転職サイト&エージェントおすすめ情報+比較 > キャリアカウンセラーのおすすめ情報 > 第二新卒の転職で注意すべきことは?
2016/12/12
第二新卒の転職で注意する事。

第二新卒の転職で注意すべきことは?


学校卒業後、就職してからおよそ3年以内に転職を志す「第二新卒」。その言葉も定着し、最近は「第二新卒歓迎」と書かれた求人もよく見かけます。今回はそんな第二新卒としての転職を目指す方へ、注意すべきポイントをお届けします。

新卒時の就職活動とはちがう

第二新卒の方がまず忘れてはいけないのが、新卒の時の就活と第二新卒での転職は同じではないということです。ここを理解せずに、就活の時と同じ準備しかしていない人は苦戦してしまうことになります。まず、新卒時の就活とはちがう大きなポイントは下の2つです。

・前職の経験がある
・退職理由がある

言われるまでもないことと感じるかもしれませんが、第二新卒は一度社会人として働いているので、短くても「職歴」というものが存在します。また、1度目の会社を辞めて転職を考えているということは、退職理由があるということ。この2つが学生とは大きくちがっている点で、採用する企業の判断基準としても重要なポイントになります。

新卒の時と同じような「自己PR」・「志望動機」しか準備していないと、本番の面接の時にあわてることになってしまいます。それ以前に、そもそも書類選考にもなかなか通らないでしょう。第二新卒としての転職活動は、これまでの経験と退職の理由をきちんと説明できるように自分の中で整理をすることからはじまることを忘れないでください。

 

新卒で入った会社を数年で辞めようとしているのですから、第二新卒として転職を考える人の多くが、会社に対して何かしらの不満を抱えているでしょう。「残業が多すぎる」「スキルアップができない」「人間関係が悪い」など、あげたらキリがないほど不満を並べられるという人も少なくありません。

今の不満をきちんと認識して転職活動に臨むのは大切なことです。自分の不満がわからなければ、次にどんな企業を選んだらいいか判断できないですからね。でもその不満をそのまま応募書類や面接にぶつけてはいけません。いくら不満が募っていても、その不満のあれこれは胸にしまっておきましょう。そして、前職で積むことのできた経験や勉強になったことに目を向けてください。

残業が多いことが不満だったのであれば、「そのおかげで常に業務効率について考えるようになった」。スキルアップができない職場であったならば、「会社以外で自己啓発に取り組んだ」。人間関係に不満があったのであれば、「少しでも人間関係がスムーズにいくようにいろいろな工夫をした」。こんな風に、不満があったからこそできた経験があるはずです。

どんなネガディブなことでもポジティブな経験に変換して話をしましょう。その経験を元にした自己PRであれば、実際の不満をもとにした経験ですから、面接官に対しても説得力があります。

 

第二新卒の中には、新卒で入った会社を辞めて転職するということを「失敗」ととらえ、失敗してしまった自分に対して自信を失ってしまっている方も多くいます。最初の会社が合わなくて仕事が上手くいかなかったことで、「働く」ということ自体が向いていないんじゃないかと悩んでしまったり、大学時代の友人と比較して落ち込んでしまったり。その自信のなさは面接の時にも現れ、面接官に見抜かれてしまいます。

先ほども触れたように、転職を成功させるには、どんなネガティブな感情もポジティブに変えることが大切です。今の会社に入社したことが失敗だと感じるのであれば、その失敗から学べたことを見つけ出しましょう。そして、入社前と比較して成長している自分に自信を持って転職活動に取り組んでください。

逆に、自信過剰になっている第二新卒の方もいます。新卒の就職活動であまり苦労しなかったという人は、今回の第二新卒としての転職もすぐにうまくいくだろうと考えてしまいがちです。また、退職の理由を「今の会社からはもう学べるものはない」と説明したり、「仕事ができます」というアピールを熱心に繰り返したりと、自信にあふれた態度の方も時折見かけます。

確かに、自分に自信があるというのは、転職において大切なことです。転職活動は言わば社会人としての自分を売り込むということですから、自信のないものを「買ってください」とアピールすることは難しいでしょう。でも、企業が第二新卒に求めているものを理解すると、「仕事ができる」という強すぎるアピールはプラスではないことがわかるでしょう。

採用側は第二新卒に「即戦力」を求めているわけではありません。もし「即戦力」を求めているのであれば第二新卒ではなく、中途採用で募集をかけるはずです。そうではなく第二新卒を求めているということは、社会人としての経験だけでなく、若手ならではの伸びしろや素直さも重要だと考えているということです。

おすすめなのは、「失敗談」を交えて自分の仕事ぶりをアピールする方法。第二新卒であれば、まだまだ失敗することも多い年代です。成功経験を並べ立てるより、どんな失敗をして、その失敗をどう乗り越えたのか、その後の仕事にどう活かすことができたのかという経験談の方が、「今後も成長ができる人材」として面接官に印象づけることができるはずです。

 

「第二新卒」の求人が定着してきたため、 若いうちに思い切って転職する人は今後も増えていくでしょう。でも、よく考えずに転職をしてしまうと、次の職場でもうまくいかずに転職を繰り返すことになったり、とりあえずアルバイトを始め、そのままフリーターになったり、というケースも少なくありません。周りが一斉に就職活動をしていた新卒時とはちがい、一人きりでの転職活動にはしっかりとした意志を持ち続けることが必要です。

そこでおすすめなのが転職エージェント。求人の紹介や応募書類のチェック、面接対策などもしてくれるので、第二新卒の転職活動には心強い存在になります。転職活動の方向性に迷ったときはカウンセリングもしてくれますので、精神的なサポートも期待できるでしょう。こまめなサポートが特徴の転職エージェントもありますので、まずは登録してみることをおすすめします。


第二新卒の求人は転職サイト比較レポート-おすすめ早見表を参考にして下さい。