20年のあゆみ 楽泳会年表
1979.6

 

 

神戸市民生局神戸水泳協会が協力し、身体障害者水泳教室がスタ−ト。

指導は神戸市役所親和会水泳部。会場は神戸市長田区のかるもプール。

全10回のコースを年1回春季に開催。火、木曜の午後6時〜7時40分。

対象は16歳以上の男女。

 

1985.

 

 

教室の開催回数が年2回になる。春季、秋季とも火、木曜。

いずれも8回のコース。

 

1987.10.1

 

  

神戸市民生局水泳教室の卒業生、川田 真貴子と蒲生 明美がソウル・パラリンピックに出場することになり、火、木曜の午後6時〜7時40分に桜井 誠一、埴岡 健介、滝元 良一、播磨 洋と練習を始める。

 

  10.1524

 

 

 

 

ソウル・パラリンピックに2名が出場。

川田 真貴子 100m背泳 6位/100mバタフライ 6位/400m自由形 8位/400mフリーリレー 6位 400m自由形 8位

蒲生 明美 100m自由形 5位/50m平泳 7位/50m自由形 6位/200m個人メドレー 7

 

1989.2.9

 

 

 

 

 

神戸楽泳会結成(かるもプール)
日本身体障害者水泳連盟【団体登録】「神戸楽泳会」とする。
会 長 杉原 優 
コーチ 桜井 誠一、埴岡 健介、滝元 良一、山口佑二 、播磨 洋

会員19名。活動日は毎週火、木曜。
さっそく第5回フェスピック神戸大会及び第8回日本身体障害者水泳選手権大会出場に向けて練習を始める。

 

   4.23

  

 

近畿身体障害者水泳選手権大会(ファインプラザ大阪)に8名が出場。

100mリレー2位、200mメドレーリレー3位とまずまずの成績。

 

    7.12

 

  

6回日本身体障害者水泳選手権大会(神戸ポートアイランドSC)に16名が出場。400mリレー3位、100mリレー3位。初参加の全国大会で好成績を収め、他のクラブを驚かす。

   9.1520

 

 

  

 

5回フェスピック神戸大会(神戸ポートアイランドSC)に3名が出場。

川田真貴子 100mバタフライ2位/100m自由形3位/100m背泳2位/400m自由形3

本田 淳子 100m自由形2位/100m背泳1位/400m自由形1位/100m平泳2

蒲生 明美 100m自由形1位/100m平泳1位/100mバタフライ1位/400m個人メドレー1位

楽泳会メンバーの活躍に地元神戸の関係者は大喜び。このとき県代表として出場し、100m自由形3位、100m平泳5位という成績を収めた家長 晃がこの後、楽泳会に入会しました。

 

   10.8

 

 

 

 

   

神戸楽泳会総会を開催(しあわせの村)。

参加者は会員16名とコーチ。

会則承認が行われ、年会費は3,000円に決定。

 会長 杉原 優 幹事 上田 道行

 副会長 川田 真貴子理事 菊井 幹太、蒲生 明美
大きな大会を経験し、クラブの体制もしっかりとの思いをこめて。 

1990.5

 

 

少年少女のクラスが発足。皆木 砂織が入会し、埴岡 健介がコーチにあたる。

 

   7.1

 

 

 

第1回近畿身体障害者水泳選手権大会(ファインプラザ大阪。近畿身体障害者水泳連盟主催)に9名が出場。

200mフリーリレー1位/200mメドレーリレー4位。リレーの1位は立派!みんな大活躍しました。

 

   9.89

 

 

 

 

 

第7回日本身体障害者水泳選手権大会(広島市心身障害者センター)に8名が出場。200mリレー、200mメドレーリレーともにふるいませんでしたが、個人種目で松本、本田が大会新記録を出すなど頑張りました。

全国から425名が参加というスケールの大きな大会で、1日目の競技が終了したのは午後8時を過ぎていました。神戸で活躍した市電が走る広島で、原爆ドーム資料館を見学し、その恐怖を再認識。二度とこのような悲劇が繰り返されないことを願いながら資料館を後にしました。

お好み焼きがおいしい大会でしたね。

 

1991.7.7

 

