium 32-bit)
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmd]
@="@shell32.dll,-8506"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmd\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\cmd]
@="@shell32.dll,-8506"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\cmd\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

下記は間違いでした。(※ XP用でした。)

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\コマンドプロンプト(&Z)\command]
@="cmd.exe /k \"cd /d %L\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\コマンドプロンプト(&Z)\command]
@="cmd.exe /k \"cd /d %L\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\コマンドプロンプト(&Z)]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell\コマンドプロンプト(&Z)]

「〜のショートカット」を付けない
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer]
"link"=hex:00,00,00,00
IEのソース表示にテキストエディタ指定

メモ帳のままだと不便ですよね。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\View Source Editor\Editor Name]
@="C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe"

秀丸なら下記に置換...

@="C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe"
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\View Source Editor\Editor Name]
レジストリ エディタのお気に入りを登録
  • 全部消す
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Applets\Regedit\Favorites]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Applets\Regedit\Favorites]

  • 【私的】お気に入り
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Applets\Regedit\Favorites]
"Favorites"="コンピューター\\HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Applets\\Regedit\\Favorites"
"Regedit"="コンピューター\\HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Applets\\Regedit"
"HKLM_Run"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Run"
"HKCU_Run"="コンピューター\\HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Run"
"HKCU_Policies"="コンピューター\\HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Policies"
"HKLM_policies"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\policies"
"MountedDevices"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\MountedDevices"
"ProfileList"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Windows NT\\CurrentVersion\\ProfileList"
"User Shell Folders"="コンピューター\\HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Explorer\\User Shell Folders"
"Control Panel"="コンピューター\\HKEY_CURRENT_USER\\Control Panel"
"Environment"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet\\Control\\Session Manager\\Environment"
"CurrentControlSet"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet"
"Uninstall"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Uninstall"
"Image File Execution Options"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Windows NT\\CurrentVersion\\Image File Execution Options"
"Lsa"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet\\Control\\Lsa"
"Session Manager"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet\\Control\\Session Manager"
"FirefoxHTML"="コンピューター\\HKEY_CLASSES_ROOT\\FirefoxHTML"
"VMware.Document"="コンピューター\\HKEY_CLASSES_ROOT\\VMware.Document"
"regfile"="コンピューター\\HKEY_CLASSES_ROOT\\regfile"
"VBSFile"="コンピューター\\HKEY_CLASSES_ROOT\\VBSFile"
"batfile"="コンピューター\\HKEY_CLASSES_ROOT\\batfile"
"browser"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet\\Services\\Browser\\Parameters"
"SafeBoot"="コンピューター\\HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet\\Control\\SafeBoot"

右クリックメニューでテキストエディタ指定

私は EdTex を愛用してるので...

秀丸なら下記に置換...

@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""
batファイルの右クリックメニュー「編集」でテキストエディタ指定
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00
cmdファイルの右クリックメニュー「編集」でテキストエディタ指定
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00
regファイルの右クリックメニュー「編集」でテキストエディタ指定
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00
vbsファイルの右クリックメニュー「編集」でテキストエディタ指定
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\Shell\Edit\Command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00
jsファイルの右クリックメニュー「編集」でテキストエディタ指定
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\Shell\Edit\Command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00
vmxファイルの右クリックメニューでテキストエディタ指定

※ これは【編集】の変更ではなくメニューへ「追加」ですけど...

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\EdTex\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\EdTex]
htmlファイルの右クリックメニューでテキストエディタ指定

※ これは【編集】の変更ではなくメニューへ「追加」ですけど...

Firefox がデフォルト、エディタに EdTex を指定する場合

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\EdTex\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\EdTex]
上記一括
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\shell\edit\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\EdTex\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\EdTex\command]
@="\"C:\\Program Files\\EdTex\\edtex.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00

[HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00

[HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00

[HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\shell\edit\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
  00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,4e,00,4f,00,\
  54,00,45,00,50,00,41,00,44,00,2e,00,45,00,58,00,45,00,20,00,25,00,31,00,00,\
  00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\EdTex]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\EdTex]
右クリックメニューにテキストエディタを「追加」する

秀丸の例...

