画像をクリックすると拡大します。
PUZZLE17【Four の下(もと)の平等】
【補足】
地を大理石風にしましたが、特に意味はありません。境界線が灰色で分かりにくいかもしれませんが、作ったときの見た目を良くするためです。ご容赦ください。
前半の解は36解で、その中で後半の解は2解。

PUZZLE16【収納上手2】
【補足】
収納上手1よりは簡単だと思います。枠外に正方形ピース(説明文の左)がはみ出しているのでそれをお忘れなく。

PUZZLE15【あいこで、しょ!】
【補足】
解は3個あり、すべてピース配置(収まる形)が違います。3個とも見つけてください。言うまでもないと思いますが、
・2ピース間で『あいこ』になるのは≪同じ手≫のみ。
・3、4ピース間での『あいこ』は≪同じ手≫または≪3種類ともある≫。

PUZZLE14 【キャンバスは正方形】
【補足】
今回はどの問題もユニーク解ではありませんが、ピース数が多いので難しいと思います。なお、問題の順番は難易度とは無関係です。
裏返しありの問題をやる場合は、表が黒の部分は裏も黒で塗ってください。

Puzzle13 【『くっつちゃダメ』ヘキサ】
【補足】
正三角形を6個つなげてできる形をヘキサモンドといいます。ペントミノと同じ12種類のピースですが、形が複雑なので難しく感じるかもしれません。
申し訳ないですが裏返しありにしました。裏を塗るか、グラフィックソフトで裏返して印刷した物を張り合わせるなどしてピースを作ってください。色つき発泡ボードに貼り付けてピースを作るのもいいと思います。2問ともユニーク解。
PUZZLE12 【ペントミノに憧れて1】
【補足】
PUZZLE8【独りにしないで!】の発展形です。同じ色の連続を1ピースと見なしてください。同じ色のペントミノが辺で接してはいけません(頂点はOK)。また、ペントミノの形がすべて違うようにしてください。
PUZZLE11 【まだらのループ】
【補足】
ピース数は多めですが、『隙間なし』『裏返しなし』『ピースの形は全部同じ』『ラインは2色』なので難しくはないと思います。ただ、やっているうちに【問題1】と【問題2】のルールをゴチャマゼにしないよう気をつけてください。


【問題1】の解は6個
【問題2】の解は1個

です。
PUZZLE10 【収納上手1】
【補足】
裏返しありで、重ねずに詰めればOK。それ以外にルールはありません。ピースは線の部分は全て切ってください。どのピースもペントミノの3カ所をカットした形になります。ある程度厚みのあるモノでやってもらう方が遊びやすいでしょう。お勧めは発砲ボード。私は100円ショップにある発砲ボードを使っていますが、加工もしやすく、遊び心地も悪くありません。
PUZZLE9 【ANY8】
【補足】
エニー エイト…「どの8個でも」ということです。
今回は『裏返し』ありにしたので、ピースに色を付けませんでした。どの8ピースにも解がありますが、ピースの選び方によって解の個数が違います。解の個数が1個である8ピースもあるのでそれはちょっと難しいかも(ABC…の順番とは無関係です)。もちろん、ABC…の文字が同じ向きになる必要はありません。
 PUZZLE 8 【独りにしないで!】
【補足】
今回はいつもより簡単のはず。 
問題1は複数の解があります。問題2〜4はそれぞれユニーク解。

PUZZLE7 【蛇家族の引越】
【補足】
今回は色は関係ありません。とにかく7ピースを枠内に重ならないように入れてください。もちろん、隙間は空きます。ピースを斜めにしてはいけません。例によって裏返しもなし。
※白い部分は空白で、蛇ではありません。念のため。

『蛇家族の旅行』(別枠)
【補足】
もちろん、『蛇家族の引越』の7匹の蛇を使ってください。
長方形でない2泊目・3泊目の方が、制限がある分やりやすい
かも。
 PUZZLE6 『くっついちゃダメ』ペンタPlus
【補足】
正方形5つで形成されるピースをペントミノといいます。
『同じ色のピースが辺でも頂点でも接しない』という条件で敷き詰めてください。2問ともユニーク解。

 Puzzle5 【358パズル2】
【補足】
今回はギザギザの枠に入れてもらいます。358パズル1と同じ9ピースですが、ちょっと感じが違うかもしれません。さらに、4ピースを選んで小さいギザ枠に入れてもらいます。2問ともユニーク解。
【358パズル2】パワーアップキット
358パズル2が終わった方のための追加パーツです。計16ピースを枠3に隙間なく詰めてください。ユニーク解です。
PUZZLE4 【ThinkinG time】

【補足】
「Think」のピースが赤・黄・水色の3種類あります。同じ色でタイトルが書いてある「G」の中に入れてください(黄色は2問)。ピースを裏返してはいけません。
もちろん隙間は空きます。パズルとしては簡単、「言葉遊びだけ」という感じです。

PUZZLE3 【『くっついちゃダメ』テトラ】
【補足】
正方形4つで形成されるピースをテトロミノといいます。
『同じ色のピースが辺でも頂点でも接しない』という条件で敷き詰めてください。
解は回転を除いて1つしかありません。
358パズル1 パワーアップキット
【補足】
358パズル1が終わった方のための追加パーツです。計16ピースで一周り大きい正方形を作ってください。

PUZZLE 2 【『私も入れて!』パズル】
【補足】
もちろん、ピースは重なってはいけません。
358パズル同様、紙でやってもらってもいいですが、円柱や球を接着剤でつなげてそれに合わせて枠を作るのが遊びやすいでしょう。
PUZZLE 1 【358パズル1】
クリックで拡大 【補足】
プリンタには「イメージデータ補正」等の名前で、ギザギザを軽減する機能があると思いますので、それを有効にすると綺麗に出力されます。色が不必要なら、グラフィックソフトで白に塗り潰してからプリンタ出力してください。厚紙に貼ってから切ると遊びやすいでしょう。