2016/11/12
転職エージェントの使い方

人材紹介会社関係者がすすめる!大手転職エージェントの賢い使い方!


リクルートエージェントは別格、それ以外にも、JACリクルートメント、パソナキャリア、DODA、Spring転職エージェント、マイナビエージェントなど、大手転職エージェントといわれる会社は何社かあります。どんな違いがあり、どう賢く付き合っていけば良いのでしょうか?

転職エージェントの口コミ比較は転職エージェント体験レポート-人材紹介会社の評判がおすすめ
転職サイトの比較は転職サイト比較レポート-評判・おすすめ早見表より

[目次]


大手転職エージェントの使い方

企業の中途採用活動では、通常、1人の求人に20名~30名の書類選考を行っています。1社からこれほどの候補者を集めることは難しく、大手転職エージェンに等しく声をかけている例が多いようです。転職者からみると、求人数や求人の質に大きな差は生まれにくいのが実情です。皆さんの中にも、リクルートエージェントとパソナキャリアに登録したが、両方から同じ求人を紹介された、という経験をされた方もいらっしゃると思います。

私は、大手転職エージェントの中では、書類添削や面接指導など、転職者のサポートという点で一番充実しているリクルートエージェントを、まず登録すべきエージェントとしておすすめしています。しかし、皆さんの中には、担当エージェントと合わなかったという方もいらっしゃると思います。同社ほどの規模ならば、担当者を変えれば大きく改善する可能性がありますが、「そもそも水が合わない」という方もいらっしゃいますよね。

この場合、転職活動の「軸」となる転職エージェントとして、他の転職エージェントから選ぶ必要が出てきます。ここでは、リクルートエージェントを中心に、その他大手転職エージェントの特徴を人材業界関係者視点で説明していきます。

 

リクルートエージェントはおすすめ?


リクルートエージェント 興味のある方は↓から
リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職業界でまず名前を知らない人はいない最大手。紹介件数もサービスも群を抜いています。転職エージェント関係者が転職者ならばどう使うか。同業者目線ならではの賢い利用方法を説明します。

 

最大手の転職エージェントだからできる充実したサービス

リクルートエージェントほど、転職者へのサービスにお金をかけられない。これが同業者の本音でしょう。人材紹介は、転職者からお金は1円も受け取れません。転職先からの紹介手数料こそが全てで、完全成功報酬型なので、転職者が自社を通じて転職に成功してくれなければ、1円の売上も入ってこないのです。しかも、派遣会社と違って、収入は一度限り。

こうした事情から、転職者へのサービスに消極的な転職エージェントが圧倒的に多い中、リクルートエージェントは、転職者の転職力の充実に力を入れています。個別の紹介専用サイトを準備し、面談は数時間たっぷりとる。面接はセミナーだけでなく個別指導もあり、書類選考のフォローも充実。

最大手のブランドを確立し、多くの転職成功者を安定的、かつ継続的に輩出しているからこそできるサービスですが、その良質なサービスを頼って良質な転職希望者が集まり、それを狙って企業も求人票を出してくれる、という好循環が生まれているのです。 

 

「転職のやり方」をリクルートエージェントで全部覚える

ということで、転職エージェント関係者として是非強調しておきたいのは、せっかく1から十まで転職のやり方を教えてくれるのだから、一番初めに登録したら良いのでは?ということです。

長い人生でも、多くの人は、転職活動をそう何回もやりません。転職活動が上手くなるわけがないのです。何年か、人によっては何十年ぶりに、転職活動をするという方もいらっしゃるでしょう。それも1から。

やり方を覚えているわけではないでしょうから、当然要領を覚えなおさなくてはなりません。せっかくやり方を手取り足取りタダで教えてもらえるのですから、徹底的に学び、要領を掴んでからより中小の転職エージェントを当たってみる、というのが、大半の方にとって、手堅い転職戦略となるでしょう。

 