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\Hidemaru\command]
@="\"C:\\Program Files\\Hidemaru\\Hidemaru.exe\" \"%1\""
  • 元に戻す
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\Hidemaru]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\Hidemaru]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\JSFile\shell\Hidemaru]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\Hidemaru]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\VBSFile\shell\Hidemaru]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\Hidemaru]

[-HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\Hidemaru]

戻る | ページ先頭 U

バックアップ

結構便利になりました。スケジュール実行させるとかならいいかも。

でも、圧縮保存されるので参照はちと面倒。同期ソフトなども併用した方がいいかな。

システム イメージ」については、システム回復オプションの項に書きました。

拙作めも

ページ先頭 U

トラブル / 修復

インストール・アップグレード時の問題
起動トラブル
デバイスに問題
ソフトウェア

戻る | ページ先頭 U

システム回復オプション(Windows 回復環境)

  1. 修復用コマンド

Windows 7 ではOS起動時に F8 (or F5) キーを押すと【詳細ブート オプション】画面が表示され、【コンピューターの修復】を選択すると、Windows 回復環境 (Windows RE)を起動できますな。

(※ または、インストールDVDからブート)

(※ 2番目の画面はHDブートでは出ない模様。3番目はHDブート時のみ。)

詳細ブート オプション

「システム回復オプション」 - オペレーティング システム一覧

「システム回復オプション」 - ログオン

「システム回復オプション」メニュー

「Windows 回復環境」とは Windows PE に「システム回復オプション」を追加したものですな。メーカー製PCだとこれにリカバリープログラムも付いてたりします。

※ ブート用ファイル(※ Winre.wim ファイル)はリカバリー用隠しパーティションや C:\Recovery などにある模様。

※ 「システムで予約済み」領域もドライブとして認識されるため、ドライブ文字がずれる(※ Windows 上の C:D: となる)ことに注意!

システム修復ディスク

HDから起動できない時には、ブータブルCD(または、インストールDVD)から起動できます。

※ メーカー製PCでは作成メニューがカスタマイズされてるかもしれませぬ。

尚、メーカー製PCではメニューにリカバリープログラムがあっても、このディスクではリカバリープログラムが起動できないことがあります。リカバリーディスク作成は専用プログラムを使いませう。

システム イメージ

システム イメージを作っておけば、リカバリーもできますね。

他のリカバリー用ソフトと比べ欠点は圧縮が殆どされない圧縮率がやや低いのでバックアップのサイズが若干大きくなってしまうとこかな。

  • 注意点:
    • Home Premium ではネットワーク上にバックアップできない
    • ネットワーク上では最新のシステム イメージのみキープされる(既存のものは上書きされてしまう)
Windows 回復環境 (Windows RE)のドキュメント

戻る | ページ先頭 U

修復用コマンド

Bootrec.exe

※ Windows RE、またはインストールDVDに入ってます。

重要なディスクの構成を修復します。次のコマンドがサポートされています:

/FixMbr -- Windows 7 と互換性のあるマスター ブート レコードを使って、システム パーティションのマスター ブート レコードを書き込みます。この操作は現在のパーティション テーブルを上書きしません。

/FixBoot -- Windows 7 と互換性のあるブート セクターを使って、システム パーティションに新しいマスター ブート セクターを書き込みます。

/ScanOs -- すべてのディスクで Windows 7 と互換性のあるインストールをスキャンし、現在ブート構成ストアにないエントリを表示します。

/RebuildBcd -- すべてのディスクで Windows 7 と互換性のあるインストールをスキャンし、ユーザーがどのインストールをブート構成ストアに追加するかを選択できるようにします。

Bootsect.exe

※ Windows PE (Windows AIK) や Windows RE、またはインストールDVDに入ってます。

bootsect {/help|/nt60|/nt52} {SYS|ALL|<DriveLetter>:} [/force] [/mbr]

Boot sector restoration tool

Bootsect.exe updates the master boot code for hard disk partitions in order to
switch between BOOTMGR and NTLDR.  You can use this tool to restore the boot
sector on your computer.

/help   Displays these usage instructions.

/nt52   Applies the master boot code that is compatible with NTLDR to SYS,
        ALL, or <DriveLetter>.  The operating system installed on SYS, ALL, or
        <DriveLetter> must be older than Windows Vista.

/nt60   Applies the master boot code that is compatible with BOOTMGR to SYS,
        ALL, or <DriveLetter>.  The operating system installed on SYS, ALL, or
        <DriveLetter> must be Windows Vista, Windows Server 2008 or later.

