おすすめ転職サイトの紹介

20代後半~30代におすすめの転職サイト・転職エージェントを比較


20代後半~30代は転職の適齢期と言っていいでしょう。 ある程度の社会人経験を積んでおり、同業種・同職種では即戦力として力を発揮する事が可能です。

「スキルがある方」はどこに行っても通用します。転職活動する前に、同業種に声をかけるとスカウトされるかもしれません。転職サイトや転職エージェントを使った転職よりも、好条件を提示される可能性も高いので、自分のコネクションを上手に使うのも良い方法だと思います。

 

20代後半~30代はどこの転職サイトでも求人はたくさんあります。リクナビNEXTを中心に気になる転職サイトに登録するのが良いでしょう。高待遇案件が豊富ビズリーチ、キャリアカーバーもおすすめです。

 

おすすめ1位リクナビNEXT
興味のある方は↑をクリック
転職者の8割が利用する定番サイト。独占求人多数!

リクナビNEXTの評判を比較
リクナビNEXTの評判・特徴を比較

1.リクナビNEXTにしか掲載されていない求人が87%。
2.転職者の80%が利用する転職サイト。
3.求人数が多い。

ほとんど全ての転職者が登録するから登録しましょう!というのも変な話ですが、登録者が多いから、企業もリクナビNEXTに求人を出しています。20代後半~30代は企業が最も欲しがる年代です。この年代で求人数が多いと分かっているリクナビNEXTを利用しない手はありません。

他の転職サイトを併用するのも、もちろん有用ですが、リクナビNEXTにはとりあえず登録しておく方が好ましいです。登録だけしておけば、スカウトメールも届きます。登録してある条件にマッチした求人が掲載されればメールが届きます。攻めの転職でも待ちの転職でも可能です。上手に利用しましょう。

 


おすすめ2位ビズリーチ
興味のある方は↑をクリック
高待遇案件が豊富。ワンランクUPの転職活動!

転職サイトビズリーチのおすすめポイントを比較
ビズリーチの評判・特徴を比較

1.ハイキャリア専用の転職サイト。500万円以上、1,000万円以上の求人が豊富。
2.ビズリーチに登録しているヘッドハンターからのスカウトが盛ん。
3.職務経歴書とマッチする求人がピックアップされる。

ハイキャリア重視の転職サイトです。管理職経験者、リーダー経験者はビズリーチも覗いてみましょう。今までのキャリアを生かしたい方、大幅な年収UPが可能かもしれません。海外では転職を繰り返すことで年収UPを狙うのはよくある話です。せっかく転職するなら大幅年収UPを目指してみるのも良いと思います。

 


キャリアカーバー
興味のある方は↑をクリック
年収600万円以上でさらにステップUPしたい人!

年収600万以上のさらにキャリアアップしたい方におすすめの転職サイト!キャリアカーバー

ビズリーチと同じように高待遇求人が豊富な転職サイトのキャリアカーバーです。こちらは、年収600万円以上の方に限定されますが、該当される方にとってはマッチする求人が見付かりやすいかもしれません。リクルートが運営していますので安心感という点でも問題ありません。ちなみに、高待遇求人の転職サイトは先にビズリーチが初めて、その後にキャリアカーバーが始めたようです。


求人数No.1のリクルートエージェントは外せないでしょう。20代後半~30代に限らず色んな求人とめぐり会うことが大切です。余裕のある方はリクルートエージェントに加え、type転職エージェントやアイデムスマートエージェント等、キャリアコンサルタントの評判が高い転職エージェントを利用してみましょう。

 

興味のある方は↓から(WEBサイトへ) 
アイデムスマートエージェント
アイデムスマートエージェントの詳細・評判を比較 
・カウンセリング重視の親身な対応
・20代未経験の80%が1ヶ月以内に1次面接
・主要な登録拠点は大阪、東京。
・他の転職エージェントでよくある悪い評判に対し、「私達はそうではありません!」と宣言している会社。自分でハードルを上げているところがGOOD!


type転職エージェント 興味のある方は↓から(WEBサイトへ) 
type転職エージェント
type転職エージェント会社の評判-転職者60人以上の口コミ比較
・利用者の満足度が高い(87%が満足)。
・”納得感のある転職成功の実現 ”がポリシー。
 転職希望者と向き合った対応が好印象。
・登録拠点は東京のみ


リクルートエージェント 興味のある方は↓から(WEBサイトへ) 
リクルートエージェント
リクルートエージェントの口コミ比較 
求人数No.1。
・転職実績No.1、会社規模No.1。
・能力の高いキャリアコンサルタントが多い
(職務経歴書や履歴書の添削能力が高い)。
・登録拠点は全国。

20代後半~30代の転職は、「即戦力を求めているケース」、「将来の幹部候補」としての採用が多く、一番選択の幅が広い年代とも言えます。ただし、どの年代でも同じですが、新しい企業に転職しても、従来の企業で発揮していた力をいきなり発揮するのは難しいかと思います。

 転職先では周囲からは、どれぐらいの実力のあるのか?本当に使えるのか?といった目で見られますし、全員が協力的とも限りません。したがって、特に、組織の繋がりを上手に生かして成果を残してきた人は当分は苦労すると思います。

そういう方は転職せずに、今の企業で実績を残す事を選択する事・・・の方がいいかもしれません。従来企業の組織であったから残せた実績を、自分だけの実力だと思い込んでしまうと苦労しています。自分の力を認識した上で転職するようにしましょう。