転職サイト&エージェントおすすめ情報+比較 > キャリアカウンセラーのおすすめ情報 > 履歴書の手書きとパソコンを比較
2017/2/8
履歴書の書き方比較

あなたにおすすめなのはどんなタイプの履歴書?手書きとパソコン比較


転職にまず必要なのが履歴書ですね。手書きがいいのか、パソコンで作成するべきか、どんな様式がいいのかと悩んでしまうポイントでもあります。それぞれのメリットデメリットを比較して、あなたにぴったりの履歴書を見つけ出しましょう。
おすすめの転職サイト・求人検索は転職サイト比較レポート-おすすめ早見表をご覧ください。

履歴書は手書き?パソコンがおすすめ?

履歴書を作成するときにまず悩むのが、手書きにするかパソコンで作成するかではないでしょうか?どちらもメリットデメリットがありますので、まずは比較表をご覧ください。

  手書き パソコン
メリット
  • 老舗・家族経営企業などからは好まれる傾向
  • 字がきれいな人は好印象
  • 熱意や人柄が伝わる可能性も
  • IT企業やベンチャー企業からは好まれる傾向
  • PCスキルをアピールできる
  • 自分流にカスタマイズできる
  • 修正が簡単
デメリット
  • パソコンが好まれる企業の場合はマイナス
  • 作成に手間と時間がかかる
  • 読みづらい場合もある
  • 手書きが好まれる企業の場合はマイナス
  • 誤字脱字などに気づきにくい

 

それぞれの項目の1番目にもあげましたが、大切なのは応募する企業に合わせて選択することです。企業側が「手書き履歴書」「パソコン作成による履歴書」と指定していれば、もちろんそれにしたがってください。

指定がなければ、どのような人材が求められているかを分析し、それにふさわしい方を選びましょう。一般的に、老舗企業など伝統を重視した企業は手書きを好む傾向があり、IT企業など比較的新しい業界ではパソコン作成が好まれます。

業界だけでなく職種や求人内容も判断材料になります。SE職に手書き履歴書で応募した場合、十分なPCスキルがあるか不安に思われることもあるでしょう。また、総務や営業事務など仕事で文字を書く機会がありそうな職種であれば、手書き履歴書の方が好まれるかもしれません。同じ事務職であっても募集要項に「高いPCスキル必須」などと書かれていれば、パソコン作成の履歴書を選ぶことで、スキルのアピールになる可能性もあります。

しかし、履歴書が手書きかパソコンかで、合否が分かれることはまずありません。採用側が見るのは履歴書が「何で作られているのか」ではなく、「何が書かれているのか」です。もし履歴書の形式を選ぶのに悩んで転職活動がすすめられないのであれば、まずは気軽に取り掛かれるパソコンでの履歴書作成に取り組みましょう。修正や誤字脱字のチェックも簡単に行えるので、完成度の高い履歴書をつくることができます。その上で、手書き履歴書で勝負したい企業があれば、そのデータを元に手書きをする方法をおすすめします。

 

サイズはA判がおすすめ

転職活動中は小さなことも気にかかり、不安になるもの。履歴書のサイズはどうしたらいいのかと悩む方もいるでしょう。結論から言えば、形式と同じように、履歴書のサイズで合否が分かれることはまずありません。でも、「少しでも印象がいいのはどちらか」と気になってしまう気持ちもよくわかります。

採用担当者の立場で考えると、嬉しいのはA4または二つ折りのA3です。その理由は書類のほとんどがA4だからです。A4の書類の中で1枚だけB5の書類が紛れていると見失ってしまうこともありますし、ファイリングする時やクリップでとめる時にもちょっと手間がかかります。ほんのわずかな手間ではありますが、そのわずかな相手への負担を考えられる気づかいが、相手への印象を左右することもあるのです。

 

転職回数が多い人は経歴欄が多いものを

履歴書には「絶対にこうでなければいけない」というフォーマットはありません。市販の履歴書を見ても、経歴や志望動機など、ほとんどの項目は共通していますが、その欄の大きさはそれぞれですし、趣味や本人希望などはないものもあります。購入する場合は、比較して自分にぴったりのものを選びましょう。転職回数が多いのに、経歴の欄が少なくて書ききれなかったなんて失敗は避けたいものです。

パソコンでフォーマットからつくるのであれば自分流にカスタマイズすればOKですが、インターネット上のサイトからダウンロードするという場合も、しっかりと比較して書きやすいものを選んでください。

 

趣味・特技・自己PRの欄は必ずチェックして!

既存の履歴書を使う場合、意外と戸惑ってしまうのが、趣味・特技・自己PRなど、履歴書の最後の方にある項目ではないでしょうか?趣味や特技の欄が分かれていて、それぞれ何を書いたらいいのか思い浮かばない。自己PRは職務経歴書に書いたけれど、同じことをかけばいいの?こんな風に、いざ書いてみると疑問がたくさん浮かんでくる箇所です。

基本的に余白部分の多い履歴書はあまり印象がよくありません。「趣味:読書」とだけ書いて、余白ができてしまうようだったら、初めから趣味のスペースが少ないものを選びましょう。その分、志望動機などをしっかりと書き込み、熱意をアピールすることをおすすめします。自己PRも職務経歴書に十分に書いたのであれば、履歴書にはその中から特に印象づけたいポイントを書けば大丈夫。採用担当者の興味をひき、「ぜひ職務経歴書も見てみたい!」と思わせることができればいいのです。そのためにも、自分の書きたい項目と文章量に合った履歴書選びをしてください。

 

まとめ

転職活動に欠かすことのできない履歴書。自分にぴったりのものを選び、内容もどんどんブラッシュアップしていきたいですよね。でも自分一人からの視点では見過ごしてしまうことも多いもの。そんな時には転職エージェントのアドバイザーなど、プロからのチェックを受けることをおすすめします。自分ではなかなか気づくことのできないアドバイスは、あなたの履歴書をよりよいものにしてくれるはずです。


おすすめ転職サイト検索は転職サイト比較レポート-おすすめ早見表をご覧ください。