留萌医師会は、なぜ旧萌明荘での在宅療養支援診療所開設に反対なのか

項 目 説 明
概要 留萌市が行う留萌コホートピア構想の中に健康の駅があり、この健康の駅に在宅療養支援診療所があります。つまり在宅療養支援診療所は留萌市や留萌市立病院の管理下・管轄下にあるものと考えられます。

しかしながら、平成20年12月5日付の北海道新聞の記事に記載されているように、家庭医を派遣する北海道家庭医療センターは「大病院の付属のような印象を与え、医師のモチベーションが下がる」という理由で、留萌医師会が提示した留萌市立病院に隣接する場所での開設に難色を示しました。

留萌市や留萌市立病院の管理下・管轄下にあるならば、それは留萌市立病院の付属であり、「付属のような印象」はむしろ当然の事と考えられ、難色を示す理由にはなりません。そうではなく、留萌市や留萌市立病院から独立した機関であるならば、いかに留萌市や留萌市立病院が周辺の医療機関への影響が出ないような管理をすると言ったところで、独立した機関を管理する事など不可能と思えますし到底信用できる内容ではないと考えます。

家庭医の派遣は魅力ある事業で希望する自治体はいくらでもあるでしょう。財政難と医師不足に喘ぐ留萌市や留萌市立病院と、引く手あまたの北海道家庭医療センターとの力関係は明らかでしょう。

今回、留萌市や留萌市立病院の強い意向とは無関係に、あくまでも北海道家庭医療センターの意向により家庭医派遣が中止された事は、図らずも両者の力関係を証明する結果となりました。

北海道家庭医療センターは、家庭医療の実践、家庭医の育成、家庭医療発展への貢献を行う機関ですが、あくまで民間の医療法人であり、公の研究教育機関ではありません。

この民間の医療法人が、あたかも「公の機関」というイメージで(北海道家庭医療センターがこのイメージを望んだとは考えていません。むしろ留萌市や留萌市立病院にとっての市民に説明しやすいイメージと考えています)、しかも地元医師会との軋轢よりもモチベーションを優先して、必ずしも留萌市や留萌市立病院の管理・管轄下ではなく独立した機関として開設されるならば、これに危機感を持たない医師会は存在しないでしょう。
病診連携に反し、医療連携体制の確立を阻害します
位置付けが曖昧です(誰が管理するのか)
目的が曖昧です(医師不足や赤字の解消になるのか)
最後に
* 参考資料
留萌医師会が提示した案

皆様のご意見をメールにてお聞かせください。
全てのメールにはお答えできない事と、メールの
内容を公開する場合がある事をご了承ください。

留萌医師会ホームページに戻る