 

 

第2回近畿身体障害者水泳選手権大会(滋賀県立障害者福祉センター)に12名が出場。

200mリレー2位/200mメドレーリレー2位/100mリレー3位。大会新記録を3つ樹立するなど活躍。

 

   9.78

 

  

第8回日本身体障害者水泳選手権大会(福岡県)に9名が出場。

200mリレー4位/200mメドレーリレー6位。大会新記録も出ず、少しがっかり、福岡はやっぱり遠いですね。

 

   11.910 

 

日本身体障害者水泳連盟指導者研修会(しあわせの村)に杉原 優、上田 道行、三谷 輝雄、山口 佑二、近藤 清美の5名が参加。泳ぐことだけではなく、勉強も大切です。

 

   11.24

 

 

 

  

 

 

'91ジャパンパラリンピック(東京体育館プール)に5名が出場。

本田 淳子 100m自由形1位/100mバタフライ1位 蒲生 明美 100m自由形1位/200m個人メドレー2位川田真貴子 100m背泳1位
渡辺 浩 100mバタフライ1位/200m個人メドレー2位松本 研吾 100m自由形1位/100mバタフライ2位

第1回の大会で、標準記録を切った人が出場できる大会です。全国から100人と制限がありますが、この大会出場を目標に練習しましょう。

東京ドームを見学に行きましたが、定休日で残念。

 

1992.7.5

 

 

 

第3回近畿身体障害者水泳選手権大会(京都市)に14名が出場。

100mフリーリレー4位/200mメドレーリレー2位/200mフリーリレー2位。なかなか優勝できません。大会新記録も1つ。みんなどうしたの?

 

   9.1213

 

 

 

 

第9回日本身体障害者水泳選手権大会(滋賀県立心身障害者センター)に16名が出場。

451名の参加があり、119個の大会新記録が誕生しました。

200mフリーリレー失格とふるわず。今年はみんな調子が悪い。一体どうなっているのでしょう。

 

   9.314

 

 

 

バルセロナ・パラリンピックに1名が出場。

本田 淳子 50m自由形13位(26名中)/100m自由形21位(31名中)/100mバタフライ21位(22名中)

神戸から選ばれたのはすごい。おめでとう!!

 

   1129

 

 

 

 

 

92ジャパンパラリンピック(東京体育館プール)に4名が出場。

松本 研吾 100m自由形2位/100mバタフライ2位

渡辺  浩 100m自由形3位/100mバタフライ1位

蒲生 明美 100m自由形1位/100m背泳1位(大会新)

本田 淳子 100mバタフライ1位/100m自由形1位(大会新)

 

1993.5.2930

 

 

近畿身体障害者水泳連盟強化合宿(ファインプラザ大阪)。

他のクラブの人との交流を楽しみました。

 

   7.4

 

 

 

第4回近畿身体障害者水泳選手権大会(ファインプラザ大阪)に18名が出場。

200mフリーリレー2位/200mメドレーリレー2位。

参加総数214名。昨年と同じ頑張りでしたが、大会新記録は17個。すごい! 

   9.1112

 

 

  

 

第10回日本身体障害者水泳選手権大会(東京町田市)に11名が出場。

女子100mフリーリレー優勝/200mメドレーリレー5位、参加総数485名。大会新記録167個。当クラブは大会新記録2個。

他のクラブも強くなっていることを実感。JR横浜線が満員電車で大会会場までの移動が大変でしたが、みんな大会出場にも慣れ、余裕のカラオケで明日の試合の鋭気を養っています。

 

   11.28

93ジャパンパラリンピック(東京辰巳国際水泳場)に5名が出場。

松本 研吾と蒲生 明美が大会新記録。よく頑張りました!

