職サイト人気比較(評判・おすすめ) > 転職前後を比較!転職のここがおすすめ?ここが危ない?

転職前後を比較!転職のここがおすすめ?ここが危ない?

転職はしてみないと分かりません。入社する前に企業の本質を見抜く事は非常に難しい。だからこそ、転職経験者の意見を参考して、どのように転職活動をすべきかを改めて考えるべきだと思います。ここでは、転職して良かった人からはおすすめのポイントを、後悔している人からは転職への注意喚起をまとめております。

転職してから、「こんなはずではなかった・・・」と思う事がないように、先人達の成功体験、失敗体験を学んでおきましょう。また、この体験談を参考に、企業選定の参考にしましょう。面接では聞きにくいから・・・と思って、流れに任せて入社すると後悔します。幸せな転職活動か?不幸な転職活動か?はあなた次第です。

 

転職前後を比較!転職のここがおすすめ?

ここでは、転職前後を比較した結果、状況が改善した、転職をおすすめする口コミを掲載しております。転職したらこんな幸せが待っているんだ!という事を想像しながら、転職活動を進めましょう。一番多いのは勤務時間が改善された!休暇が増えた!といった内容です。

大好きな仕事で自ら進んで時間を費やすのなら充実した生活かもしれませんが、何かを犠牲にして仕事ばかりに時間を費やす事は決して充実した生活とは言えません。我慢する事も大切ですが、自分なりの境界線をしっかり考えて、限界を超えた場合は転職を考えるのは間違いでありません。

実際に転職をした方たちの、転職をおすすめする口コミを参考に、転職するかどうかのヒントにして下さい。

 

転職前後を比較!転職のここが危ない!

ここでは、転職前後を比較した結果、転職を後悔した人の口コミを掲載しています。転職をしたからといって、幸せになれるとは限らない事例となります。こうならないような企業選びを心がけましょう。

茨城県・30代・男性 転職への警告

利用した転職サイト・転職エージェント
リクルートエージェント アプリもあり、使いやすかったです。

転職前の業種・職種・仕事内容
IT業界で、プロジェクトマネージャーをしてました。

転職後の業種・職種・仕事内容
IT業界でプログラマーをしております。

転職前と比較して悪くなったポイント

勤務時間 残業時間 給与 社風" "勤務形態が専門業務型裁量労働制となり、給与は上がったが残業代が無くなりました。

転職の警告
小さな会社な為、ある程度自由に仕事が出来ると思い、エージェントさんの勧めもあって決めましたが、 実際は毎日残業で、帰宅が日を跨ぐ毎日。
当初遅くまでの残業はほぼほぼ無いと伺ってましたが、残業代なしで深夜労働の日々となりました。また給与の契約が半年毎なのですが、次の契約時には10%+減額となりました。 次の案件の見通しが立っていない事や、仕事の効率が悪かった等が理由でしたが、 入社を促すためだけに基本給を上げていたのだと思われます。 (ほかの方も同様な経緯を辿っている為。) 取締役3人、社員4人の小さな会社ですが取締役が現場監督者となっており、プロジェクトリーダーの役割も担ってます。 しかし週のほとんどが午後から出社のランチからワイン・・・ 会社の雰囲気についていけず失敗したと思ってます。

愛知県・30代・男性 転職への警告

利用した転職サイト・転職エージェント
リクルートエージェント 紹介してくれる会社も多く、面接の段取りも早くてすぐに転職出来ました。

転職前の業種・職種・仕事内容
電気通信工事です。主に電気工事をやっていました。

転職後の業種・職種・仕事内容
工場内の運転管理です。家庭に供給されている水道水を浄水場で作って市町に送ってます。 

転職前と比較して悪くなったポイント

県外の職場への異動が多い

転職の警告
今の職場は同じ県内での異動の他に県外への異動もあるのでそれが不安になることがあるので前職に比べると悪くなったと思います。県内の異動であれば苦では無いのですが、県外への異動となると生活環境が大きく変わるので不安になります。あらかじめ何年後や何ヶ月後に異動になると伝えてもらえていたらいいのかもしれませんが、今の職場は新し現場が取れたら突然県外への異動の話をされるので仕事に集中出来ない事もあります。現場ごとに仕事内容も変わるので、せっかく覚えた業務内容をまた一から覚えるのも大変ですし、新たらしい人間関係も築かないといけないので自分がその立場になったら大変だと感じています。30代になって生活環境が変わるのは大変だとも感じています。

東京都・30代・女性 転職への警告

利用した転職サイト・転職エージェント
リクナビNEXT、マイナビ転職 どちらも情報の更新が週に2回あり常に新しい情報を入手することができたので(しかも更新日がバラバラ)、併用して使いやすかったです。

転職前の業種・職種・仕事内容
テレビ業界で番組のディレクター業務を行っていました。主にスポーツ番組です。

転職後の業種・職種・仕事内容
建設業界で事務員として働いています。

転職前と比較して悪くなったポイント

規則正しい勤務時間

転職の警告
前職はマスコミ業界で不規則な勤務時間に体の限界を感じ転職を決意しました。現在は定時勤務である事務職となり建設会社に勤務しているのですが、規則時間が正しいことが逆にストレスです。以前は自分で仕事をスケジューリングして午前中に歯医者を入れたり銀行に寄って手続きしたり、その分午後から深夜まで仕事をしたりしました。今は平日の午前中に何かやりたいと思ったら事前に休暇の申請をして、申告しなければいけません。それがストレスです。 不規則な仕事な分、休みも自分で調整して取ることができたので調整しやすかったのだと辞めた後で思いました。そしてやっぱり前職こそが自分にとって天職だったと辞めて痛感しています。仕事内容が嫌いになって辞めたわけではないので、この部分でもう少し会社と相談して辞めないで続けていける方向を模索すべきだったと思います。仕事内容が嫌で転職するわけじゃないのなら、転職しようと動き出す前にとことん会社と掛け合ってみることを勧めます。

神奈川県・30代・男性 転職への警告

利用した転職サイト・転職エージェント
エン転職 求人数も多く、情報も多いのでいろいろ頼りにできるサイトかと思います。

転職前の業種・職種・仕事内容
広告代理店の営業職で、主にはリクルーティング広告を新聞や求人サイトに載せる営業をしておりました。

転職後の業種・職種・仕事内容
人材派遣会社の営業職で、主に企業に派遣スタッフを紹介する営業をしております。

転職前と比較して悪くなったポイント

残業時間

転職の警告
元々の求人サイトには、残業時間が月に10~20時間という記載でした。前職の残業時間が多くて辛かったこともあり、次はなるべく残業時間が少ない仕事を希望しておりました。 ただいざ入社をしてみると、勤務開始から残業時間が月45時間に達し、その後もたまに45時間を超えることもありました。 36協定上、本来は月45時間までの残業時間のはずでしたが、超えることがしばしばになっておりました。 後で聞いてみると、月10~20時間というのは、主に間接部門(事務や企画の方たち)の人のだいたいの残業時間の記載だったようで、私のような営業職の人の時間ではないとのことでした。 残業時間というのはなかなか月何時間と正確に出せるものではないと思いますが、少なくとも近い数字ではあってほしいと思います。

転職前後を比較!活動のここが危険①