銀行における過剰貸付その他顧客に関する問題について



昨今、銀行との取引に対して釈然としない思いや不信感を持っている利用者も多いものと思われます。 銀行法12条の2第1項では顧客に対する説明責任が明記されています。(金融庁のホームページで主要行向けの総合的な監督指針等も参考にしてください。) 顧客に対する説明責任は銀行と顧客の間の取引について事実確認をする有効な手段です。 もしあなたが必要としているのであれば不審点について「情報開示請求」もしくは「質問状」などのタイトルで文書として銀行に対して照会する手段があります。

碓井雅也行政書士事務所へのメッセージはこちらから
碓井雅也事務所のトップに戻る


碓井雅也事務所 〒328-0074 栃木市薗部町2-21-21
TEL・FAX0282-23-6377
メール usui-ma@ruby.plala.or.jp