お礼状・添え状の書き方

お礼状とは


説明会や面接の後に「わざわざお時間をとって頂きありがとうございました。」
という感謝の気持ちを込めて出す手紙のことです。
結論から言うと出さないよりは出す方がいいです。
私は特に意識はしてませんでしたが、添え状を書く際にお礼の言葉を込めていました。

添え状(カバーレター)とは?


添え状というのは企業に履歴書、エントリーシートなどなんらかの提出物を郵送する際に添える手紙のことです。
この添え状は必ず必要です。これから社会人となる人間にとって常識と思ってもらってもいいと思います。
だから添え状を書く必要がないときはお礼状らしきものは書いていません。

なぜこの添え状が必要かというと・・・


企業からしたら見知らぬ人からいきなり履歴書が送られてくるわけです(まぁ就職活動シーズンなら別になくても分かって頂けますが・・・)。当然この人誰?って思うでしょ。
だから、「〜大学の〜というものです。御社に興味があります。〜を提出します」と一言添えるわけです。
こうすることで、どういう理由で送ってきた書類であるということが分かってもらえるでしょ。
添え状の必要性をご理解していただけたでしょうか? 

添え状を出す機会は多々あります。 

 ■説明会の後にエントリーシートを貰ってそれを提出する時に添え状をつける

 ■健康診断書を提出する時に添え状をつける

 ■成績証明書を提出する時に添え状をつける

 ■履歴書を提出する時に添え状をつける

特に健康診断書、成績証明書は学校によって発行される時期が異なるので、「発行され次第郵送して下さい」という場合がよくありました。
ちなみに、一回書いた 添え状・お礼状はパソコンにでも保存しておくと便利!使い回せるからね。

話はもどりますが、私はこういう機会に説明会の話を聞いて・・・、♪♪♪、○○○と感じました。ありがとうございます。
のようなお礼状(添え状)を送付してました。
私の場合”ついで”という気持ちが大部分でしたが、
「ありがたく思ってどうしてもお礼を言いたかったから書面であいさつしました」というのがお礼状の本来の姿です。
一応覚えておこうね。

 参考までに私が書いたお礼状(添え状)の一つを載せておきます。 

平成12年3月30日

After Season株式会社 
   採用担当 ららら様 

※※大学?学部○学科
三回生 ZIKIRU 

拝啓 春めいてきました今日この頃、貴社におかれましては、ますますご発展のことと存じます。 
 先日は会社説明会に参加させていただき誠にありがとうございました。
 ○○業界は他メーカーも参入し、さらにシェアの獲得が難しくなると思われます。しかし、新しい事をやっていこう、変わっていこうとする考えや、小売りのことも勉強しようとする積極的な姿勢は、この激戦を勝ち残るにふさわしい企業であると感じました。 
 私は会社選びのポイントとして、現状に満足せずに永久に夢を追い続ける企業に重点を置いています。そして、私もその中に身を置き、目標に向かってキラキラ輝き続けたいと考えております。貴社には他の企業以上にそのエネルギーが強く感じられ、非常に興味を持っております。
 つきましては貴社の一員となり思う存分力を発揮したい、そして自分を高めていきたいと思いましたので、履歴書を同封させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。  
 末筆ながら貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。 

敬 具 


私はこんな感じで添え状(お礼状)書いてました。
他にも色々書きましたがこれが一番無難だと思います。
みなさんもオリジナリティーあふれるお礼状・添え状を考えてみてね。
INFORMATION

会員専用ページ
  • 面接データベース
    自己PR400例を含む2,000例
  • 添え状・お礼状データベース
  
 
 
おすすめ


↑クリックで添削専用ページへ

自己PR、エントリーシート、履歴書等の添削サービスの紹介です。
ココナラというサイトでは、添削を受け付けているフリーのキャリアカウンセラーや採用担当者等が有償で添削を受け付けています。過去に添削依頼した方の感想なども掲載されているのでそれらを参考に依頼するといいと思います。
価格は依頼内容次第ですが、500円〜3,000円程度が多いようです。
それほど高額ではないので、こういったサービスも有効に利用されてはいかがでしょうか?
自分1人で考えて悩むより効率的です。