SYS     Updates the master boot code on the system partition used to boot
        Windows.



ALL     Updates the master boot code on all partitions.  ALL does not
        necessarily update the boot code for each volume.  Instead, this
        option updates the boot code on volumes that could be used as Windows
        boot volumes, which excludes any dynamic volumes that are not
        connected with an underlying disk partition.  This restriction is
        present because boot code must be located at the beginning of a disk
        partition.

<DriveLetter> Updates the master boot code on the volume associated with this
        drive letter.  Boot code will not be updated if either 1)
        <DriveLetter> is not associated with a volume or 2) <DriveLetter> is
        associated with a volume not connected to an underlying disk
        partition.

/force  Forcibly dismounts the volume(s) during the boot code update.  You
        should use this option with caution.

        If Bootsect.exe cannot gain exclusive volume access then the file
        system may overwrite the boot code before the next reboot.

        Bootsect.exe always attempts to lock and dismount the volume before
        each update.  When /force is specified, a forced dismount is attempted
        if the initial lock attempt fails.  A lock can fail, for example, if
        files on the target volume are currently opened by other programs.

        When successful, a forced dismount allows exclusive volume access and
        a reliable boot code update even though the initial lock failed.  At
        the same time, a forced dismount invalidates all open handles to files
        on the target volume.  This could result in unexpected behavior from
        the programs that opened these files.  Therefore, you should use this
        option with caution.

/mbr    Updates the Master Boot Record without changing the partition table on
        sector 0 of the disk that contains the partition specified by SYS, ALL,
        or drive letter.  When used with /nt52 option, the master boot record
        is compatible with operating systems older than Windows Vista.  When
        used with the /nt60 option, the master boot record is compatible with
        Windows Vista, Windows Server 2008 or later.

Example:

To apply the master boot code that is compatible with NTLDR to the volume
labeled E:, use the following command:

bootsect /nt52 E:
Bcdedit.exe

※ Windows 7 上、Windows RE, Windows PE にも入ってます。

BCDEDIT - ブート構成データ ストア エディター

Bcdedit.exe コマンド ライン ツールは、ブート構成データ ストアを修正します。
ブート構成データ ストアにはブート構成パラメーターが含まれ、オペレーティング
システムのブート方法を制御します。これらのパラメーターは、以前は Boot.ini
ファイル (BIOS ベースのオペレーティング システム内) か、不揮発性 RAM エントリ
(拡張ファームウェア インターフェイスベースのオペレーティング システム内) に
ありました。Bcdedit.exe を使用して、ブート構成データ ストアのエントリを追加、
削除、編集、および付加することができます。

詳細なコマンドとオプション情報については、「bcdedit.exe /? / <コマンド>」を入力
してください。たとえば、/createstore コマンドについて詳細情報を表示するには
以下のように入力します。

     bcdedit.exe /? /createstore

ヘルプ ファイルのトピック順の一覧を参照するには、"bcdedit /? TOPICS" を実行
します。

ストアの操作のコマンド
======================
/createstore    新しい空のブート構成データ ストアを作成します。
/export         システム ストアの内容をファイルにエクスポートします。
                このファイルは、システム ストアの状態を復元するために後から使用
                することができます。
/import         /export コマンドで作成されたバックアップ ファイルを使用して、
                システム ストアの状態を復元します。
/sysstore       システム ストア デバイスを設定します (EFI システムにのみ有効
                です。設定内容は再起動後は維持されません。システム ストア
                デバイスが明確に指定されていない場合にのみ使用されます)。

ストア内のエントリの操作のコマンド
==================================
/copy           ストアにエントリのコピーを作成します。
/create         ストアに新しいエントリを作成します。
/delete         ストアからエントリを削除します。
/mirror         ストアにエントリのミラーを作成します。

これらのコマンドで使用する ID の情報については bcdedit /? ID を実行して
ください。

エントリ オプションの操作のコマンド
===================================
/deletevalue    ストアからエントリ オプションを削除します。
/set            ストアにエントリ オプションの値を設定します。

これらのコマンドで使用するデータの種類の一覧については bcdedit /? TYPES を実行
してください。
有効なデータ形式の一覧については bcdedit /? FORMATS を実行してください。

