キャリアパーク
いつまでか分かりませんが・・・
56ページにもわたるSPI対策ガイドが無料で
もらえる(スマホで見れる)。
他にも人気企業100社分のエントリーシート
を無料プレゼント。
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら
[目次]

志望動機の書き方~文章の構成~

ここでは、志望動機の書き方や文章構成など、志望動機を作成する際に注意する事について紹介していきます。

 

志望動機の書き方

志望動機は自己PRと同じく、内定を取得できるかできないかにすごく影響します。志望動機を考える際はなぜ、その企業でなければならないのかを書かなくてはなりません。志望動機では、どこの企業でもやっていることではなく、

という事を明確にする必要があります(表向きわね・・・)。学生さんの立場ならよく分かると思いますが、第一希望の企業もあれば、とりあえず受けてみた企業もありますよね。企業としては、学生の選考のために一定の時間を要するわけです。当然、そこには人件費等が発生しています。内定直前、内定後に辞退しそうな学生の選考を進めるのは効率的ではありません。

よって、明らかに志望動機に内容がない場合は、その時点で落としてしまうのも1つの手段となります。選考を進めるかどうかは企業のさじ加減ひとつですが、志望順位の低い企業を受ける場合でも、とりあえず、書類選考を突破できるぐらいの内容に仕上げておく方が好ましいでしょう。

というわけで、そこそこ魅力的に見える志望動機の書き方を紹介します。ひとまず、以下のような、フォーマットを作っておきましょう。後は、○○、△△に企業の特徴を挿入すれば、とりあえずの志望動機になります。

本命企業の場合でも原則は同じです。自分の信念を記載して、応募する企業がそれを達成できる企業である事を示す事ができれば、説得力のある良い志望動機になると思います。

志望動機の構成

○○や△△が平凡過ぎると、どこの企業でも当てはまる志望動機になってしまいますので、ここにインパクトのある言葉を入れる必要があります。まあ、実際書けって言われてもなかなか難しいものです。ここでは雰囲気だけ味わって下さい。

次ページではどこから、志望動機となる内容をどこから見つけてくるのか?どのように志望動機を作っていけばよいのか?という事を紹介したいと思います。

志望動機の見つけ方へ