神奈川県伊勢原市にある健康整体院>天津堂整体院>首・肩・腰の痛み・疲れ・痛み



トップページ当院について施術について施術料金アクセス
施術について

【当院独自の施術手法】
 
 中国推拿と整体療術を融合させた当院独自の施術方法で症状にアプローチします。

 痛みの原因が骨格の歪みか、筋肉の異常かを見極めた上で、適切な施術を行います。

 ※原則として、強い痛みの症状の方は必ず医療機関への受診をして下さい。
 ※妊娠中の禁忌を踏まえてマタニティ整体も対応しています。



 特に症状に悩まされてきた方はすぐにでも改善させたいと思われていることでしょう。

 これまでの症例では改善する経過は多様です。

 辛い症状は早期改善を目指していますが、施術を受けられる方の中に、
 1度や2度の施術でも症状が残ってしまう方がいらっしゃいます。

 個人差もあるのですが、すぐに症状が改善しない場合、理由があると思います。

 例えば、切り傷や擦り傷は、傷口が塞がり、かさぶたがはがれ、元の皮膚に戻るまでにどれくらいかかるでしょうか。

 筋肉の痛みの症状は、その筋肉が痛みを自己治癒できない状態にあります。

 当院で行うのは筋肉の調整を行い体を整えることです。


 擦り傷や切り傷と同じように、筋肉も自己治癒するためには「時間」が必要なのです。


 もし、生活習慣のなかで、施術により改善しかけた症状が、自己治癒する前に過度の負荷をかけた場合、
 また自己治癒できない悪循環に戻ってしまう場合があります。


 例えれば、傷口が治りかけているのに、その上からまた擦り傷を作るように。


 体に負担がかかりやすりお仕事をされている方や運動を趣味として取組まれている方
にこの傾向が見られます。

 そのため、初回の施術後による症状の変化を見て、当院で適切な施術間隔を提案させて頂いております
 特に病院での検査で異常が無いのに痛みが出ている場合は、当院の施術で改善するケースが多く見られます。

※痛み等の原因が、内臓系(胆石・尿管結石・腎臓結石・子宮筋腫・子宮内膜症・過敏性腸症候群など)由来の場合も考えられます。安静を保てないほどの激痛の場合は直ちに医療機関で受診して下さい。

※解剖学的な変形による痛みの症状については改善に時間がかかります。


 施術の流れ
  【痛みの確認】
  @どの部位が辛いのか、用紙に記入していただきます。
  Aどのような可動で痛みがあるのかをチェックします。
  B触診などを行い、筋肉の状態を確認します。

  【施術】
  @痛みに関連する部位の他動チェックを行います。
  A体のバランスを整えます。
  B施術には様々な手法がありますが、どのアプローチが有効か決定し、施術を行います。

  【術後のチェック】
  施術を行った部位にどのような変化があるかをチェックします。

  ■施術の効果には個人差があります。

  ■医療機関等でも改善されない重症の症状の方に関しては、施術前後の状態を動画撮影させて頂く場合がありますのでご理解下さい。

  ■安静状態でも強い痛みが出ている場合は、直ちに医療機関で適切な検査を行ってください。

  ■早期回復に努めますが、疲労が蓄積し、痛み、痺れに至り、悲鳴をあげた身体が、たった1度の施術で全ての問題が解決できるほど簡単ではありません。術後の症状の変化を知り、術後の症状の変化をチェックし、改善の計画を立てながら症状改善に一歩一歩近づいていくものであるという事をご理解してください。また、この症状をきっかけに、ストレスに強い体作りをして下さい。