 

1994.4.3

 

 

 

  

 

 

神戸楽泳会総会(こうべ市民福祉交流センター4階会議)

役員改選

 会 長 中澤 明夫   副会長 家長 晃

理 事 本田 淳子、渡辺 浩、山本 恵理

会 計 蒲生 明美   監 事 上田 道行

顧 問 大久保 正樹、赤川 洋

 

   4.4

 

 

 

 

 

練習会場変更。

「こうべ市民福祉交流センター」(中央区)の完成に伴い、長年練習してきた「かるもプール」から同センター10階のプールに変更。

練習時間は毎週火、金曜の午後6時〜8時。

かるもプールの方々には、いろいろとご配慮頂きました。本当にありがとうございました。

 

   7.3

 

 

  

 

第5回近畿身体障害者水泳選手権大会(こうべ市民福祉交流センター)に16名が出場。

200mメドレーリレー優勝/200mフリーリレー2位。

福祉交流センタープールのオープン記念大会で、106名の参加がありました。プールが10階、控室と表彰場所が7階体育館と、運営に苦労しました。楽泳会の皆さんお世話ご苦労さまでした。

 

   8.28

 

 

 

近畿2府4県3政令指定都市スポーツ交歓会(こうべ市民福祉交流センター)に3名が参加。

福祉交流センタープールのお披露目。選手役員56名が参加し、楽しい一日を過ごしました。

 

   9.410

 

フェスピック北京大会には誰も出場できず残念!

 

   9.1011

 

 

  

 

第11回日本身体障害者水泳選手権大会(大阪長居身障者SC)に12名が出場。

女子100mフリーリレー優勝/200mフリーリレー2位/200mメドレーリレー7位。

昨年に続き「女子強し」の名を全国に知らしめました。

 

   11.2

 

  

IPC水泳世界選手権大会(マルタ共和国 国際パラリンピック委員会主催)に2名が出場。

日本代表として、蒲生 明美と松本 研吾。
監督は桜井 誠一。

蒲生 明美 50m自由形5位/100m自由形6位/200m個人メドレー8位

松本 研吾 50m自由形11位/100m自由形10位/100mバタフライ7位、イタリアの南にある島国、マルタ。厳しい暑さ、塩分を含んだプールの水で遠征の苦しさを味わいながらも楽しく、良い経験となった大会でした。

 

   11.20

 

 

 

94ジャパンパラリンピック(東京辰巳国際水泳場)に5名が出場。

大会記録を4個出すなどレベルアップ。なかでも本田さんの大会新記録2個は立派でした。

 

1995.1.17

 

  

 

 

 

 

阪神淡路大震災。

平成7年1月17日未明に兵庫県南部地方を襲った阪神淡路大震災は、多くの人の命を奪い、未曾有の被害をもたらしました。楽泳会でも会員相互の安否確認が思うようにできず不安な日々を過ごしました。コーチは神戸市の復旧に向け日夜懸命の取り組みを続けました。スポーツ施設も被害を受け、ほとんどが使用不能となりました。市内の使用可能なプールは、風呂として活用され、選手は自主練習をすることになりましたが、自宅や職場が災害に遭い、練習をすることができない状態が続きました。楽泳会にとっては苦しい時期でしたが、全国の仲間から義援金をいただくなど温かい励ましを受け、厳しい環境の中、震災の苦難を乗り越え、「元気です!神戸楽泳会」を合言葉に、近畿大会、全国大会に参加することを誓いました。

 

   7.12

 

 

 

 

 

第6回近畿身体障害者水泳選手権大会(奈良市立総合福祉センター)に15名が出場。

「元気です!神戸楽泳会」をアピール。200mメドレーリレー2位/100mフリーリレー5位。7個の大会新記録を樹立。

震災で練習できない状態だったにもかかわらず立派でした。東大寺の大仏さんを見学し、必勝祈願もしました。

 

   9.910

 

 

 

 

 

第12回日本身体障害者水泳選手権大会(広島市立心身障害者センター)に9名が出場。

女子100mフリーリレー3年連続優勝。楽泳会女子強し!

