2020年  
コロナウイルス感染拡大防止のため、密集、密接を避け観賞をお楽しみ下さいますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
6月17日
レブンアツモリソウ群生地南側向いではレブンアツモリソウが開花中ですが、比較的状態の良いものでも、よく見ると花の色がくすんできています。開花期も終盤になりましたので、今年のレブンアツモリソウ開花情報はこれで終了となります。
花期が終わったものはすでに形が崩れています。比較的良い状態の花も幾つか残っています。拡大して見ると傷みがわかるので、写真は遠めから撮影するのがオススメです。
6月11日
レブンアツモリソウ群生地南側向いではレブンアツモリソウが開花中です。遠くには100花以上が群生する様子を見ることができます。 
今日も開花間もない花もあり、状態の良い花が多く見られました。しかし、強風が吹き花が大きく揺れていたため、花が傷まないか心配でした。
6月8日
レブンアツモリソウ群生地南側向かいでもレブンアツモリソウを観賞することが出来ます。
車でお越しの方はレブンアツモリソウ群生地駐車場をご利用下さい。
レブンアツモリソウ群生地よりレブンアツモリソウの開花が遅いため、良い状態の花が開花中です。遠くには群生する様子も見ることができます。 
6月7日
 レブンアツモリソウの花期は終盤となり、群生地は本日16時をもって閉園しました。今年はコロナウイルス感染拡大の影響で開園期間が短かくなってしまったのが本当に残念でした。 
6月4日
傷んだ花を含めて、開花中の花は約90花確認しました。 6月1日に木道脇で確認した蕾は咲きたてで綺麗でした。 
傷ついて茶色くなっていたり、枯れかけのものが大半となってきましたが、まだ状態の良い花も見られます。 
6月1日
レブンアツモリソウ群生地北側の木道が本日午後から開放されました。開園期間は6月7日までです。 開園時間は9時~12時、13時~16時です。コロナウイルス感染防止のため、入園の際はマスクを着用し、検温、手指の消毒のご協力をお願いしています。
木道沿いのレブンアツモリソウは盛りを迎え約90花が見られます。ここ数日の強風により早くも痛んで茶色くなっている花も数多く有りました。確認できた蕾は2つでした。今年は雪不足と強風に加え、夏のような暑さになり、傷みが早い感じがします。
5月8日
斜面側のレブンアツモリソウの芽は柵の外から確認できました。。赤丸の芽はもしかすると蕾が膨らみ始めているかも知れません。
木道側のレブンアツモリソウの芽は斜面側よりも少し小さく、ようやく確認できる程度に伸びてきていました。赤丸の中には4つの芽が出て来ています。

アツモリソウ群生地

レブンアツモリソウ開花情報

2017年の情報はこちら   2018年の情報はこちら
2019年の情報はこちら   2020年の情報はこちら