出力を制御するコマンド
======================
/enum           ストアのエントリを一覧表示します。
/v              既知の識別子名を使用するのではなく、エントリ識別子を完全な
                形式で表示するコマンド ライン オプションです。
                ACTIVE な種類のエントリ識別子の完全な形式を表示するコマンド
                として /v を使用します。

"bcdedit" の実行は "bcdedit /enum ACTIVE" の実行と同じです。

ブート マネージャーを制御するコマンド
===================================
/bootsequence   ブート マネージャーの 1 回限りのブート シーケンスを設定します。
/default        ブート マネージャーが使用する既定のエントリを設定します。
/displayorder   ブート マネージャーがマルチブート メニューを表示する順序を設定
                します。
/timeout        ブート マネージャーのタイムアウト値を設定します。
/toolsdisplayorder  ブート マネージャーがツール メニューを表示する順序を設定
                    します。

ブート アプリケーションの緊急管理サービスを制御するコマンド
===========================================================
/bootems        ブート アプリケーションの緊急管理サービスを有効または無効に
                します。
/ems            オペレーティング システム エントリの緊急管理サービスを有効
                または無効にします。
/emssettings    グローバルな緊急管理サービスのパラメーターを設定します。

デバッグを制御するコマンド
==========================
/bootdebug      ブート アプリケーションのブート デバッグを有効または無効に
                します。
/dbgsettings    グローバル デバッガー パラメーターを設定します。
/debug          オペレーティング システム エントリのカーネル デバッグを有効
                または無効にします。
/hypervisorsettings  ハイパーバイザー パラメーターを設定します。
Bcdboot.exe

※ Windows 7 上、Windows RE, Windows PE にも入ってます。

Bcdboot - Bcd ブート ファイルの作成および修復用ツールです。

bcdboot.exe コマンド ライン ツールは、重要なブート ファイルをシステム
パーティションにコピーしたり、新しいシステム BCD ストアを作成するときに使用
します。

bcdboot <ソース> [/l <ロケール>] [/s <ボリューム文字>] [/v]
                 [/m [{OS ローダー ID}]]

  ソース            Windows のシステム ルートの場所を指定します。

  /l                BCD ストアの初期化の際に使用する、省略可能なロケール
                    パラメーターを指定します。既定値は US English です。

  /s                ブート環境ファイルのコピー先となるシステム パーティション
                    を指定する、省略可能なボリューム文字パラメーターを指定
                    します。既定値はファームウェアで識別される
                    システム パーティションです。

  /v                詳細モードを有効にします。

  /m                OS ローダー GUID を指定した場合は、そのローダー オブジェク
                    トをシステム テンプレートと結合してブート可能なエントリを
                    生成します。そうでない場合は、グローバル オブジェクトのみ
                    結合します。


例: bcdboot c:\windows /l en-us
    bcdboot c:\windows /s h:
    bcdboot c:\windows /m {d58d10c6-df53-11dc-878f-00064f4f4e08}

戻る | ページ先頭 U

Windows AIK

「システム修復ディスクの作成」でWindows RE CDが作成できるので、これをインストールする必要はあまりないかもしれませんが...

diskpart.exe , bcdedit.exe などもあり

戻る | ページ先頭 U

Windowsブートマネージャー (BOOTMGR/BCD)

  1. BCDEdit.exe
  2. 通常のインストール
  3. マルチブート
  4. メーカー製PCの例
Windows 7 の起動の流れ
  1. BIOSがHDを選択
  2. MBR(HDの先頭)
    • MBRには所謂ブートストラップ・ローダーとパーティション・テーブルがある
  3. アクティブ・パーティションのブートセクタ(パーティションの先頭)
    • ブートセクタにブートローダーファイルを呼び出す所謂IPLがある
  4. ファイル BOOTMGR をロード
    • BOOTMGR の設定ファイルは Boot\BCD
  5. C:\Windows\system32\winload.exe がOSをロード
  • ※ マルチブート構成でない場合は、起動時のメニュー画面は出ない
  • ※ 起動時にF8キーを押すと【詳細ブート オプション】画面が表示され、【コンピューターの修復】(システム回復オプション)や【セーフモード】の起動が可能
  1. BCD ファイルのある Boot ディレクトリ及び BOOTMGR は、アクティブ・パーティションにある
  2. メーカー製PCでは 隠しパーティションにBCDファイルなどがある場合が ある 多い?
  3. ドライブ文字の設定は、現在のOS上のものでいいのかな?