リクルートエージェントが転職情報の全てではない

むろん、転職業界の総合デパートのような位置づけのリクルートエージェントも、完全無欠ではありません。転職者が注意しなければならない点もあります。

まず挙げられるのが、リクルートエージェントといえども、転職情報の全てを把握しているわけではありません。日本には星の数ほど転職エージェント会社があり、独自のルートで開拓している非公開の求人情報もたくさんあります。

最大手のブランドであっても、それを維持し続けるには、ある程度のレベルの売上が見込めるからです。そのため、転職者の経験とスキルによって、売り込み先を考えているので、公開する求人情報も個別に変えられています。

すると、リクルートエージェントで公開してもらえなかった求人情報を、他社で登録した時に教えてもらえる可能性も十分に出てくるのです。最初は、同社の充実した転職サービスと求人情報に圧倒され、いわば「おなかいっぱい」といった状態になるでしょうが、それに負けずに、粘り強く、幅広く転職エージェントとお付き合いすることを強くおすすめします。

 

リクルートエージェントは長期的な関係は築けない

リクルートエージェントの転職サービスの利用期間が半年に限定されていることです。転職者に付く担当者も期間限定になりますから、数年前に良くしてもらった転職エージェントがいたとしても、転職者が指名して利用する、などということはできません。

これに対し、小規模な転職エージェントでは、数年レベルで情報を交換し、機会と縁があった場合に転職に結びつけるといった柔軟な対応が可能です。また、他の転職エージェントの場合、「転職活動するかどうか分からないが、とりあえず相談しよう」という登録も可能なところが多いのですが、リクルートエージェントでは原則としてできません。

 

リクルートエージェントは最良のパートナーか?

最後に、大事なことを覚えておいていただきたいのですが、転職者であるあなたにとって、リクルートエージェントが最良の転職パートナーになるかどうか、転職活動をやりきってみないと実際には分かりません。結果論になりますが、あなたが一番納得して内定をもらえた転職先を紹介してくれた転職エージェントが、あなたにとって最良の転職パートナーです。リクルートエージェントの圧倒的な転職情報に呑まれることなく、冷静に見極められてこそ、理想的な転職が実現できるでしょう。

リクルートエージェント 興味のある方は↓から
リクルートエージェント

 

JACリクルートメントはおすすめ?


JACリクルートメント 興味のある方は↓から
JACリクルートメント

JACリクルートメントは、日本の転職市場のパイオニア的存在で、早くから外資系企業の紹介にも力を入れてきました。今回は、その特長である外資系転職にフォーカスしながら、おすすめの賢い利用法を説明します。

 

ハイキャリア・外資系の転職に強い老舗転職エージェント

JACリクルートメントは、日本の転職市場ではとてもユニークな存在で、他の大手企業が派遣や転職サイト運営など、事業を多角化させて収益の安定化を図る中、ほぼ唯一、人材紹介のみに特化してきた大手転職エージェントです。ハイクラス・外資系企業といった、人材紹介手数料の単価が高い案件に強みがあること。特に役員クラスの人材紹介案件が充実していることでも知られています。

歴史も長く、まだ日本で終身雇用が根強かった1988年に事業を開始。その後、中国・香港、シンガポール、インド、イギリスといった海外拠点も充実しており、海外に関わる仕事、語学力を活かしたい転職者には、ぜひ登録をおすすめしたい転職エージェントです。

 

登録時から英語力が試される

英語を使った仕事の場合、ネット上で事前エントリーをするのですが、英語の職務履歴を登録する欄が表示されるのです。(語学力不要の転職希望の方は飛ばすことができます。)

ここで求められる英語力とは、英語を勉強したので「やってみたい」とか「できる」というレベルではありません。英語力に「自信がある」。すなわち、ネイティブと同じ発音、とまではいかなくとも、まともなビジネス英会話が成立するレベル(できれば英語で面接して条件交渉ができるレベル)でなければ、「英語力がある」と評価してもらえません。TOEIC800点は低い方で、900点クラスの実力を求められる案件がゴロゴロあると思ってください。

