2016/10/30
転職エージェントを使った年収UPの方法

年収UPの方法!転職エージェントのおすすめ利用法


年収交渉・・・。転職活動の最後のヤマ場にして、転職者が最も苦手なものの一つではないでしょうか。反対に、転職エージェントとしては、売上を上げる最大のチャンスでもあります。希望年収を決定する仕組みさえ押さえれば、しっかり、がっちり希望年収をゲットできますよ!

転職エージェントの口コミ比較は転職エージェント体験レポート-人材紹介会社の評判がおすすめ
転職サイトの比較は転職サイト比較レポート-評判・おすすめ早見表より

年収交渉を成功させるには・・・

転職エージェントという仕事を実際に体験して、一番驚いたことの一つは、日本人は年収交渉をほとんどしない、ということです。
また、年収交渉をする人も、現職と比較してやみくもに数字を主張するばかりで、ちょっとそのやり方では、と思うこともしばしばあります。
年収交渉って、人生でそう何回も経験することではありませんので、上手になるわけではありません。
しかし、年収が上がりづらいご時世。しっかりした生活の基盤をつくるためにも、納得のいく年収をしっかりもらっておきたいですよね。

 

年収が決まる仕組みはこうなっている

たいていの企業の場合、年収が決まる仕組みはほとんど同じです。
一般的に、企業は、事業年度の経営計画を策定する一環で要員計画を立てています。
これは、経営計画で設定した売上や利益の目標を達成するために、どの程度の人数が必要かを算出したもので、この計画で想定した人数と現在在籍している社員数の差が、必要な採用人数となります。

 また、要員計画では、「職位」「クラス」などと呼ばれる、社員を職務能力別にランク分けを行い、そのランク毎に必要な人数をはじき出します。
企業が健全な経営を持続させるには、ベテラン・若手、職人タイプ、管理職タイプなど、様々なタイプの人材をバランスよく組み合わせる必要があります。
こうして、人材採用の計画は、中堅クラス○名、若手クラスは新卒○名・・・といった具合に決まっていきます。
採用予算は、その企業の経営状況によって決まってきます。同じ中堅クラスでも、A社では400万円~500万円だが、B社では、500万円~600万円といった具合に決まっています。

つまり、年収交渉といっても無制限にできるわけがなく、会社の経営状況やすでに在籍している社員とのバランスの問題、求められる職位ランクからはめられた限界があるわけです。

 

年収交渉のリスクも覚えておこう

もう1つ、年収交渉にはリスクがあることも覚えておきましょう。
それは、「年収が高くなればなるほど、短期間でその年収に見合う“結果”が求められる」ということです。
人はしばしば、今ある職場環境の延長線上で転職先を考えがちになります。
今の職場が人間関係に恵まれているからといって、今度も同じとは限りません。
与えられる権限も微妙に異なりますので、もし、年収交渉で粘った挙句、希望年収を勝ち取ったとしても、入社後に思ったような活躍が出来ないリスクもあるのです。
この場合、その後の会社生活は非常に居心地が悪くなることも考えられます。
私も、年収がアップしたのに、短期間で退職した方から相談されたことがあります。
年収交渉で強気に出て入社したにも関わらず、活躍できず人間関係が悪くなったせいでした。
年収交渉をするには、入社後に主張しただけの結果を出さなければならない、ということも肝に銘じましょう。

 

年収交渉の原則と前提

そこで、年収交渉をする上で、最も重要な原則は、「希望年収は、これに見合った活躍ができることを根拠にして要求する」ということです。
そのためには、年収を提示された条件面談で、結果を出すことが可能な環境があるか、権限が与えられるか、きちんと確認する必要があります。
もう1つ、交渉の大事な前提は、会社の予算の範囲が決まっている以上、紹介求人票で示されている想定年収はしっかり確認しておくことです。
想定年収が希望年収を下回りそうな企業は、最初から応募の候補から外しておきましょう。 

 

年収交渉は転職エージェントとうまく連係しよう

年収交渉の具体的なテクニックですが、まず、前提として、自分が入社後に求められるポジションや役職に見合った活躍が出来そうなことを、条件面談で確認します。
そのうえで、希望年収は思った年収を口にして良いです。
条件面談は、入社前と後の認識のギャップを埋めるためですから、この時点で心証が悪くなることはまずありません。
それでも、希望年収を言う事に気後れする方は、希望年収を2つに分けて伝えましょう。
「最低欲しい年収」と「できれば欲しい年収」に分け、例えば、「できれば600万円を希望しますが、最低でも550万円くらいあれば問題ありません」などと伝えると控えめな印象を与えられます。

それでも提示された年収が、希望と開きがある場合は、転職エージェントに遠慮なく相談してください。
転職エージェントが間に入り、あなたが年収に見合った活躍が期待できる人材であることを、代理人として交渉することが可能です。
転職活動は、あなたを採用する試験の場というだけでなく、れっきとしたビジネス交渉です。
最高の交渉は、お互いがウィン・ウィンの関係になるよう、話をまとめることです。
あなたが転職先で活躍する条件をきちんと交渉することが、結果として希望の年収を引き寄せることになることを覚えておいてくださいね。




年収UPの交渉を任せる転職エージェントは転職エージェント体験レポート-人材紹介会社の評判からお探し下さい。業界によって得手不得手の転職エージェントがありますので、自分の希望する業界に強い転職エージェントを選択しましょう。