BOOTMGR について、C:\Windows\Boot\PCAT\ 及び、インストールDVD内にも同じもの(ハッシュ値が同一)がありました。

※ ブートローダー GRUB for DOS を追加する

戻る | ページ先頭 U

BCDEdit.exe

GRUB for DOS を追加しています。


Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
displayorder            {current}
                        {52c484f4-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
recoveryenabled         Yes
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
nx                      OptIn

リアル モード ブート セクター
--------------------------------
identifier              {52c484f4-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
device                  partition=C:
path                    \grldr.mbr
description             GRUB for DOS

GRUB for DOS を追加しています。


Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
displayorder            {current}
                        {52c484f4-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
recoveryenabled         Yes
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
nx                      OptIn

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
device                  ramdisk=[C:]\Recovery\52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d\Winre.wim,{52c484f3-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
path                    \windows\system32\winload.exe
description             Windows Recovery Environment
inherit                 {bootloadersettings}
osdevice                ramdisk=[C:]\Recovery\52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d\Winre.wim,{52c484f3-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
systemroot              \windows
nx                      OptIn
winpe                   Yes

休止状態からの再開
--------------------------------
identifier              {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winresume.exe
description             Windows Resume Application
locale                  ja-JP
inherit                 {resumeloadersettings}
filedevice              partition=C:
filepath                \hiberfil.sys
pae                     Yes
debugoptionenabled      No

Windows メモリ テスター
--------------------------------
identifier              {memdiag}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
path                    \boot\memtest.exe
description             Windows メモリ診断ツール
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
badmemoryaccess         Yes

リアル モード ブート セクター
--------------------------------
identifier              {52c484f4-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
device                  partition=C:
path                    \grldr.mbr
description             GRUB for DOS

EMS 設定
--------------------------------
identifier              {emssettings}
bootems                 Yes

デバッガー設定
--------------------------------
identifier              {dbgsettings}
debugtype               Serial
debugport               1
baudrate                115200

RAM 不良
--------------------------------
identifier              {badmemory}

グローバル設定
--------------------------------
identifier              {globalsettings}
inherit                 {dbgsettings}
                        {emssettings}
                        {badmemory}

ブート ローダー設定
--------------------------------
identifier              {bootloadersettings}
inherit                 {globalsettings}
                        {hypervisorsettings}

ハイパーバイザー設定
-------------------
identifier              {hypervisorsettings}
hypervisordebugtype     Serial
hypervisordebugport     1
hypervisorbaudrate      115200

再開ローダー設定
--------------------------------
identifier              {resumeloadersettings}
inherit                 {globalsettings}

デバイス オプション
--------------------------------
identifier              {52c484f3-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
description             Ramdisk Options
ramdisksdidevice        partition=C:
ramdisksdipath          \Recovery\52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d\boot.sdi


BCDEDIT - ブート構成データ ストア エディター

Bcdedit.exe コマンド ライン ツールは、ブート構成データ ストアを修正します。
ブート構成データ ストアにはブート構成パラメーターが含まれ、オペレーティング
システムのブート方法を制御します。これらのパラメーターは、以前は Boot.ini
ファイル (BIOS ベースのオペレーティング システム内) か、不揮発性 RAM エントリ
(拡張ファームウェア インターフェイスベースのオペレーティング システム内) に
ありました。Bcdedit.exe を使用して、ブート構成データ ストアのエントリを追加、
削除、編集、および付加することができます。

詳細なコマンドとオプション情報については、「bcdedit.exe /? / <コマンド>」を入力
してください。たとえば、/createstore コマンドについて詳細情報を表示するには
以下のように入力します。

     bcdedit.exe /? /createstore

ヘルプ ファイルのトピック順の一覧を参照するには、"bcdedit /? TOPICS" を実行
します。

ストアの操作のコマンド
======================
/createstore    新しい空のブート構成データ ストアを作成します。
/export         システム ストアの内容をファイルにエクスポートします。
                このファイルは、システム ストアの状態を復元するために後から使用
                することができます。
/import         /export コマンドで作成されたバックアップ ファイルを使用して、
                システム ストアの状態を復元します。
/sysstore       システム ストア デバイスを設定します (EFI システムにのみ有効
                です。設定内容は再起動後は維持されません。システム ストア
                デバイスが明確に指定されていない場合にのみ使用されます)。

