就活ノート
<登録すると以下の情報が見放題!>
・みんなのクチコミ(企業の選考情報)
・選考情報
・体験談
・通過エントリーシート
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら
[目次]

新卒紹介エージェントとは

「就職活動において、就職サイトで求人を探す以外に何か方法はないかな?」という方、必見!新卒紹介エージェントサービスのご紹介です。転職では一般的なサービスで最近は新卒でも活発になっています。効率的に就職活動するならこの方法はおすすめです。

 

新卒紹介エージェントのサービス

 

新卒紹介エージェントに登録後、アドバイザーと面談します。面談の中で、アドバイザー側は学生の興味・関心、スキル、学生時代の経験などを聞き、どんな会社であれば紹介できるかを判断します。

 

一方、学生側は悩みを相談することができます。「どんな業界が向いているのか」「就職活動をどのように進めれば良いのか」など自分の不安点を相談し、解消していくことで効率的な就職活動を進めることが出来るのです。

 

面談をもとにアドバイザーが学生に合った求人を紹介してくれます。アドバイザーは、各求人がどんな人材が欲しいかを把握しています。そのため、自分で探すよりも相性が良い会社と出会う確率が高くなります。

 

新卒紹介エージェントには、就職サイトには掲載されていない「非公開求人」が数多く存在するので、普段見つけられない求人と出会えます。非公開求人数が新卒紹介エージェント各社の質や評判にも影響します。これは各社とも重要視している項目です。

 

人事・経理などの募集は就職サイト上だとほとんど見かけませんが、新卒紹介エージェントだと比較的多いです。人事・経理などは1~2人の採用なので、就職サイトで多数の学生から絞るより、エージェントサービスを使い、条件に合う学生をピンポイントで集めた方が効率的というのがその理由です。

 

新卒紹介エージェントの選び方

新卒紹介エージェントを運営している会社は数多くあります。「どのエージェントが良いんだろう」「評判はどうなんだろう」と不安な方に、会社の選び方を説明します。

 

求人数と登録者数が多い大手であれば、求人数が多く幅広い求人と出会えるというメリットもある一方で、登録者が多く自分自身が埋もれたり、人気求人に対するライバルが増えたりというデメリットもあります。

 

中小では求人数は少ないので幅は狭いデメリットがある一方で、登録者が少ないので埋もれにくく、またアドバイザーとも密な連携が取れて色々とアドバイスを受けやすいというメリットがあります。自分にどちらが合うのかを比較をして検討してみてください。

 

登録後の面談方法は企業によって違います。電話で比較的手軽にすませ、その後の求人紹介に重きを置く企業もあれば、対面式でじっくりと話を聞き、しっかりと方向を定めてから求人紹介する企業もあります。

 

やりたいことがある程度決まっていて、面談よりも求人紹介をメインにしてほしいのであれば前者がおすすすめですし、逆に自己分析をしてほしいのであれば後者がおすすめです。 各企業の面談を受けた感想なども調べれば出てくると思いますので、面談の評判を調べ、自分に合った選択をしてください。

 

良い求人を紹介してもらうためには?

「ブラック企業みたいな求人ばっかり紹介された」。これはオリジナルの転職エージェントでも聞かれますが、新卒紹介エージェントを利用した学生からよく聞く声です。

 

もちろん紹介した会社に原因はあるのですが、実は学生側にも大きな原因があります。良い求人は待つだけでは紹介されません。自ら紹介してもらう工夫をする必要があるのです!

 

転職エージェントでは、転職者の質によってエージェント側が紹介する求人を独自で判断していますが、これと同じことが新卒紹介サービスでも起こっています。つまり学生の質次第で、エージェントから紹介してもらえる企業が変わるということです。

 

現実的な話になってしまいますが、アドバイザーにとって「利益になる」学生が、1番良い学生と言えます。 アドバイザーにも当然、売上目標があります。学生を内定承諾させることで初めて、アドバイザーの売上となるので、自分の売上のために内定承諾に繋がりそうな学生に良い求人を集めていきます。では、どんな学生がアドバイザーに人気があるのでしょうか。ここでは3つ紹介します。

 

 (1)第一印象の良い学生

まず「受かる可能性のある学生」というのは、非常にアドバイザーに好印象を与えます。アドバイザーが好印象をもつということは、面接官にも同様の印象を与えられるからです。アドバイザーと面談する時は、面接官と会う気持ちで明るく元気よく臨むことをおすすめします。

 

(2)面談の準備をしっかりとしている学生

アドバイザーとの初回面談は、事前に何を話すか準備しておくことをおすすめします。アドバイザーは1日多くの学生と面談をしますので、自分の考えをまとめていない学生には、時間を無駄に搾取されたと感じ、良い印象を持ちません。

 

自分はどういう強みを持っているか、どういう業界に興味を持っているかをしっかり考えておいてください。それらが分からずにアドバイザーに相談したい学生もいると思います。その場合は、自分の学生生活の経験や考え方などは話せるように準備しておくと良いでしょう。

 

(3)素早いレスポンスをする学生

アドバイザーからの電話やメールなどは、なるべく早く返すことをおすすめします。早く返すことで、学生への信頼が築かれ、良い求人を紹介してもらえる可能性が広がります。

 

アドバイザーが絶対に避けたいのは「求人先からのクレーム」です。「紹介してもらった学生がドタキャンした」などのクレームはアドバイザーとして絶対に避けたいのです!

 

普段から連絡が繋がらない、ないし返事が遅い学生は、求人先に紹介するのが不安で仕方ありません。「この学生なら安心して送り出せる」と思わせることが、良い求人を紹介してもらえるコツです。

 

就職サイトと併用がおすすめ

新卒紹介エージェントの活用法について説明してきましたが、私個人としては「就職サイトと併用」をおすすめします。

 

まずは新卒紹介エージェントで就職のプロとしっかり相談し、自分の方向性を決める。そして自分が興味を持った業界・職種の求人を就職サイトで探す。この手順で併用していくと効率が良いと思います。使えるツールはフル活用し、ぜひとも実りある就職活動にしてください。