Vladimir Nabokovについて1997年以降に書いたものを集めてあります

論文 (1997〜)

An Agent Narrating: Nabokov's "A Slice of Life" (1997)

反復と両義性――Mary再考 (1999)
『中部アメリカ文学』2号 31−45頁

Jeff Edmunds氏による英訳 Repetition and Ambiguity: Reconsidering Mary ZEMBLA, criticismに掲載(2005)


死と隠蔽−Transparent Thingsを中心に (1999)
『英語青年』11月号 20-22頁 

映画Lolitaとアメリカ (1999)

Boundary-Crossings in Glory and Transparent Things (2000)

Pninにおける侵犯と融合 (2003)
『中部アメリカ文学』6号 1-11頁

Humbert HumbertとNorman Rockwell―映画Lolita(1997)の功罪を再考する (2004)
『南山短期大学紀要』32巻39-60頁

物語の地下水脈―Transparent Things (2005)
『南山短期大学紀要』33巻91-112頁

物語の地下水脈―Transparent Things II (2006)
『南山短期大学紀要』34巻1-20頁

ロリータと姉妹たち(2008)
『英語青年』4月号 8-13頁 

薔薇とトパーズ ―Lolita: A Screenplay (2008)
『南山短期大学紀要』36巻3-30頁 

Some Subtexts Hidden in Nabokov's Transparent Things(2009)
Ivy Never Sere pp. 215-30

A Failed Reader Redeemed: "Spring in Fialta" and The Real Life of Sebastian Knight (2009)
Nabokov Studies vol.11 2007/2008 101-125頁
*Project MUSEと契約している図書館からは全文が読めます。Abstractはフリーです。

見えないユダヤ人―半世紀後に読む『ロリータ』 (2009) 『南山短期大学紀要』37巻45-67頁 

Some Spiritual Subtexts Hidden in Transparent Things(2010)
Revising Nabokov Revising: The Proceedings of the International Nabokov Conference pp. 169-74

「心霊的サブテクストを透視する―『透明な対象』」(2011)
『書きなおすナボコフ、読みなおすナボコフ』(研究社)120-32頁

The Last Muse Escapes the Text (2011)
Special Cluster: The Original of Laura
Nabokov Online Journal Vol.5 

「見える亡霊、見えない亡霊―ナボコフの異界と父たち」(2012)
『亡霊のアメリカ文学―豊穣なる空間』(国文社)112-125頁

「消えるディストピア、復元される生―ナボコフの越境」(2012)
『境界線上の文学』(彩流社)177-195頁

Ada or Ardor Aquatically--水の主題で読む『アーダ』 (1969) 」(2014)
南山大学紀要『アカデミア 文学・語学編』第97号 21-48頁

"Narrating her own absence: the narrator and protagonist of 'A Slice of Life'" (2016)
Women in Nabokov’s Life and Art (Critical Perspectives on English and American Literature, Communication and Culture) (Peter Lang) 177-195頁

「潜在と顕在―ナボコフにおける父の形象」(2016)
『英米文学における父の諸変奏―安田章一郎先生百寿記念論集』(英宝社)153-177頁 


「自らの不在を語る―"A Slice of Life"の語り手兼主人公」(2018)
『南山大学短期大学部紀要』終刊号(第39号)43-60頁

「Do Replicants Dream of Zembla? : Blade Runner 2049試論(2019)
『アカデミア』文学・語学編 第105号 55-82頁



研究ノート (1999〜)

Angels on the Planks: The Workmen in the Two Scenes in Mary (1999)

半世紀後の「最終証言」--Conclusive Evidence 第16章 (1999)

Wittgenstein Echoes in Transparent Things (2000)

Rose and Aquamarine: Liza in Pnin (2002)

「参考書」としての翻案― Lolita:A Screenplay (1974)
「『翻訳』の諸相」研究会ニューズレターTRANS 第17号 (2005)

「プーシキンの外国語とナボコフの奇妙な関係」
京都大学大学院文学研究科 『「ナボコフ訳注 『エヴゲーニイ・オネーギン』」注解』(388-393頁)(2007)

"The Strange Case of Pushkin as a Polyglot and Nabokov"
京都大学大学院文学研究科 『「ナボコフ訳注 『エヴゲーニイ・オネーギン』」注解』(434-439頁)(2007)

「見えないユダヤ人」(2009)
『Apied』第15巻 29-31頁

書評 Leland de la Durantaye, Style is Matter(2009)
『KRUG』第2巻 65-68頁 

『ローラ』をめぐる欲望―遺作が姿を現すまで
『KRUG』第3巻 31-39頁 (2010)
若島正訳『ローラのオリジナル』(作品社)解題 191-205頁 (2011)

書評 Leona Toker, Nabokov: The Mystery of Literary Structure(2017)
『KRUG』第10巻 22-27頁 



報告など (1999〜)

日本ナボコフ協会設立大会シンポジウム報告要旨「失敗する読者」 (1999)

ペテルブルグ Nabokov 101 ― ボイド、ドリーニン教授のセミナー報告 (2003)

第2回研究会「文献解題:Priscilla Meyer, “ Lolita and Onegin: America and Russia”」「『翻訳』の諸相」研究会ニューズレターTRANS 第2号 (2003)

第5回研究会 「テキスト輪読:Alexandr Pushkin. Eugene Onegin. Translated from Russian with a Commentary, by Vladimir Nabokov. Princeton University Press. 1975.」 範囲:第1 歌第34 連から第48 連まで」 「『翻訳』の諸相」研究会ニューズレターTRANS 第5号 (2003)

"On Chapter 1 Stanza 34-48" 「『翻訳』の諸相」研究会ホームページ (2003)

第18回研究会 「テキスト輪読:Aleksandr Pushkin. Eugene Onegin. Translated from the Russian, with a Commentary, by Vladimir Nabokov. Princeton University Press, 1975.」範囲:第8歌第1連から第14連まで」「『翻訳』の諸相」研究会ニューズレターTRANS 第18号 (2006)

"On Chapter 8 Stanza 1-14 "「『翻訳』の諸相」研究会ホームページ (2007)

(国際学会報告)"Nabokov Upside Down: International Vladimir Nabokov Conference, University of Auckland 2012" KRUG第6号  (2013)

BB comments & discussion

ZK comments & discussion

AN comments & discussion

Q & A




Nabokov以外のテーマで書いたものです

See also (1998〜)

Ambivalence and Ambiguity: Motherhood/Femininity and Fatherhood/Masculinity in Mirror (1998)

「映画『鳥』(1963)の多義性」(2014)
南山大学紀要『アカデミア文学・語学編』第95号