200mフリーリレー6位。

大会新記録4個は、震災で参加するだけでもと思っていたので勇気がわきました。夕食には、広島焼きをたらふく食べ明日の大会に備えました。

 

   11.26

 

 

 

95ジャパンパラリンピック(東京辰巳国際水泳場)に6名が参加。

寺田、本田、藤田さんに大会新記録。

頑張れ!男性諸君。

 

   12.12

 

 

クリスマス会。

いつも素敵なケーキをありがとう。プレゼント交換も楽しみです。

 

1996.7.7

 

 

 

第7回近畿身体障害者水泳選手権大会(大阪府立障害者交流促進センター)に19名が出場。

200mメドレーリレー2位/200mフリーリレー3位/100mフリーリレー4位。大会新記録も7個。

 

7.2128

 

 

 

国際ストークマンデビル競技会(イギリス・アイスベリー市)に全国代表選手として2名が出場。

藤田 多佳子が50m自由形、100m自由形で優勝。中澤 明夫も大健闘しました。

 

   8.1525

 

 

 

アトランタ・パラリンピックに桜井 誠一氏が水泳チーム監督として参加。

日本チームは、金5個、銀3個、銅4個と好成績を収めました。桜井監督ご苦労さまでした。

 

   9.78

 

 

 

 

第13回日本身体障害者水泳選手権大会(東京・多摩障害者センター)に12名が出場。

女子100mフリーリレー優勝。4回連続優勝女性陣の強さは変わらず。200mメドレーリレー8位。

夜はパラリンピックのゴールドメダリスト成田さんと交流。親睦を深めました。

 

   11.3

 

 

   11.17

  

 

しあわせの村でバーベキュー。

秋の一日を会員、家族とともに楽しみました。

 

96ジャパンパラリンピック(東京辰巳国際水泳場)に堀北、松本、本田、藤田、寺田の5名が出場。

寺田さんと藤田さんは、自己の持つ大会記録を更新する大会新記録、よく頑張っています。

 

1997.7.6

第8回近畿身体障害者水泳選手権大会(京都市)に22名が参加。

 

   9.1314

 

 

 

 

 

 

 

第14回日本身体障害者水泳選手権大会(群馬県立ふれあいスポーツプラザ)に15名が出場。

女子100mフリーリレー3位。

残念!次回は楽泳会女子の意地を見せてください。

200mフリーリレー5位/200mメドレーリレー6位。

堀北さん、発熱リタイヤ残念。大会終了後に初の旅行を計画。伊香保温泉、椿名湖方面の観光を楽しみました。

陳君は、4日間しゃべり続けでした。恵理といい楽泳会に入会すると、みんなおしゃべりになるようです。

 

   10.1819

 

 

 

日本身体障害者水泳連盟指導者研修会(神戸市しあわせの村)に中澤会長他2名が出場。

会員も参加、勉強して役に立てましょう。

 

   11.3

 

 

 

 

ふれあいぴっく大阪見学。

大阪青年会議所の招待で見学。家族も参加し、バス旅行気分で1日中競技を見せてもらい、夜店も楽しみました。本田さん、藤田さん、平尾さんが楽泳会を代表し、トークショーに出演。ステージの上で横山ノック大阪府知事らと震災体験、震災後の練習について語りました。

 

   11.16

 

97ジャパンパラリンピック(東京辰巳国際水泳場)に2名が出場。

フェスピック・バンコク大会への登竜門でしたが、堀北さん、藤田さんとも大会新記録を出せず残念でした。

選考はこれからです。頑張りましょう。

 

   11.24

 

バーベキュー大会(しあわせの村)

 

   12.13

 

 

クリスマス会(名谷)

カラオケにクリスマスケーキに歓声!楽しい一日でした。

 

1998.1.31

 

 

アンチ・ドーピング国際会議98神戸(神戸国際会議場)に桜井、埴岡、滝元コーチが参加しました。

 

   2.9

 

 

 

クラブを結成して10年目に入りました。

震災の苦難を乗り越え、より力強く歩み続ける、輝かしい節目になりますよう頑張りましょう。

 

   4.19

 

 

 

10周年記念講演会と懇親会(神戸市)

「神戸楽泳会のあゆみ」「記念誌」発行。

森嶋 勉先生による「障害者のスポーツトレーニング方法」 成田 真由美選手による「金メダルへの道」

 

    524

兵庫県障害者スポーツ協会「功労賞」受賞「桜井誠一」「埴岡健介」「滝元良一」

 7. 5

7.19

 

第9回近畿身体障害者水泳選手権大会(西宮総合福祉センター)に20名が出場

第37回神戸市障害者スポーツ大会(市民福祉スポーツセンター)楽泳会出場選手大活躍

 

