転職サイト&エージェントおすすめ情報+比較 > キャリアカウンセラーのおすすめ情報 > 前職の比較はNG
2016/12/6
前職との比較はNG

前職との比較はNG?転職後に心がけるべきこと


無事に転職先も決まり、これで転職成功と喜んでいるあなた。安心するのはまだ少し早いかも。転職は入社してからが本番です。入社してすぐのあなたの言動が、転職成功を左右すると言ってもいいでしょう。本当の意味での転職成功を手に入れるため、心がけなければいけないことを確認したいと思います。

入社後しばらくは謙虚すぎるくらいでちょうどいい

いつも以上に行動に気をつけよう

新しい職場での初日、緊張とやる気にあふれて出社してみると、意外と周りの反応が薄いと感じることはよくある話です。新卒で入社したときと比較して、そのちがいに拍子抜けしたり不安になったりするかもしれません。でも考えてみればそれも当たり前。中途採用は一斉に採用されるわけではありませんから、転職者の入社はバラバラです。本人にとっては特別な入社日も、周りの社員にとってはいつもと変らない1日。いつもと同じように仕事をしていて、新人に注目して過ごすわけにはいかないのです。だからと言って気を抜いてはダメ。周囲も新しく入った人がどんな人か気にならないわけはありません。あなたの言動は見られていないようでしっかりと見られています。

転職してまずチェックされるのは、仕事ができるかできないかという以前のビジネスマナーや人間性です。まずは周囲の人に好印象を持ってもらえるよう、発言や行動に気をつけて過ごしましょう。これから一緒に働いていく仲間ですから、あまりかしこまる必要はありませんが、いきなりなれなれし過ぎるのもマイナス。しばらくはある程度の緊張感を持った振る舞いをするのが無難です。

 

上司のタイプを把握し、信頼してもらうことが大切

転職スタート時の鍵を握るのは直属の上司です。その他大勢の社員に対しては、人として好印象を与えることができればまずはOKですが、上司に対しては仕事上で信頼してもらえることを目指しましょう。最初の数ヶ月で「今度の部下は使えない」と思われてしまうと、その後に名誉回復するのは一苦労です。逆に「こいつは頼れそうだ」と思ってもらえれば、どんどんと仕事をまかされるようになるはずです。

では、上司が新しい部下にどんなことを求めているのかと言えば、「自分にしたがう人間かどうか」です。「したがう」というと、なんでも言いなりにならなければいけないのかと思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。組織の中での指揮官であり、社内に関する知識が豊富な先輩として、上司の意見を尊重し、まずは言われたことを忠実に行えるかどうかということです。

中途入社の場合、即戦力として期待されていると焦るあまり、自分の意見を強く押し出したり、新しい提案をしようと焦ってしまったりすることもあるかもしれません。けれども、それは上司の信頼を手に入れてからです。まずは上司がどんなタイプかを知り、相手に仕事をしやすい人間だと思ってもらえるよう、上司のやり方にならった仕事をしていきましょう。あなたのやり方で活躍するのは、その後からでも遅くありません。

 

前の職場との比較は心の中でだけ

「前の職場は」という言葉は求められてから

転職者はついつい新しい職場と前の職場を比較してしまいます。心の中で比べるだけなら自由ですが、それを口にするのはNG。以前の方がよかったというニュアンスで話をすれば、周囲は「じゃあ転職しなければよかっただろ」と思うはずです。

もちろん新しい職場への疑問点や違和感などは、後々仕事をする上で役に立つこともあります。新鮮な視点からの改善提案を求められることもあるかもしれません。でもそれは相手から要望があった時に発言すればいいのです。入社したばかりの転職者はまだ半分「よその人」という扱いです。むやみに前職の話をすると反発を招く可能性があります。

 

成果を出すのは仕事のやり方を覚えてから

転職活動は「こんな風に会社に貢献することができます!」とアピールする場でしたから、入社後もその勢いのまま「早く成果をだそう!」と気持ちがはやってしまうものです。その気持ちは間違ったのものではありません。でも、実際のところ、入社してすぐに大きな成果を上げるなんて、そうそうできることではありません。どの会社にも独自の仕事のやり方があります。まずはそれを覚えること。それがどんなに非効率に見えたり意味のないものに思えたりしても、「間違っている」と批判するのは後にしましょう。新しい職場の仕事の全体像が見え、周囲との関係性もできてから建設的な提案をすることができれば、あなたの株はそこで上がるはずです。

 

まとめ

転職活動をしていると内定がゴールのように思えてきてしまいますが、その後に続く入社が本当のスタートです。入社後も気を抜かずにしばらくは緊張感を持って過ごしましょう。まずは社内の情報を把握し、周囲になじむ努力をすることが大切です。また、転職エージェントの担当者は企業の社風や社員の雰囲気など、転職活動中だけでなく入社後にも役立つ情報を持っているもの。いろいろな面でサポートが期待できる転職エージェントの利用もおすすめです。


求人の検索、転職サイトの比較は転職サイト比較レポート-おすすめ早見表を参考にして下さい。