リクナビNEXT(公式サイト)
(興味ある方は↑をクリック)
知名度No.1!
転職者の80%が利用するサイト。
リクナビNEXTにだけ掲載の求人約87%。
転職を考えたらはじめに登録する転職サイト。
職務経歴書データベース
転職サイトに掲載されている
職務経歴書400種を検索できます。
面接データベース
自己PRや志望動機など転職でよくある質問と
回答例を検索できます(1,000例以上)。
     会員登録はこちら

おすすめ転職求人サイトの比較

新卒の時に、リクルートナビや毎日就職ナビを使いましたよね?
その、転職バージョンがたくさんあり、新卒求人サイトよりも転職求人サイトの
方が多種多様です。

など、各転職求人サイトの個性が強く現れています。
また、第二新卒の求人に特化したサイトもありますが、最近は第二新卒が一般的になってきた事もあり、”第二新卒可”という条件検索ができる転職求人サイトがほとんどです。

就社までの流れ

  1. 希望企業へ必要事項をホームページ上から送信(書類選考)
  2. 書類選考通過すれば、説明会・筆記試験・面接
  3. 内定

 

良い点

 

悪い点

おすすめの転職サイトを紹介しておきます。転職サイト比較レポートからの抜粋となります。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT公式WEBへ

リクルートが運営する転職求人サイト。新卒でリクナビを使った経験から、転職でもリクナビNEXTを使う転職希望者がほとんど。求人数は非常に多く国内最大級。
掲載されている求人も全業種バランスよく、地方の求人もしっかり掲載されている。求人以外にも、職務経歴書の書き方等の転職ノウハウやQ&A等のコンテンツが充実している。転職するならリクナビNEXTは必須の転職サイトです。

 

@type

@type公式サイトへ

・人材紹介や派遣でも実績のある@typeの転職求人サイト。エンジニア、女性、営業、販売など職種別にサイトが分かれています。よって、実質の求人数はリクナビNEXT同様となります。
・市場価値診断テスト、転職力診断テストなどサブコンテンツが豊富です。特に転職力診断テストは13万人のデータから作られたプログラムとなります。転職活動の参考に是非お試しください。

 

はたらいく

はたらいく公式サイトへ

リクルートが運営。リクナビNEXTよりも、第二新卒、未経験応募可能な求人が多い。マイナーな企業が多く企業情報の入手が困難。人材紹介会社を利用する方が好ましい。




以上、ざっくり書きましたが、他にも転職サイトはたくさんあります。転職サイト比較レポートでさらに詳細を紹介しておりますので、これから転職サイトへの登録を始める方は参考にして下さい。