内定承諾書・内定辞退

添え状・お礼状の項目とはやや内容が異なりますが、
ここでは、内定を取得した場合に記載する内定承諾書、また、内定を辞退する場合について紹介していきます。

内定承諾書とは


内定を頂いてから、ほぼ100%書かされる書類です。
これが非常にやっかい!本命企業ならいいのですが、滑り止めの企業の場合困ってしまいます。
内容は「正当な理由以外は必ず入社します」ってな感じです。
形式は企業によっては異なりますが、企業が学生の束縛するためのものです。
企業にしてみれば時間をかけて優秀な学生を獲得したわけですから、違う企業に行かれてはいたいことです。
それにまた新しい学生を確保するために時間をかけなくてはなりません。
そのために書かせる書類だと思って頂ければいいと思います。

当然、この内定承諾書を返送する際には、添え状・お礼状が必要となります。
内定を承諾する場合は、今までの選考に対する御礼、また内定の喜びを記しましょう。


内定辞退の方法


ここで湧いてくる疑問は、

「この内定承諾書を書いたら必ず入社しなければならないのか?」 
答えは「No」です。
法的にはなんの強制力ないようです。
ただし、研修等を終えてから辞退した場合、損害賠償どうのこうのという話も聞いたこともあります。
まあそういう話はほとんどないということなので、心配しなくてもいいのではないでしょうか。
実際私もかなり内定辞退しましたよ。
補足:法的には入社2週間前なら内定辞退できるそうです。それを過ぎると賠償金などの話になるそうです。 


もうひとつこの内定承諾書がやっかいというのは提出期限がけっこう早めに設定されていること。
だから本命の結果が出るまでに提出しなければなりません。
先の答えが「No」なら問題ないのではと思われるかもしれませんが、書類を書いたからにはやっぱり断りにくいのが現実です。では・・・・

「どうやって断ればいいのか?」


理想的なのは
  1. 企業に電話し辞退の意思を伝え、後日時間をとってもらえるようお願いする。

  2. 企業へ足を運び、人事の方とお話をする。

  3. 後日、内定辞退の手紙を出す。
というのが一般的かな。実際私はどうだったかというと、電話で済ませていました・・・。
でも約束を破るのはこちら側なので、礼儀を守って誠意を見せるのが本来の姿です。覚えておいてくださいね。
それと内定をいくつもキープしないように!
早め早めに辞退すれば企業も対応しやすいし、その企業を本命にしている他の学生が内定とれるかもしれませんしね。
何より早めのほうが簡単に断れますよ〜。 

さてちょっと番外編です
この内定承諾書を逆手にとって面接結果を早く知ることができる時があります。
「A社から内定を頂いており、内定承諾書を○×日までに郵送しなければなりません。
私は御社が第一希望なので、もし結果が決まっておりましたらお教え願えないでしょうか?」っ
というような表現をすれば、内定が決定している場合はたいてい教えてもらえます。

<注意>
世の中にはいろんな企業があります。
私が志望したのはわりと世間一般で認知されているところばかりです。
中には品のない企業もあるかもしれません。
そういう企業の内定を辞退される場合は、もしかしたらとんだトラブルに巻き込まれる可能性もないともいえません。
内定辞退される場合一度就職課に相談されることをお勧めします。
INFORMATION

会員専用ページ
  • 面接データベース
    自己PR400例を含む2,000例
  • 添え状・お礼状データベース
  
 
 
おすすめ