  過酷な生活習慣から抜け出せない方は、どこか1ヵ所の疲労という事ではありません。

  筋肉の疲労は深層に達した場合、薬を張ったり、塗ったり、飲んでも改善しないというレベルの疲労を抱えてしまいます。

  こうなると、寝ても疲れが取れず、疲労はどんどん溜まっていきます。

  その悪循環から抜け出すためには、しっかりと時間をかけて体をメンテナンスする必要があります。



 本当に大切なのは痛みを改善した後のケアです。

 再び辛い痛み起こさないように当院でしっかりサポートいたします。

 一度施術を受けられて改善した症状が元に戻らないというのが理想ですが、
 体に対する負担が強い場合はどうしても再発してしまいます。

 肉体的な負担となる原因を取り除ける方は良いですが、
 ほとんどの方はその環境と向き合って生活していかなければなりません。

 ご自身の大切なお体と向き合う時間を作って頂くようご提案しております。

 また、必ず施術後、術者から施術して気付いた点などをお伝えしますので、日頃の生活に活かして下さい。

各症状への対応

■慢性的な腰痛・肩こり
 生活習慣により、腰・肩を酷使されている方は、筋肉の疲労により周辺の痛み、だるさ、張り、むくみなどがよく見られます。痛む部位を中心に周囲の筋群をほぐすことにより、症状が軽減していきます。このような方は定期的に通われる事をお勧めします。

■ぎっくり腰
 骨盤・筋肉の調整を行う事で、生活に支障が無い程度まで改善する事が可能です。

 急性期(熱を持っている初期症状)は、冷やしてください。湿布ではダメ。アイスノンで患部を冷やす。冷やし過ぎず、気持ちよい程度に。

 患部の熱感が軽減してから施術を行います。

 ※ただし、内臓系(胆石・尿管結石・腎臓結石・子宮筋腫・子宮内膜症・過敏性腸症候群など)由来の場合、医療機関での受診が必要です。
 腰が痛くて動けない方には出張サービスも行っておりますので是非ご利用下さい。

■肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)
 なぜこのような症状が発症するのかは明らかにはなっていないようです。肩は他の関節にはない可動性を持っています。

 その肩を様々な筋群が関与して正常な可動を実現しています。

 可動域が広く、関節の接合部は筋肉や腱により構成されているため、極めて不安定です。筋肉を酷使したり、関節に衝撃を与える事がその発症のきっかけとなるケースがよく見られます。痛みには個人差があります。

 発症してすぐ、痛みのもとになっている硬い筋肉をほぐして1回で完治してしまう場合もありますし、炎症が強い場合、ほぐす事により痛みが増してしまうケースがあります。半年から1年以上痛みに耐え、充分に動かせなかった筋肉は柔軟性を失い、可動性が制限されます。

 この時期の痛みは急性期の痛みとは違い、筋肉をほぐし、可動域を広げる施術を行う事により症状を徐々に緩和する事ができます。

 また、肩の痛みが他の筋肉が影響からきている場合もあります。その筋肉を特定し、施術することで痛みが緩和するケースもあります。

ポイントは発症の時期や質により施術による回復の仕方が違うという事です。

■膝痛
 膝関節を酷使されている方、加齢によるものが多くみられます。
 
 膝の可動に関する筋肉を充分にほぐすと同時に、筋肉の衰えを防止するために可動運動を行います。

 膝痛は痛みの恐怖心から動かすのが億劫になり、筋肉が衰えたり、その事が運動不足をまねき、
 体重過多となり、膝への負担が増大してしまうという悪循環に陥りやすくなります。

 膝への負担を軽減するために筋群のトレーニングを取り入れて、筋力を増加することにより、
 その悪循環を乗り除く事が症状改善のポイントだと考えています。

■マタニティ整体
 妊娠中の辛い症状に対して、禁忌を踏まえて効果的な施術を行います。
 お悩みの場合は一度ご相談下さい。






【お問合せ】 天津堂整体院 〒259-1114 神奈川県伊勢原市高森7-1-11 電話:0463-91-7700
トップ | 当院について | 施術について | 施術例 | 施術料金 | 受付・アクセス | 中国天津 | 短期留学のご案内 | 介護予防教室(秦野市) | 関連リンク
Copyright (c) 2002 tensindo. All Rights Reserved
天津堂整体院