面接自己PR攻略-学生時代に頑張った事


面接ではよくある質問の1つが、「学生時代に頑張った事」です。
エントリーシートでも記入を求められる事は多々ありますので、必ず準備しておくようにしましょう。
作成方法は自己PRと同じです。構成も自己PRとほぼ同様です。
  1. 私が学生時代に頑張った事は○○です。
  2. □□の際には、△△を達成した。
  3. この経験から●●を学んだ
簡単にポイントを解説しましょう。
  • 頑張った事の内容(○○のところ)は他の人が経験していないような事の方が目立っていい。
    インパクトがあれば以降の内容も興味深く聞いてもらえる。
    ただ、課外活動等の一般的な内容でも2段目次第でどうにでもなる。
  • 2段落目で印象が大きく変わる。課外活動等の平凡な内容の場合はここが重要。
    ここでは、すごいトラブルがあったけれど、あなたが努力したから解決しました・・・という事を書くのがいい。
    ここで大切なのは、誰でもできそうな事ではなくて、あなただからできた事を書く事。
    悪い例は、「困難な事をインターネットや文献で調べて解決に導いた」といった内容。
    インターネットや文献で調べる事は誰でもやる事なので全然PRになりません。
     
注意する点は自己PRと同じです。 間違った自己PRを参考にして下さい。
HOME  |  面接攻略 | 自己PR攻略 | 志望動機攻略 |  よくある質問と回答例  | 転職の面接対策


[関連サイト]
転職求人サイト人気比較レポート転職エージェント体験レポート(評判・口コミで比較)転職エージェント比較おすすめ表(総合評価で比較)

AfterSeasonの面接講座〜よくある質問と回答例 / お問い合わせ先
Copyright (C) 2001‐2013 After Season All Rights Reserved