キャリアパーク
いつまでか分かりませんが・・・
56ページにもわたるSPI対策ガイドが無料で
もらえる(スマホで見れる)。
他にも人気企業100社分のエントリーシート
を無料プレゼント。
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら
[目次]

必要なPRの種類~自己PR・頑張った事・長所など~

就職活動では自分をPRする機会がたくさんあります。どれだけPRを用意すればよいのか?を解説します。

 

就職活動では、様々な質問がエントリーシート、面接などで問われます。それでは、一体何種類の自己PRを用意すればよいのか?という事になりますよね。一概に○種類です!と断言するのは難しいのですが、私は4種類以上かなと思います。

 

就職活動で必要となる自己PRの種類

といったところでしょうか?学生さんからのよく受ける質問に、「複数の質問に対して、同じテーマでの回答をしてもいいのですか?」とあります。答えは、”同じテーマでの回答はしない方がいい”です。異なるテーマで話をする事は自分の長所をそれだけ多くPRできることになるからです。

反対に全ての質問に対して、クラブ活動話だけをしていては、「クラブの話はさっき聞いたよ。退屈な学生だなぁ」と思われる危険性があります。よって、複数のネタを用意するようにしましょう。それじゃあ、私はどれだけのPRを用意していたかと言うと・・・


私が用意したPRの種類

自己PR用
パソコンの勉強(資格)の話

学生時代にがんばったこと
1.クラブ活動の話
2.大学の研究室の話

長所・短所
1.バイトの話
2.クラブ活動の話

のようにです。クラブ活動ネタが2つありますが、状況に応じて使い分けておりました。私は、各質問を想定して回答(話)を用意していましたが、仮に困難な事を乗り越えた経験は?という質問を受けた場合は、学生時代に頑張った事で考えたクラブ活動話か研究話を、少し改造して発表すればいいのです。

複数のPRを用意することで、様々な質問にも対応でき、話すネタがないという状況に陥る事はありません。自己PRの作成だけでも大変ですが、面接に備えて複数のPRを考えておきましょう。