   9.1213 

 

 

第15回日本身体障害者水泳選手権大会(大阪舞洲障害者スポーツセンター)に17名出場

  

   10.1117

 

 

 

IPC世界水泳選手権大会(ニュージーランド、クライストチャーチ)に3名出場。滝元コーチが参加

堀北昌孝・藤田多佳子・本田淳子出場。

笹山神戸市長を表敬訪問

11.7〜8

 

11.15

 

第34回全国身体障害者スポーツ大会(神奈川県)

森元文子・原正美・陳 豊春出場

98ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に6名出場
藤田多佳子・高橋美也子・本田淳子・堀北昌孝・陳豊春・松本研吾出場

1999. 1. 916



フェスピックバンコク大会(タイ国)に1名出場

藤田多佳子出場

 

 

   7.・4

 

   7・18

 

 


第10回近畿身体障害者水泳選手権大会(舞洲障害者スポーツセンター)に24名出場

第38回神戸市障害者スポーツ大会(水泳)楽泳会出場選手大活躍          22名標準記録突破 

   8.22

 

'99ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に7名出場

藤田多佳子・高橋美也子・本田淳子・堀北昌孝・松本研吾陳 豊春・酒井喜和出場

 

   9.1112

 

 

 

 

第16回日本身体障害者水泳選手権大会(宮城県グランディ21)に16名出場

中澤明夫・幸野谷 力・明賀秀和・陳 豊春・家長晃酒井喜和・松本研吾・堀北昌孝・渡部浩・
洪文武
藤田多佳子・原正美・
本田淳子・山本恵理・森元文子

出場

 10.10〜18

  

 

ストークマンデビル大会(ニュージーランド、クライストチャーチ)に1名出場

藤田多佳子出場

  

   10.26

 

 

 

 


サザンクロス大会(シドニーアクアティックセンター)に2名が出場。滝元コーチが参加

酒井喜和出場

 

 

   11.67

 

第35回全国身体障害者スポーツ大会(熊本県)

平尾照美・明賀秀和出場

2000. 7. 2

   7・16

第11回近畿身体障害者水泳選手権大会(滋賀県立障害者福祉センター)に23名出場

20名標準記録突破福岡で開催される

第17回日本身体障害者水泳選手権大会に出場。

第39回神戸市障害者スポーツ大会(水泳)
(市民福祉スポーツセンター)参加。

8.20

 

 

   9.16〜17

‘00ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に6名出場

本田淳子・藤田多佳子・酒井喜和・高橋美也子が優勝。

 


第17回日本身体障害者水泳選手権大会(福岡県博多の森)

中澤明夫・幸野谷 力・明賀秀和・
陳 豊春・家長晃
酒井喜和・
松本研吾・堀北昌孝・渡部浩・洪文武
藤田多佳子・本田淳子・山本恵理・森元文子

平尾照美・高畑多美子・山田拓朗・石川竜也・中部秀樹・寺田樹里出場

   10.2028

 

 

 

 


シドニーパラリンピック(オーストラリア)に藤田選手、酒井選手と台湾代表として陳選手の3人が出場。藤田選手が女子200リレーで金、酒井選手が100背泳で金、100自由で銀、100バタで銅、陳選手が100バタで4位と大活躍であった。

桜井コーチもヘッドコーチとして参加

日本チームは9、銀5、銅1と15のメダルを獲得
オリンピックに一歩近づいた大会でした。この頃からパラリンピックはアスリートの大会になり楽泳会の取り組みの成果が評価されました。

 

10・28〜29

第36回全国身体障害者スポーツ大会(富山県)

    高岡智宏出場

2001. 6.24

 

 

 

第12回近畿身体障害者水泳選手権大会(神戸市民福祉スポーツセンター)に27名参加。7年ぶり2回目の開催。

シドニーパラリンピック出場の酒井、陳、藤田が泳ぎを披露しました。

 

    8.19

 

 

 


'01ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に7名出場

藤田多佳子・高橋美也子・本田淳子・堀北昌孝・松本研吾・陳 豊春・中部秀樹出場

 

    9.89

 

