留萌医師会は、なぜ旧萌明荘での在宅療養支援診療所開設に反対なのか

項 目 説 明
概要 留萌医師会は、旧萌明荘を中心とした健康の駅構想新聞報道で初めて知りました。事前の説明は一切ありませんでした。

勿論、市の事業を行う際に、必ず事前に医師会に説明しなくてはならないという義務はありません。しかしながら、医療に関する事柄を地元の医師会に説明するのは極めて自然な事と考えましたし、敢えてそれを行わなかった、もしくはそうできなかった理由があるのではないかという印象すら持ちました。

留萌市や留萌市立病院の主張は、開業医の集中する中心街に在宅療養支援診療所を開設して訪問診療だけではなく一般外来を行っても、周辺の医療機関への影響は出ない・出さないというものでしたが、留萌医師会では影響は当然出るものと考えました。なぜこのように考えたのかは、このページ向かって左のメニューの位置付けが曖昧です(誰が管理するのか)でご説明します。

また、在宅療養支援診療所開設が、本当に留萌市や留萌市立病院の財政改革に有効で留萌市民にとって意味のあるものなのか、そもそも留萌コホートピア構想とどれだけの関連性を持ったものなのか等も釈然としませんでした。これについては、このページ向かって左のメニューの目的が曖昧です(医師不足や赤字の解消になるのか)最後にでご説明します。

しかし、留萌医師会としては、留萌市や留萌市立病院を疑うばかりではなく、在宅療養支援診療所が留萌市や留萌市立病院にとって本当に必要なものならばという前提での対応も検討し、仮にある程度の影響が出ても、その影響を最小限に抑え、しかも在宅療養支援診療所開設を阻害しない方法を模索し、留萌市立病院に隣接する場所での開設という代案を提示しましたが、家庭医を派遣する北海道家庭医療センターには「大病院の付属のような印象を与え、医師のモチベーションが下がる」という理由で受け入れられませんでした。

その後は有効な打開策もなく、ついには留萌市から「医師会の反対があろうと強行する」という通告を受けるに至りましたが、その後、北海道家庭医療センターの判断により、家庭医派遣は中止となりました。
病診連携に反し、医療連携体制の確立を阻害します
位置付けが曖昧です(誰が管理するのか)
目的が曖昧です(医師不足や赤字の解消になるのか)
最後に
* 参考資料
留萌医師会が提示した案

皆様のご意見をメールにてお聞かせください。
全てのメールにはお答えできない事と、メールの
内容を公開する場合がある事をご了承ください。

留萌医師会ホームページに戻る