2017年  
6月16日 
レブンアツモリソウ群生地は17時をもって閉園しました。多くの方にご来園頂き誠に有難う御座いました。 
 
 レブンアツモリソウ群生地は6月16日(金)17:00をもって閉園します  

6月12日
群生地北側の木道周辺のレブンアツモリソウの多くは傷みが激しくなってきています。状態の良い花は残り少なくなっています。
群生地北側の木道周辺で見つけた状態の良いレブンアツモリソウ 斜面側園路入口から少し南側に離れた斜面。少し遅く開花したのですが、残念ながら強風の影響で痛んでいました。
6月7日
レブンアツモリソウは数多く咲いています。ところが、6月入って間もなく強風が吹きつけたため、多くの花が傷つき色が変わってしまった様です。 
まだ状態の良い花もありました。開花が遅かった花みたいです。少し時間をかけて表情の良い花を探してみて下さい。
5月30日
5月29日11時頃、群生地北側の木道が開放されました。レブンアツモリソウ一気に開花し始めた様です。
100を超える綺麗な状態の花が開花中です。蕾もちらほらと見られます。ハクサンチドリやノビネチドリも開花中です。
5月27日 
斜面側園路の開花数は少し増えました。蕾を持った株も少し残っています。 出口付近にある大株(右下写真)は芽の数が少し減っている様です。
観光バスが次々やって来て、観光客で賑わう時期になりました。 レブンアツモリソウの周辺にマイヅルソウの花が咲き、良いアクセントになってくれています。
5月23日
斜面側園路では30花ほどが開花中です。また、咲く寸前の蕾、葉に包まれた小さ蕾など、レブンアツモリソウの色んな表情が見られて楽しい時期です。
園路の出口付近の林床では、クルマバツクバネソウ(左写真)やヒトリシズカ(右写真)などの花が開花中です。 
5月19日   
斜面側園路は本日開放されました。午前中にレブンアツモリソウの蕾を確認したところ咲く寸前のものが5個ほど確認出来ました。今日から明日にかけて開花しそうです。
斜面側園路は本日から開放。開放時間は8:30〜17:00です。 レブンアツモリソウのほか、ハクサンチドリ、ヒメイズイ、ヒトリシズカなどの花も開花中です。
5月15日    
斜面側園路入り口付近の芽。蕾が大きく膨らんでいるみたいです。 ハクサンチドリの蕾も大きく膨らんでいます。
木道側の芽。こちらも蕾が大きく膨らんでいるみたいです。あと数日で蕾が外に出てきそうです。
5月8日  
斜面側園路の景観
木道側で確認したレブンアツモリソウの芽(写真中央)。5cmほどに伸びています。群生地全域では、蕾が膨らんでいるのが判るようになってきたものが複数みられます。

アツモリソウ群生地

レブンアツモリソウ開花情報

2014年の情報はこちら   2015年の情報はこちら
2016年の情報はこちら   2017年の情報はこちら