第18回日本身体障害者水泳選手権大会(広島市)に26名出場

中澤明夫・陳 豊春・家長晃・酒井喜和・堀北昌孝・渡部浩・洪文武・藤田多佳子・本田淳子・山本恵理・森元文子・平尾照美・高畑多美子・山田拓朗・石川竜也・中部秀樹・伊藤 順・岡崎明美・原正美・岡村多花・久保田幸一・高岡智宏・松本研吾・土部樹里・高橋美也子・明賀秀和出場

 

   10・27〜29

 

 

第1回全国障害者スポーツ大会(宮城県)

(身体障害者大会とゆうあいピック大会が統合された)

  中部秀樹出場

2002. 6.23

 

 

第13回近畿身体障害者水泳選手権大会(奈良市西部生涯スポーツセンター)に23名出場

リレー3種目完全制覇

 

  7.14 

 

 

第41回神戸市障害者スポーツ大会(水泳)市民福祉スポーツセンター

 

    8.18

 

 

 

 

'02ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に8名出場

陳 豊春・伊藤 順・堀北昌孝・松本研吾・中部秀樹・藤田多佳子・

本田淳子・高橋美也子出場

 

    9.78

 

 

 

 

 


第19回日本身体障害者水泳選手権大会(京都市西京極総合運動公園)に23名出場

陳 豊春・家長晃・堀北昌孝・洪文武・藤田多佳子・本田淳子・山本恵理・森元文子・平尾照美・

山田拓朗・中部秀樹・伊藤 順・原正美・

岡村多花・久保田幸一・松本研吾・幸野谷力

高橋美也子・明賀秀和・横谷和浩・呉竹正人・長尾雅人

岡崎明美出場         リレー3種目完全制覇

 

    10.15

 

 

 


IPC水泳世界選手権大会(アルゼンチン、マルデルプラダ)に2名出場

 

 

    11.911

第2回全国障害者スポーツ大会(高知県)

呉竹正人出場

2003. 7. 6

 

   

 

 

 

 

第14回近畿身体障害者水泳選手権大会(ファインプラザ大阪)に24名出場

堀北昌孝・藤田多佳子・山本恵理・森元文子平尾照美・恵川光生・山田拓朗・中部秀樹・伊藤 順・梶原亜希・
久保田幸一・松本研吾・洪文武・中澤明夫
高橋美也子・明賀秀和・横谷和浩・長尾雅人岡崎明美・木谷亮太・高岡智宏・村本暁彦・岡崎明美村本明彦出場

  

第42回神戸市障害者スポーツ大会(水泳)市民福祉スポーツセンター

 

   7.1820


'03カナダオープン大会(カナダ、エドモントン)に2名が出場。滝元コーチが参加

 

 

 

7.13

 

第42回神戸市障害者スポーツ大会(水泳)福祉スポーツセンター

    8.1617

 

 

 

 


'03ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)恵川光生・洪文武・高橋美也子・山田拓朗
藤田多佳子・堀北昌孝出場

 

 

   10.34


第20回日本身体障害者水泳選手権大会(東京辰巳国際水泳場)に24名が出場

堀北昌孝・藤田多佳子・山本恵理・森元文子平尾照美・恵川光生・山田拓朗・中部秀樹・梶原亜希・久保田幸一・松本研吾・洪文武・中澤明夫・高橋美也子・明賀秀和・横谷和浩・長尾雅人岡崎明美・木谷亮太・高岡智宏・村本暁彦ほか

 

 

  11.8〜10

 

第3回全国障害者スポーツ大会(静岡県)

横谷和浩出場

2004. 7. 4

 

 

 

第15回近畿身体障害者水泳選手権大会(京都市障害者スポーツセンター)に27名出場

 

   8.15

 

 

 

'04ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に11名出場

山田拓朗・藤田多佳子・高橋美也子・堀北昌孝・恵川光生・中部秀樹・伊藤順洪文武・梶原亜希・村本暁彦・
木谷亮太

 

    9.1728

 

 

 


