職務経歴書の書き方-20代・第二新卒の場合


職務経歴書とは  


職務経歴書とは過去の就業経験(+α)をPRするものです。
採用担当者は職務経歴書でどの程度の職務遂行能力があるのかを判断します。
転職活動で非常に重要度の高い書類になります。

職務履歴書の特徴

  • フォーマットが自由

  • つまり、変な様式にしてしまうと、非常に読みにくく、全てに目を通してもらえない事もあります。
    どれだけ、立派な職務履歴をもっていても、表現方法で台無しになっちゃいます。
    反面、ちょっと不利な職務履歴でも、表現方法次第ではそれなりに見えちゃうという事ですね。
    また、職務経歴書は1枚にまとまるのが普通なので気をつけましょう。
    私の場合は職務経歴で1枚、自己PR・転職理由で1枚で合計2枚といった感じでした。
    複数の会社を経験されている30代以上の方の場合は複数枚になっても構わないと思いますが、第二新卒・20代ならば、まず1枚に収まるでしょう。

  • 職務経歴書は職務経歴だけとは限りません
    志望動機、自己PR、今後の目標なども必要に応じて書きましょう。

それでは、 第二新卒・20代に適した職務経歴書の書き方を解説していきたいと思います。
職務経歴書
の様式には以下の種類があります。
第二新卒・20代は職歴があまりありませんので、年代別職務経歴書が有利だと言われています。

  • 年代式職務経歴書

  •   →初めての仕事から現在の仕事まで、順番に記していく方法。
       このフォーマットが20代・第二新卒の方にはお勧めです。
  • 逆年代式職務経歴書

  •   →現在の仕事から、過去の仕事にさかのぼって記していく方法
  • 職能別職務経歴書

  •   →年代別に記していくのではなく、職種別に能力をPRする方法

次ページで私が使った職務経歴書をベースに説明していきます。
年代式職務経歴書となります。


次ページ(職務経歴書見本)へ

[関連リンク]
転職求人サイト 人気ランキング(転職サイト人気ランキング

順位

サイト名 概要
1位 リクナビNEXT   リクナビの転職版。転職成功者の8割が利用。転職するなら必須の転職サイト。
 Copyright (C) 2001‐2013 After Season All Rights Reserved