リクナビNEXT(公式サイト)
(興味ある方は↑をクリック)
知名度No.1!
転職者の80%が利用するサイト。
リクナビNEXTにだけ掲載の求人約87%。
転職を考えたらはじめに登録する転職サイト。
職務経歴書データベース
転職サイトに掲載されている
職務経歴書400種を検索できます。
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら
第二新卒とは

10年前は第二新卒という言葉さえメジャーではありませんでしたが、
転職求人サイトでも第二新卒特集が組まれるなど 最近では一般化しています。


のような意味が含まれると思います。
一般的に入社3年以内に退職した方を第二新卒と呼ぶことが多いようです。
私自身もかつては第二新卒に分類されておりましたが、第二新卒はあまり良い言葉で用いられることはありません。
第二新卒が良い印象で受け止められない理由をあげていきたいと思います。

 


のような感じです。それでは次に第二新卒が良い点を上げてみたいと思います。

 


こんなもんです。ご覧のとおり、第二新卒は損をする方が多いと思います。

 

第二新卒は、新卒で十分にキャリアに積んだ人材よりは不利なケースが多い事は確か

新卒で入社した企業で十分なキャリアを積むことが最も好ましいですが、入社した企業がブラック企業だったり、自分の望む企業と遠く離れているならば、第二新卒の道を選ぶべきだと私は考えています。ですが、企業というのは必ずしも新卒を募集するわけではありません
例えば、従業員の年齢差が激しく、20代若手が欲しいけいども、新卒が卒業する3月を待ってられない・・・こういう場合は、第二新卒を優先的に採用する事になります。

新卒のようにどこの企業でも自由に応募できるわけではありませんが、自分の希望する企業が求人を募集している可能性もあり、「第二新卒は不利だから転職はしない!」と決めつけるのはチャンスを逃すことになってしまいます。

第二新卒でも十分に転職のチャンスがあります。その転職が人生を良い方向に導く可能性・希望に期待してみるのも悪くない選択肢だと思いますよ。ちなみに、これを書いている管理人は、第二新卒で入社した企業に10年以上在籍しています。

今では管理職を任されており、待遇においても、高校・大学の同級生の中で一番恵まれています。
たまたま運が良かっただけかもしれませんが、第二新卒での転職を選択しなければ、今の企業にめぐりあえていませんでした。第二新卒で転職を決意して本当に良かったと思っています。

決して、転職を煽るわけではありません。人によって転職が悪い方向に行く事もあります。
最終的にはご自身に判断となりますが、今の仕事を続ける事に意義を感じるかどうか?は、1つの判断基準になるように思います。

 ⇒私が第二新卒で転職を決意した理由