留萌医師会は、なぜ旧萌明荘での在宅療養支援診療所開設に反対なのか

項 目 説 明
概要

旧萌明荘におけるコホート研究には基本的に賛成であり、特定健康診査等の関連事業にも協力しますが、旧萌明荘での在宅療養支援診療所開設については家庭医派遣の有無に拘らず反対です。しかしながら、留萌市立病院内、門前、もしくは、既にその役目を終えた「准看護婦から正看護婦への移行教育施設」を利用した留萌市立病院に隣接する在宅療養支援診療所開設については、これが施設基準をクリアしているものならば反対しません。

留萌市立病院内もしくは隣接した開設が望ましいと判断する理由
家庭医は、疾病臓器・患者の性別・年齢・その他医学的技能の専門性にとらわれず、患者ならびに地域住民の健康問題に対し幅広く対応できる医師である。
留萌コホートピア構想では、家庭医療の専門家を目指す若い医師たちに、コホート研究を通じて、work-based learning(研修)と work-based investigation(研究)の機会を提供し、その支援を行ってくと謳っています。
その活躍する場は、基幹病院から離れていても問題はないのですが、家庭医を目指す医師が研修する場所は、基幹病院から近い方が好都合であると思われます。
その理由は、家庭医を目指す医師が基幹病院に患者を紹介した際に、そこで行われる検査や診断、治療に関するカンファレンスへ出席することが容易となり、基幹病院からの助言や依頼事項を直接その後の診療に反映することができるからです。
家庭医に従事する様になると、このようなカンファレンスに出席することは困難であると思われ、研修時に参加する機会を多く設定することにより地域住民の健康問題に責任をもって従事できる家庭医に成長できる事と思われます。しいては患者中心の医療をおこなう事に繋がります。
コホートピア構想は、コホート研究、家庭医療、研修医等の育成と大変すばらしい計画です。その計画を、より充実させていくためにも基幹病院である留萌市立病院の近隣に設置することが望ましいと考えております。
24時間在宅支援を行うにあたって、緊急入院等を考慮した場合、留萌市立病院内もしくは隣接した開設が合理的と考えます。
病診連携に反し、医療連携体制の確立を阻害します
位置付けが曖昧です(誰が管理するのか)
目的が曖昧です(医師不足や赤字の解消になるのか)
最後に
* 参考資料
留萌医師会が提示した案

皆様のご意見をメールにてお聞かせください。
全てのメールにはお答えできない事と、メールの
内容を公開する場合がある事をご了承ください。

留萌医師会ホームページに戻る