Future Finder
150問の質問(選択式)の本格的な自己分析ツール。
分析結果から自己PR作成も誘導してくれる!
自己PR作成にも有効です。
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら
[目次]

履歴書の書き方(項目毎に解説)

履歴書は言うまでもなく、絶対に提出します。とにかく他の学生が書かないような履歴書を書く方が目立って良いと思います。一次面接で履歴書を提出する時は、面接だけじゃなくて履歴書で書類選考されているように思えました。

だからできるだけ早い時期に基盤を作り、以後少しずつ改善していくのが良いと思います。それと企業側から見てこの学生と話してみたい、ぜひ欲しいと思わせるような内容を書かないとだめ。難しいけどね。

履歴書は学校指定のもがあると思うのでそれを使ってください。なおこの項目では私の学校の履歴書をもとに解説していきますのであしからず。

[履歴書の項目]

大学によって、項目は異なると思いますが、概ね以下のような内容かと思います。

 

卒業研究

卒業研究の内容は就職活動が始まる前には決まっていない ケースがあります。だから、教授のところへ行って相談する方が好ましいでしょう。はっきり決まってなくても、変更したらその時で人事に報告すれば問題ありません。

 

性格の長所

「向上心がある」、「明るい」、「持続性がある」、こんなんでも別にいいのかもしれないけどインパクトに欠けます。だから多少は大袈裟でも少し違う角度から考えてみるといいと思います。他人には絶対負けないと自信のあることを書きましょう。完全な嘘はばれる可能性がありますが、ちょっとぐらいのウソは全然かまわないと思いますよ ・・・。つまり誇張表現はOK。

 

趣味

これは非常に困ったところ。でも趣味・娯楽は人事が意外と聞いてくるところ。
ここで一際目立つことを書いておけば話がはずむかも。
趣味なかったら、つくったらいいし。私は無理矢理つくってスペースを埋めました。

 

資格・免許

この資格というのは意外に重要!企業訪問した時ほとんどの企業で書かされました。集団面接では資格を持ってる人には関連した質問もあり、資格を持っているとそれなりに有利になると思います。
有名な資格じゃなくてもマイナーな資格でも全然OKだと思いますよ。かえってその方が人事も興味深く聞いてくるみたいでしたしね。それと現在~の勉強中、○○取得予定っていうのは書いてもOKです。

 

学生時代を通じて得たこと

アルバイト、クラブもいいけど、学生なんだからやっぱり学業に関することをここらへんで書いてみてはどうでしょうか?自己PRや性格の長所などと内容がかぶらないように気をつけましょう。

 

志望動機

企業によって志望動機考が変わると文字数をあわせるのがめんどくさい。・・・本来は変わるはずですが。だから私はどこの企業でも通用するような文章考えてました。本命企業はもちろん別途考えてましたよ。詳細は志望動機の書き方(履歴書)にて。

履歴書を書いたら就職課へ持っていきましょう。 地盤が出来ていないうちはかなり参考になります。就職課から「こんなものでいいんちゃう」って感じの答えが出たらそこからがスタートだと思ったほうがいいです。

できるだけいっぱいセミナーに行って、話を聞いて、どんな人物が望まれるのかを考え、それに合わせて修正するのがいいと思います。私は企業からもらったパンフレットの一部を抜粋してみたりもしてました。

注意:履歴書は空白を残してはいけません。必ず最後の行までは行きましょう。空白を残すという事はそれだけPRのチャンスを逃しているという事です。