そして、英語力とは不思議なもので、ネイティブより英語ができる日本人の方が、英語力の評価は厳しいもの。準備不足でこうした転職エージェントに登録に行き、キャリアコンサルタントから語学力が低いと判定されたら、その後は、求人案件をさっぱり紹介してくれないものと覚悟しておきましょう。

 

複雑な日本の英語力事情

JACリクルートメントのような転職エージェントが、外資系企業や、語学力を必要とする日本企業への紹介に、高い語学力のハードルを課すには、日本の複雑な英語力事情があります。

日本では、外資系・国内系企業を問わず、それぞれの企業に独自の英語力文化があります。例えば、今はビジネス英文メールの教科書を開くと、「今どき、書き出しにwe please to〜と切り出すのは古い」と書かれていますが、実際にはwe please to〜と書き出さなければ先輩に怒られる。下手すれば英語力がないという烙印を押されかねない、という職場がたくさんあります(心配な方は調べてみましょう)。こうした傾向は、日本に進出してから長く、日本人スタッフが多い外資系企業に目立ちます。

したがって、応募先の外資系企業の「英語文化」に合わせられる柔軟性があり、高いレベルの語学力のある人材を紹介しないと、JACリクルートメントへの評価が悪くなってしまう・・・という背景があります。

 

とにかく登録の前に準備を!

外資系企業の転職にチャレンジしたい転職者の方に必要なポイントは、とにかく転職エージェントへ登録の前に準備を!の一言です。準備することはTOEICの点数はもちろんのこと、ビジネス上のフォーマルな英文レターの書き方、英会話(英語で面接される場合もあります。)といったビジネス英語分野の多岐にわたるものです。

 

JACリクルートメントはおすすめか?

英語を使った仕事、外資系を狙う場合は外せない転職エージェントです。能力を認められれば、得意分野だけあって、様々な求人を紹介してもらえるでしょう。

今回は英語を使った・外資系への転職のケースを取り上げましたが、JACリクルートメントはハイキャリアの転職にも注力している転職エージェントです。30代、40代でさらなるキャリアアップを狙いたい方にとってはチェックしておきたい転職エージェントと言えます。

JACリクルートメント 興味のある方は↓から
JACリクルートメント

 

パソナキャリアはおすすめ?


パソナキャリアの評判・口コミ 興味のある方は↓から
パソナキャリア

企業の中途採用担当者に、知っている転職エージェントをおもむろに挙げてもらうと、パソナキャリアはだいたい5本の指に入ります。転職希望者の中にも、大手転職エージェントとして登録しようと考える際には、候補に入れるケースが多いと思います?業界は問いませんし、職種も幅広くカバーしていますから、大半のビジネスマンの転職ニーズにこたえてもらえるでしょう。

パソナキャリアは、最近は女性、高齢者、農業従事者といった様々な立場の人々のキャリアアップ転職に力を入れることでニュースにも取り上げられるなど、話題性を常に追求しているところが特徴です。この話題性が、多くの優秀な転職者を集め、良い転職求人とマッチングする好循環を生んでいる秘訣なのです。

一方で、転職者へすすめる求人票の選び方が上手い、転職者のニーズに合わせるというより、転職者を売り込みやすい求人を選んで紹介する、営業サイドが強い会社と言えます。パソナキャリアからの紹介者に会うと、転職者の意に沿わないというほどではありませんが、上手く説得させられて応募しているように時々感じます。自分の転職の「軸」がぶれないよう、注意することが必要でしょう。

 

DODAはおすすめ?