アテネパラリンピック(ギリシャ)に4名が出場。日本チームは金8、銀6、銅9の合計23個と大量のメダルを獲得、藤田選手がリレーで金、酒井選手が100m背泳ぎで銀、恵川選手がリレーで銀を獲得、最年少の山田選手も話題の的でした。滝元コーチもヘッドコーチとして参加。楽泳会の選手育成が注目された大会でした。

 

   10.16〜17


第21回日本身体障害者水泳選手権大会(舞洲障害者スポーツセンター)に20名出場

山本恵理・伊藤順・中澤明夫・呉竹正人森元文子・梶原亜希・長尾雅人・高岡智宏高橋美也子・山田拓朗・村本暁彦・松本研吾・

 

  11.13〜15

 

 

第4回全国障害者スポーツ大会(埼玉県)

山本恵理・伊藤順・木谷亮太出場

 

2004.11.27、12.4

 

アテネパラリンピック出場選手を招いて指導者研修会を実施しました。

 

成田真由美選手、河合純一選手による模範泳ぎは好評でした。特に12.4日は日本水泳水中運動学会の皆さんも参加、障害者水泳の普及に寄与しました。

2005.1.29、〜2.12

 

指導者研修会受講者によるチャレンジ教室を開催しました。

 

一人でも多くの指導者を育成するのも、先駆的な活動をする楽泳会の役割です。

 

 

2005. 7.10

 

 

第16回近畿身体障害者水泳選手権大会(ファインプラザ大阪)に28名出場

堀北昌孝・藤田多佳子・山本恵理・森元文子平尾照美・恵川光生・山田拓朗・笠本明里梶原亜希・久保田幸一・松本研吾中澤明夫・高橋美也子・明賀秀和・横谷和浩・長尾雅人・岡崎明美・・澤朱音・中村真衣子・岡崎明美・清水智子高岡智宏・村本暁彦・家長晃・呉竹正人・
高畑多美子・坂山裕次
小寺正健・

 

    7.1517

'05USオープン大会(アメリカ、ポートランド)に5名が出場。滝元コーチが監督として参加

梶原亜希・藤田多佳子・山田拓朗・高橋美也子

長尾雅人出場

   7.17

 


第44回神戸市障害者スポーツ大会(水泳)

市民福祉スポーツセンター

楽泳会参加

8. 67

 

 

'05IBSAユースアメリカ大会(アメリカ、コロラド州スプリングス)1名が出場。寺田コーチが参加

笠本明里参加。

 

    8.14

 

 

 

'05ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に6名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・岡崎明美・笠本明里・高橋美也子

 

    9.17〜18

 

 

 

 


第22回日本身体障害者水泳選手権大会(神戸ポートアイランドSC)に21名出場

 久々の神戸開催で、神戸水泳協会、ウエストライオンズクラブの皆さんを始め、楽泳会父兄他多くの方のご協力で立派な大会が出来ました。

 

   11.5〜7

第6回全国障害者スポーツ大会(岡山県)

  梶原亜希・久保田孝一出場

2006. 5.28

 

 

 


のじぎく大会リハーサル大会(尼崎スポーツの森)に26名参加

 

 

 

   6.10

 

 

神戸市民選手権(神戸ポートアイランドSC)に10名参加

健常者の大会に出場

 

   6.25

 

 

 

第17回近畿身体障害者水泳選手権大会(神戸市民福祉スポーツセンター)に28名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・岡崎明美・笠本明里・高橋美也子・村本暁彦・村上裕昭・清水智子・久保田孝一・木谷亮太・伊藤順・中部秀樹・横谷和浩・山本美甫・平尾照美・澤朱音岡村多花・中澤明夫・家長晃・森元文子・小寺正健・長尾雅人・高岡智宏堀北昌孝・呉竹正人・箕面和美・山本恵理・木谷亮太出場

 

    7.16

 

 

 

 

'06ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に10名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・岡崎明美・

笠本明里・高橋美也子・村本暁彦・村上裕昭

木谷亮太・伊藤順

 

  10.14〜16

 

 

第6回全国障害者スポーツ大会(兵庫県)のじぎく兵庫大会

 藤田多佳子・梶原亜希・笠本明里・木谷亮太出場

   10.2122

 

 

 

 

