転職エージェントとは

転職エージェントについては転職エージェント体験レポートでも紹介しておりますが、ここでも簡単にまとめておきます。
なお、 10年ぐらい前は人材紹介会社と呼んでおりましたが、最近は転職エージェントと呼ぶ事が多いので、ここでは転職エージェントに統一します(下の図は昔に使ったものなので斡旋会社としております)。

[転職エージェントの仕組み]

転職エージェントの仕組み

  • 転職希望者に転職先を紹介するのが転職エージェント。
  • 担当のキャリアコンサルタントと相談しながら転職をすすめる。
  • 利用は無料です。転職エージェントは転職希望者を企業に入社させる事によって、企業から報酬をもらいます。
  • 転職成立で転職エージェントは報酬を得ますので、敵か味方かは微妙な時もある。
といった感じでしょうか。

どこの転職エージェントを選べばいいか?

評判の良い転職エージェントは、
転職者の希望をかなえるために、自己分析の支援、職務経歴書の添削など、様々なサポートを行います。

評判の悪い転職エージェントは、
転職させ成立させれば、報酬を得ることができますので、転職希望者のことは二の次と考えてるかも・・・。

よって、良い転職エージェントを利用しないと、転職活動は失敗に終わってしまう可能性もあります。

じゃあ、いったいどこが良いのか?

となりますが、ズバリ!ここなら安心!とは断言はできません。結局は担当のキャリアコンサルタント次第という事にもなりますが、ある程度は各転職エージェントの傾向はありますので、それを判断材料にしましょう。

例えば、親身な対応を重視するなら、type転職エージェントアイデムスマートエージェントJACリクルートメントあたりがおすすめとなります。これら転職エージェントは転職者視点の転職支援をPRしてますのでチェックしてみると良いでしょう。他の転職エージェントも転職者視点の対応をPRしていますが、全国展開している大規模の転職エージェントは、やや事務的で効率的な対応をしている印象です。

ここで1つ注意点!

よく、転職エージェントは丁寧な対応をして当たり前、転職者視点が当たり前といった前提で考えている方がいらっしゃいますが、これはちょっと間違いです。転職エージェントを無料で利用できるのは、求人募集している企業が転職エージェントに人材採用の対価を支払っているからです。

転職エージェントは民間企業なわけですから、どちらを優先するかは分かりきったことですよね。企業に優秀な人材を紹介する事で収益を上げるわけですから、どれだけ転職者視点と言ってもそれは表向きは・・・という事でしょう。

転職希望者(登録者)が企業にPRできない人材だった場合、転職エージェントにとっては意味のない人材であり、丁寧に接するだけ時間の無駄となります。逆に優秀な人材だった場合は、転職させる事も容易ですので転職エージェントにとっても魅力的な人材と言えるでしょう。

ややオーバーに表現しましたが、実際はこんなところです。転職エージェントから相手にされなかった場合、以下の要因が当てはまらないかを思い返してみましょう。

  • 転職希望者のスキルが明らかに不足しており無謀な転職だと判断されている。
  • 横柄な態度を取っている。性格に問題あり。
  • 転職の意欲が感じられない。

このような方は転職エージェントから良くは思われません。転職エージェントを利用する際は意識してみましょう。 より効果的に 転職エージェントを利用したい方は人材紹介会社(転職エージェント)とはを参考にして下さい。