リクナビNEXT(公式サイト)
(興味ある方は↑をクリック)
知名度No.1!
転職者の80%が利用するサイト。
リクナビNEXTにだけ掲載の求人約87%。
転職を考えたらはじめに登録する転職サイト。
職務経歴書データベース
転職サイトに掲載されている
職務経歴書400種を検索できます。
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら

第二新卒の転職理由


こんな人もいるんだなぁってぐらいで読んでいただければ・・・。

私は職種別採用で技術職で採用されましたが、レストランの店長候補として配属されてしまいました。 もちろん私が望んだわけではありません。詳しくはProfileをご覧下さい。入社当時からいきなり社会の洗礼をあびてしまったわけです。それでは、第二新卒になっても構わないので辞めようって 思ったのは次のような理由からです。

その前に・・・
こんな会社(仕事)最悪って思ったのはこんなところです。

きりがないのでこれぐらいにしときます。こんな風に思いつつもなかなか退職に踏み切れませんでした。「人事異動がないかなぁ~」とか「辞めて転職先あるんかなぁ」って思ってました。それではなぜ退職に踏み切ったかというと。

 

こういった理由もありましたが、一番の理由は人事異動が受け入れてもらえなかったからです。
この会社の採用試験は職種別でした。
しかし、配属数日前に入社1年目は勉強期間だから希望部署じゃなくても我慢してくださいと言われレストランのホールに配属されました。 そして 、1年後に希望を受け入れますと説明がありました。

この時は1年は仕方がないかなって思ってたんですが、これが悲劇の始まりです。
そして1年後、次のようなことがありました。これは、私と課長とのやりとりです。

《私》
「1年間やってきましたが、やはり今の仕事はしたい仕事ではないので○○○部、そこが無理なら△△△部に次の人事異動で異動させていただけませんか?

《課長》
「○○○部は人員足りてるし、△△△部はZIKIRUさんのスキルじゃ通用しないよ。だからもうちょっと今のところでがんばってくれよ。もし、空きが出たら君を優先させるから」


《私》
「それでしたら、どの程度のスキルがあれば通用するのか確認してもらってよろしいですか?」 ・・・・・


という会話の数日後、同期がなんと私の希望部署の△△△部に異動というではありませんか。
一応弁解しときますと、△△△の知識では私の方がかなり上!!っていうか その同期に尋ねたら、 「△△△なんかさわったこともないっ」て言ってました。この時点で私の眉間はピクピク!あの課長めエ!!っていうことでその課長を問い詰めると、

《課長》
「あいつは接客向いてないんよ。見とって辛そうやったし。その点ZIKIRUさんは・・・」



企業としてはこれが正しい人事かもしれません。適材適所っていいますからね。
なんにせよ、私にとってはこの事件?がいいきっかけになりました。ここの会社にいても希望の仕事はできないなぁ~と分かったんですからね。


当時(2003年頃)の状況は今でもよく覚えておりますが、この時に、転職を決意した事は人生の大きなターニングポイントでした。

当時の会社には約1年半在籍しておりましたが、今思っても、この1年半は人生でワースト3に入る期間でした。ただ、最悪を経験する事で、その後、前へ進もうとする力は通常以上に発揮されたように思います。

今の仕事は製薬企業であり、言ってしまえば普通の労働環境です。普通の会社ですから、多少、無理難題を言われても、たかがしれています。前の会社の通常営業の方がよっぽど辛い事の方が多かったです。

主に管理職で言われる事ですので少し意味合いが違うかもしれませんが、「ゆでガエル理論」というものがあります。
熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねますが、徐々に熱していくとその水温に慣れていき、そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び上がることができずにゆで上がってしまうというのです。

新卒から、今の会社にいたら同じような状態になっていたかもしれません。しかし、最初に最悪を経験したからこそ、今の状態はぬるい!もっと頑張らないと!と思える自分が必ずいます。これがあるから、向上心をもって日々過ごせていると思っています。

WEBページを運営していながら、本業以外のスキルアップを目指しているのもその1つですし、キャリアカウンセラーの学校へ行ったり、NPO法人にも参加したりと色々チャレンジする習慣も身につきました。

当時は自分の選択を後悔していましたが、今の自分があるのは明らかに、新卒で入社した会社を1年半経験したからと断言できます。 だから、もし、今の会社で悩んで苦しんでいる方がいたら、「この経験を糧にしてステップアップしてやる!」という気持ちを持って欲しいです。 決して腐ってはいけません。若ければ取り返しはつくものです。おじさんだって頑張れば色んな未来が開けるのですから。