DODA(デューダ)の評判・口コミ 興味のある方は↓から
DODA(インテリジェンス)

求人サイトと統合したワンストップ型のサービスが魅力だが、若手主体のベンチャーな社風と言えます。

もともとは学生援護会が運営母体だった転職サイトのDODA。インテリジェンスとの合併後に転職エージェントとしてのサービスを充実させ、大手転職エージェントの一角として変身を果たしました。

そうした経緯から、今でも直接応募が可能な公開求人という、他の直接応募の転職サイトと同じ機能を兼ねており、直接応募が可能な求人サイトと非公開の転職エージェントサービスがワンストップで提供されています。直接応募の転職サイトでもあるため、転職者が手軽に使いやすく、そこから人材紹介サービスを利用といった流れも多いようです。また、転職フェアといったリアルイベントも継続し、昔ながらの転職サービスの面影を残しています。

一方、人材業界では後発組のベンチャー企業、インテリジェンスを運営母体としているせいもあって、エージェントが若手主体で、中堅以上のスキルを持つ転職者には少々力不足を感じます。実際に、他社と比べてもエグゼクティブ求人は少ないようです。

また、ベンチャー系の転職エージェントにありがちな、転職者との強引な付き合い方(希望と違う求人への応募をすすめられる、内定承諾を迫られる等)という評価が絶えません。活発で押しが強くても、良い求人を求めたい人にはおすすめできる一方、付き合うには骨が折れる会社といえます。相性が良ければ噛み合いますが、そうでなければグダグダになりそうな印象です。

 

Spring転職エージェントはおすすめ?


興味のある方は↓から(WEBサイトへ) 
Spring転職エージェント

転職上級者向け。長く付き合える転職エージェントです。日本での事業も長いですが、本部はスイスにある外資系の転職エージェントです。

半年など利用期間が決まっていることが多い国内系の転職エージェントとは違い、1年~2年という長期間で利用可能な転職エージェントです。また、いったん登録したら、どんどん求人票が押し寄せてくる他の大手転職エージェントと違い、転職するかどうかまだ決めていない段階でも相談することが可能です(私も、相談してから5年くらい、紹介を止めてもらいました)。長く同じ担当者と付き合えると、こちらのスキルやポジションをしっかり把握してくれているので、転職者が活発に動きたいときに、てきぱきと自分のニーズに沿って動いてくれるのが気持ち良いです。

また、5社の中でもエグゼクティブクラスの求人に比較的強い、というのも魅力的です。企業人事サイドも、紹介数より紹介者の質を求めるために利用しているところが多いと思います。

一方、いかにも外資系の転職エージェントらしく、書類添削や面接サポートといった転職サポートへの気配りには疎い会社です。付き合い方はどこまでもビジネスライク。転職者自身でできることは転職者任せ、日本的なお膳立てたサービスには程遠いです。人材業界出身者や、転職に慣れた上級者向けの転職エージェントといえるでしょう。

 

マイナビエージェントはおすすめ?


マイナビエージェントの評判比較 興味のある方は↓から(WEBサイトへ)
 マイナビエージェント

毎日コミュニケーションズといった方がご存知の方もいらっしゃるでしょう。リクルート同様、求人誌以外にも様々な情報媒体を発行していた老舗ですが、転職エージェントとしてのサービス展開に積極的になったのは最近のこと。企業人事サイドにとっては、転職エージェントとしてより、直接応募の求人サイト運営で知られていた企業です。また、リクルートと違って、割と商売っ気がないイメージが定着しています。転職者サイドにもこうした社風が波及しているのでしょう、転職者から不思議と悪い評判を聞かない転職エージェントです。ネットでも満足度ランキングの上位の常連です。

 

おすすめの転職エージェントまとめ

転職エージェントは、なるべく複数登録することをおすすめします。いくらプロとはいえ、転職エージェントも人間ですから、それぞれ、あなたに対する見方が少しずつ変わってきます。当然、すすめられる求人に若干の差異が生じてきます。その中に、あなたにマッチングした求人が隠れていないとも限りません。また、ご自身で直接体験することで、転職エージェントの良し悪しを見比べることが必要になります。転職エージェントを上手に利用し、あなたにとって良い転職先を発掘しましょう。



今回紹介した転職エージェントの口コミは転職エージェント体験レポート-人材紹介会社の評判から閲覧可能です。