ディレイ

たまたま時間があったので調べてみました。尚、ディレイ名は勝手に付けたのであしからず。

職 : プリ
アークワンド時ASPD : 151
フィスト時ASPD : 37
試用スキル : ブレス ニューマ ルアフ HL
接続人数 : 約1.5k

にて検証。

<アタックディレイ>
ASPDを裏返したもので、硬直が減れば攻撃速度が上がると言う極めて自然なものです。ちなみに 秒間攻撃回数 = 50/(200-ASPD) から

アーク  = 50/(200-151) =1.020… ≒ 1秒/1回
フィスト = 50/(200-37) =0.306… ≒ 3.3秒/1回

となっています。


<スキルディレイ>
これも良く聞くヒール1秒、マグニ2秒、LA3秒…と言った「スキルの使用後、次のスキルを撃てない時間」の事です。この事から1秒間の被ダメージ>ヒールの回復量になった場合、極めて危険な状況に陥ります。
また、LAの事からスキルディレイ中でも殴る事と移動は可能です。


<モーションスキルディレイ>
上記の二つを踏まえた上で、読んでください。
普段は気にもされませんが、アタックディレイとスキルディレイとは別にモーションスキルディレイと言うのが存在します。
♂プリでいうとあの「フルスイング」と「意義あり!」のモーションの事です。
代表的なものにブレッシングがあります。これは詠唱無し、ディレイ無しで使った事のある人は解ると思いますが、いくらディレイが無いと言っても1秒間に3回も4回も使えません。
また、騎士の2HQAGI両手とVIT槍とでは同じACでも跳ね返せるスピードは段違いです。

これらの原因としてモーションスキルディレイがあります。

アタックディレイの項にもある様に、フィスト装備時は約3秒にやっと1回殴れる超鈍足の状態です。
また、私の感覚なので断言は出来ませんが、フィスト使用時攻撃し始めてからスキルを使える様になるまでおおよそ1.5〜1.6秒ぐらい掛かります。
同様にフィスト装備時に続けてブレスを使っても1.5〜1.6秒、間が空きます。
つまり、「アタックディレイの半分の時間に於いてスキルが使用できない」と言ったものです

解りづらいので図にしてみます。




赤がモーションスキルディレイ、黄がスキルディレイ、青が使用可能の状態です。
大半の魔法系スキルはスキルディレイがあるので、モーションディレイは気にされません。しかし、スキルディレイが無いスキルの場合も、




短いもののスキルを使えない時間が発生しています。
しかし、例外としてHLのみモーションスキルディレイも存在しません。この理由としてフィスト装備時でもHL詠唱終了前からマグニを連打すると続けて詠唱できる事からです。

このモーションスキルディレイはアタックディレイと比例なので、当然ASPDと反比例します。



つまり、これらから導き出される結論としてBIOSやレジストリをいじってまでパソコンの性能を引き上げたいようなタイプの人が、聖・魔系を使う時でも速度ポーションを飲むと気持ちだけ使いやすくなる、と(笑