ストア内のエントリの操作のコマンド
==================================
/copy           ストアにエントリのコピーを作成します。
/create         ストアに新しいエントリを作成します。
/delete         ストアからエントリを削除します。
/mirror         ストアにエントリのミラーを作成します。

これらのコマンドで使用する ID の情報については bcdedit /? ID を実行して
ください。

エントリ オプションの操作のコマンド
===================================
/deletevalue    ストアからエントリ オプションを削除します。
/set            ストアにエントリ オプションの値を設定します。

これらのコマンドで使用するデータの種類の一覧については bcdedit /? TYPES を実行
してください。
有効なデータ形式の一覧については bcdedit /? FORMATS を実行してください。

出力を制御するコマンド
======================
/enum           ストアのエントリを一覧表示します。
/v              既知の識別子名を使用するのではなく、エントリ識別子を完全な
                形式で表示するコマンド ライン オプションです。
                ACTIVE な種類のエントリ識別子の完全な形式を表示するコマンド
                として /v を使用します。

"bcdedit" の実行は "bcdedit /enum ACTIVE" の実行と同じです。

ブート マネージャーを制御するコマンド
===================================
/bootsequence   ブート マネージャーの 1 回限りのブート シーケンスを設定します。
/default        ブート マネージャーが使用する既定のエントリを設定します。
/displayorder   ブート マネージャーがマルチブート メニューを表示する順序を設定
                します。
/timeout        ブート マネージャーのタイムアウト値を設定します。
/toolsdisplayorder  ブート マネージャーがツール メニューを表示する順序を設定
                    します。

ブート アプリケーションの緊急管理サービスを制御するコマンド
===========================================================
/bootems        ブート アプリケーションの緊急管理サービスを有効または無効に
                します。
/ems            オペレーティング システム エントリの緊急管理サービスを有効
                または無効にします。
/emssettings    グローバルな緊急管理サービスのパラメーターを設定します。

デバッグを制御するコマンド
==========================
/bootdebug      ブート アプリケーションのブート デバッグを有効または無効に
                します。
/dbgsettings    グローバル デバッガー パラメーターを設定します。
/debug          オペレーティング システム エントリのカーネル デバッグを有効
                または無効にします。
/hypervisorsettings  ハイパーバイザー パラメーターを設定します。

このコマンドは、ブート構成データ ストアのエントリ オプション値を設定します。

bcdedit [/store <ファイル名>] /set [{<ID>}] <データの種類> <値>
        [ /addfirst | /addlast | /remove ]

    <ファイル名> 使用するストアを指定します。このオプションを指定しない場合は、
                 システム ストアが使用されます。詳細については、
                 "bcdedit /? store" を実行してください。

    <ID>         修正するエントリの識別子を指定します。指定しない場合は、
                 {current} が使用されます。識別子の詳細については、
                 "bcdedit /? ID" を実行してください。

    <データの種類> 作成または修正されるオプションのデータの種類を指定します。
                 データの種類の詳細については、"bcdedit /? TYPES" を実行して
                 ください。

    <値>         オプションに割り当てる値を指定します。<値> の書式は、指定した
                 データの種類によって異なります。データ形式の詳細については、
                 "bcdedit /? FORMATS" を実行してください。

    /addfirst    このスイッチは、データの種類がオブジェクト一覧である場合のみ
                 使用できます。指定したエントリ識別子は、一覧の先頭に追加され
                 ます。このスイッチを指定する場合は、単一のエントリ識別子のみ
                 指定できます。指定した識別子が一覧に既に存在する場合は、その
                 識別子が一覧の先頭に移動します。

    /addlast     このスイッチは、データの種類がオブジェクト一覧である場合のみ
                 使用できます。指定したエントリ識別子は、一覧の末尾に追加され
                 ます。このスイッチを指定する場合は、単一のエントリ識別子のみ
                 指定できます。指定した識別子が一覧に既に存在する場合は、その
                 識別子が一覧の末尾に移動します。