第23回日本身体障害者水泳選手権大会(舞洲障害者スポーツセンター)に25名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・岡崎明美・笠本明里・高橋美也子・村本暁彦・村上裕昭・久保田孝一・中部秀樹・横谷和浩・山本美甫・平尾照美・澤朱音・中澤明夫・家長晃・森元文子・小寺正健・長尾雅人高岡智宏・堀北昌孝・呉竹正人・箕面和美・山本恵理出場

  

   11.2630

 

 

フェスピック クアラルンプール大会(マレーシア)に2名出場

梶原亜希・村本暁彦出場

 

   12. 2〜7

 

 

IPC水泳世界選手権大会(南アフリカ、ダーバン)に3名が出場滝元コーチ、寺田コーチが参加

藤田多佳子・笠本明里

山田拓朗出場

2007. 6.24

 

 

 

第18回近畿身体障害者水泳選手権大会(舞洲障害者スポーツセンター)に24名出場

 

 

 

   7.15

 

第46回神戸市障害者スポーツ大会(市民福祉スポーツセンター)

    8.18

 

 

 

 

'06ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に10名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・岡崎明美・
笠本明里・高橋美也子
・村本暁彦・村上裕昭

山本美甫・野村真波出場

 


    9.1516

 

 

 

 


第24回日本身体障害者水泳選手権大会(福岡県立プール)に22名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・岡崎明美・笠本明里・
高橋美也子・村本暁彦・村上裕昭・中部秀樹・横谷和浩・山本美甫・平尾照美・澤朱音・
家長晃・小寺正健・長尾雅人・松本研吾・野村真波

高岡智宏・堀北昌孝・箕面和美・山本恵・理出場

 

  10.1315

 

第7回全国障害者スポーツ大会(秋田県)

岡崎明美・長尾雅人出場

   12. 68

 

 

 

'07USカナダオープン大会(アメリカ、メリーランド)に5名が出場。滝元コーチ、寺田コーチが参加

藤田多佳子・笠本明里・梶原亜希・野村真波・村本暁彦

 

2008. 7. 8

 

 

神戸市民選手権(神戸ポートアイランドSC)に10名出場

健常者とともに泳ぎました。

 

    6.29

 

 

 

 

第19回近畿身体障害者水泳選手権大会(奈良市西部生涯スポーツセンター)に23名出場

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・笠本明里・高橋美也子・村本暁彦・村上裕昭・・横谷和浩・山本美甫・平尾照美・澤朱音・家長晃・小寺正健・

長尾雅人・野村真波・高岡智宏・堀北昌孝・山本恵理・幸野谷力・中西勇一郎松本研吾・中部秀樹・岡崎明美出場

 

7.13

    

 

第47回神戸市障害者スポーツ大会(市民福祉スポーツセンター)

楽泳会大活躍

    7.20

'08ジャパンパラリンピック(大阪府立門真スポーツセンター)に8名出場

山田拓朗・村上裕昭・村本暁彦・高橋美也子・野村真奈美・梶原亜希笠本明里・山本美甫出場

 

   9. 714

 

北京パラリンピック(中国)に3名が出場。日本チームは1・銀2・銅2の計5個のメダルを獲得、オリンピック委員会の下でパラリンピックが開催された大会でした。世界のレベルもあがり、レーザーレーサーなど水着の話題も沸騰、山田選手は100m自由形で5位、野村選手は100m平泳ぎで4位、笠本選手は100m背泳ぎで7位と全員入賞を果たしました。滝元コーチ、寺田コーチ、山本コーチ(心理担当)も参加、日本チームの合宿は全て神戸で開催、楽泳会が日本障害者の競泳を支えています。

 

   10.11〜13

第8回全国障害者スポーツ大会(大分県)

野村真波・中西勇一郎出場

   11. 89

 

 

 

 

第25回日本身体障害者水泳選手権大会(仙台市グランディ21)に20名参加

藤田多佳子・山田拓朗・梶原亜希・笠本明里・高橋美也子・村本暁彦・村上裕昭・・横谷和浩・山本美甫・平尾照美・澤朱音・家長晃・小寺正健・長尾雅人・

野村真波・高岡智宏・堀北昌孝・山本恵理・幸野谷力・中西勇一郎出場