    /remove      このスイッチは、データの種類がオブジェクト一覧である場合のみ
                 使用できます。指定したエントリ識別子は、一覧から削除されます。
                 このスイッチを指定した場合は、単一のエントリ識別子のみ指定でき
                 ます。指定した識別子が一覧に存在しない場合は、この操作による
                 影響はありません。最後のエントリが削除されると、データの種類の
                 値が削除されます。

例:

次のコマンドは、指定されたオペレーティング システムのエントリについて、
アプリケーション デバイスをパーティション C: に設定します:

    bcdedit /set {cbd971bf-b7b8-4885-951a-fa03044f5d71} device partition=C:

    注意: 'hd_partiton=' 構文を使用して、自動 VHD 検出を明示的に無効にし、仮想
          マシンの起動に対応するエントリを作成できます。たとえば、次のように指
          定します。

    bcdedit /store F:\boot\bcd /set {default} device hd_partition=F:

次のコマンドは、指定されたオペレーティング システムのエントリについて、
OS デバイスを VHD ファイル (C:\vdisks\vdisk01.vhd) に設定します:

    bcdedit /set {cbd971bf-b7b8-4885-951a-fa03044f5d71} osdevice
        vhd=[C:]\vdisks\disk01.vhd

次のコマンドは、指定されたオペレーティング システムのエントリについて、
アプリケーション パスを \windows\system32\winload.exe に設定します:

    bcdedit /set {cbd971bf-b7b8-4885-951a-fa03044f5d71} path
        \windows\system32\winload.exe

次のコマンドは、現在のオペレーティング システムのブート エントリについて、
NX ポリシーを OptIn に設定します:

    bcdedit /set nx optin

戻る | ページ先頭 U

通常のインストール

さら品状態のHDに普通に Windows 7 をインストールすると 100MBのシステムパーティションが自動的に (勝手に) 作成される なのだそうです。

ということは、Boot ディレクトリ及び BOOTMGR は隠しパーティションにあるのが普通なのでせうか?

まっさらなHDやアクティブ・パーティションのないHDにインストールすると、100 MB の【システムで予約済み】パーティションが作成されました。Boot ディレクトリや BOOTMGR はこのパーティションにあり、C:ドライブにはなしでした。

GRUB for DOS を追加しています。

C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume1
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
displayorder            {current}
                        {52c484f4-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
recoveryenabled         Yes
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {52c484f0-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
nx                      OptIn

リアル モード ブート セクター
--------------------------------
identifier              {52c484f4-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
device                  partition=C:
path                    \grldr.mbr
description             GRUB for DOS

※ システム回復オプション(Windows 回復環境)用ファイルは、C:\Recovery にありました。

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
device                  ramdisk=[C:]\Recovery\52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d\Winre.wim,{52c484f3-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
path                    \windows\system32\winload.exe
description             Windows Recovery Environment
inherit                 {bootloadersettings}
osdevice                ramdisk=[C:]\Recovery\52c484f2-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d\Winre.wim,{52c484f3-22e4-11df-ab9d-abf741d94f7d}
systemroot              \windows
nx                      OptIn
winpe                   Yes

戻る | ページ先頭 U

マルチブート

Windows Vista の後に 7 をインストールした場合、DVDブートでインストールすると 7 がインストールされたパーティションが C:ドライブとなる。アクティブ・パーティションは D:

GRUB for DOS を追加しています。

C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=D:
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {7033c357-baa6-11de-ab9d-acbad58399bd}
displayorder            {625f938d-ba0c-11de-8f01-a3ee4d6b17b8}
                        {current}
                        {2a7e4708-ba60-11de-b846-005056c00008}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {625f938d-ba0c-11de-8f01-a3ee4d6b17b8}
device                  partition=D:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows Vista Home Premium
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
osdevice                partition=D:
systemroot              \Windows
resumeobject            {625f938e-ba0c-11de-8f01-a3ee4d6b17b8}
nx                      OptIn

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7 Ultimate
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {7033c359-baa6-11de-ab9d-acbad58399bd}
recoveryenabled         Yes
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {7033c357-baa6-11de-ab9d-acbad58399bd}
nx                      OptIn

リアル モード ブート セクター
--------------------------------
identifier              {2a7e4708-ba60-11de-b846-005056c00008}
device                  boot
path                    \grldr.mbr
description             GRUB for DOS

戻る | ページ先頭 U

メーカー製PCの例

最近のやつはリカバリー・プログラムをWindows RE(システム回復オプション)に組み込んでる場合が多いので、そのリカバリー用パーティションがアクティブとなってたり。

GRUB for DOS を追加しています。

C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume2
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
default                 {current}
resumeobject            {9b361ac9-fa57-11de-99a5-002170603348}
displayorder            {current}
                        {5db40800-109c-11df-b61f-0021705e234c}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 10

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows 7
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {9b361acb-fa57-11de-99a5-002170603348}
recoveryenabled         Yes
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {9b361ac9-fa57-11de-99a5-002170603348}
nx                      OptIn
bootstatuspolicy        IgnoreShutdownFailures

リアル モード ブート セクター
--------------------------------
identifier              {5db40800-109c-11df-b61f-0021705e234c}
device                  partition=C:
path                    \grldr.mbr
description             GRUB for DOS

※ システム回復オプション(Windows 回復環境)用ファイルは、RECOVERY パーティションにありました。

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {9b361acb-fa57-11de-99a5-002170603348}
device                  ramdisk=[\Device\HarddiskVolume2]\Recovery\WindowsRE\Winre.wim,{9b361acc-fa57-11de-99a5-002170603348}
path                    \windows\system32\winload.exe
description             Windows Recovery Environment
inherit                 {bootloadersettings}
osdevice                ramdisk=[\Device\HarddiskVolume2]\Recovery\WindowsRE\Winre.wim,{9b361acc-fa57-11de-99a5-002170603348}
systemroot              \windows
nx                      OptIn
winpe                   Yes

戻る | ページ先頭 U

Windows XP Mode

※ Home Premium では使えませぬ。

Intel VTAMD-V などハードウェア仮想実行支援機能(CPU,BIOSの両方)が必要です

【2010.3.20追記】仮想実行支援機能は不要になった模様です。

※ VMwareなどでも同様の機能が使えるようですが、Home Premium では別途XPのライセンスが必要になります。XP Mode はライセンス付きなので、エディションは Professional 以上にしとくのがおとくですなぁ。

管理ファイル・イメージファイル

ユーザー毎に、管理ファイル、仮想HDイメージが作成されました。

  • 管理用ファイル・フォルダ
    • フォルダ:%userprofile%\Virtual Machines (C:\Users\yassy\Virtual Machines)
    • ファイル:Windows XP Mode.vmcx
  • 仮想HDイメージなど
    • フォルダ:%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン (C:\Users\yassy\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン)
2010/01/31  06:47     1,848,306,688 Windows XP Mode.vhd
2010/01/31  06:47            14,948 Windows XP Mode.vmc
2010/01/31  06:38            14,166 Windows XP Mode.vmc.vpcbackup
2010/01/31  06:47       276,683,804 Windows XP Mode.vsv
               4 個のファイル       2,125,019,606 バイト
               2 個のディレクトリ  74,465,865,728 バイトの空き領域

戻る | ページ先頭 U

64ビットバージョンについて

32ビット版では、使えるメモリ(RAM)は最大でも 4 GB 弱となるので(※ 私の Home Premium 32-bit では約 3.5 GB程)となるので仮想マシンなどメモリ食いソフトをバリバリ使ったりとか、今後の事を考えるとギリギリかなと思います。重いソフトを使わなければ 4 GB で現状は必要十分でしょうけど。

WOW64 関連
  • 64ビット版のシステムフォルダは %windir%\system32
  • 32ビット版のシステムフォルダは %windir%\SysWOW64
  • レジストリ - HKLM\SOFTWAREHKLM\SOFTWARE\Wow6432Node
  • 従来の %ProgramFiles% フォルダ内に設定が保存されるタイプのソフトでは下記などに設定が保存される
    • %LOCALAPPDATA%\VirtualStore\ProgramData
    • %LOCALAPPDATA%\VirtualStore\Program Files
    • %LOCALAPPDATA%\VirtualStore\Program Files (x86)

64ビット版非対応なファイラーからバッチファイルやスクリプトを実行するとレジストリやシステムフォルダなどがリダイレクトされて正確なデータが出ないので注意です。

戻る | ページ先頭 U

いろいろ

ITpro
Windows Server Insider − @IT

戻る | ページ先頭 U

Written by yassy