HOME 設備・備品 交通アクセス 予約申込み よくある質問 宿泊料金 ロケ地紹介


観光案内

詳しくは下記のHPをご覧下さい
高梁市公式HP観光情報
高梁市観光協会
山田方谷マニアックス



            備中松山城展望台より 1月下旬撮影

  

備中松山城展望台より高梁市街と松山城 1月中旬撮影
(↑写真をクリックすると拡大写真が見られます)


備中松山城展望台より天守閣と二重櫓 1月中旬撮影


高梁市高倉町より天守閣と二重櫓 2月初旬撮影

 備中松山城

天守の現存する山城としては日本一の高さを誇ります
秋から冬にかけて雲海に浮かぶ松山城はまさに天空の城です


雲海が発生する時期は、9月下旬〜4月上旬の明け方から午前8時頃。特に10月下旬〜12月上旬の早朝には濃い朝霧が期待できます。


【備中松山城展望台に行く場合】 

雲海に浮かぶ松山城撮影スポット「備中松山城展望台」へはバスはありません

≪自家用車≫
備中高梁駅〜備中松山城展望台 約15分

≪観光乗合雲海タクシー≫要予約
実施期間:10月〜3月
早朝2便運行 一人往復1,500円 
※松山城には行きません。
前日の17:00までに高梁市観光案内所へ予約が必要です。

備中松山城観光乗合雲海タクシーの詳しい情報はこちら


≪タクシー利用≫
早朝にタクシーで行く場合は、前日までにタクシー会社に予約が必要です。
料金は展望台で30分待ってもらって、備中高梁駅から往復約6500円(平成29年4月現在)
 
詳しくはタクシー会社にお問い合わせ下さい
 
平和タクシー 0866-22-3177  備北タクシー 0866-22-2086
  ピオーネ交通 0866-26-1134

【松山城へ登る場合】

≪自家用車≫
登城バスが運行していない日は、ふいご峠(8合目)まで自家用車であがれます。
登城バスが運行している日は、城見橋公園(5合目)に駐車し登城バス(一人往復400円)でふいご峠(8合目)まであがれます。
ふいご峠から天守までは、徒歩で約20分の登りです。
備中松山城登城バス運行予定表はこちら
 
《バス》
高梁バスセンター⇔城見橋公園 片道160円
4月・5月・9月〜11月の土・日・祝日のみ運行(行き1日4便・帰り1日5便)
時刻表はこちら
お問い合わせは備北バス0866-48-9111まで。

≪観光乗合タクシー≫要予約
実施期間:年中無休
一人片道500円
備中高梁駅⇒ふいご峠 1日4便 
ふいご峠⇒備中高梁駅   〃      
前日の17:00までに高梁市観光案内所へ予約が必要です。

備中松山城観光乗合タクシーの詳しい情報はこちら




※登城バス料金、タクシー運賃等の情報は平成29年6月現在の情報です。利用される前に、市役所観光課、観光協会、タクシー会社などで最新情報をご確認下さい。
高梁市産業振興課 0866-21-0229
高梁市観光協会   0866-21-0461
高梁市観光案内所 0866-22-8666
  


 赤銅色の石州瓦とベンガラ色の町並みが続く吹屋の通り  


旧吹屋小学校
 


広兼邸

                             
 銅とベンガラの里 吹屋(ふきや)

江戸末期から明治・大正時代、銅山とベンガラで栄えた吹屋には、平成24年3月まで現役の木造校舎として国内最古とされていた旧吹屋小学校や、享和、文化の頃(1800年ごろ)小泉銅山とローハ(硫酸鉄)の製造を営み、巨大な富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅もあります。
広兼邸は「八つ墓村」のロケにも使われました。


【自家用車】
備中高梁駅〜吹屋 約40分

      
【吹屋行き路線バス】
大人片道800円
高梁バスセンター10:50発⇒吹屋11:48着
     〃     13:50発⇒  〃14:48着
     〃     18:00発⇒  〃18:58着

吹屋 ◎7:15発⇒高梁バスセンター 8:13着
 〃  ▲9:05発⇒     〃    10:03着  
 〃  12:48発⇒      〃    13:46着
 〃   15:45発⇒      〃     16:43着
 ◎土日祝のみ運行
 ▲土日祝は運休
お問い合わせは備北バス括0866-48-9111

【タクシー】
高梁駅より往復4時間貸切 小型タクシー約20,160円(観光施設入場料は別途必要)

高梁市には「高梁市観光タクシー運行事業補助金制度」があり、高梁市内を観光目的で周遊する場合に限り、タクシーを貸切利用(最大8時間)すると、高梁市から30分ごとに1000円の補助金が出て、補助金額を差し引いた金額をタクシー会社に支払う事ができます。
 (例 備中高梁駅から吹屋観光4時間貸切20,160円→割引後12,160円に)
利用する場合は、タクシーに乗る時に「観光目的の貸切でお願いします」と言えばOKです。
※但し「高梁市観光タクシー運行事業補助金制度」の終了時期は未定です。
利用される場合は、まだ制度が利用できるかどうかを必ずタクシー会社にご確認下さい。
 平和タクシー 0866-22-3177
 備北タクシー 0866-22-2086
 ピオーネ交通 0866-26-1134

【ぼんばす(ボンネットバス)要予約(運行日2日前の17時までに)
実施期間:4月〜6月の日曜日のみ運行  定員20名
一人往復3,750円(観光施設セット入場券、現地ガイド料含む)
高梁駅東口9:50発⇒吹屋10:50着⇒自由散策⇒吹屋14:00発⇒高梁駅東口15:00着
お申し込みは備北バス括0866-48-9111

※バス料金・時刻、運行期間、タクシー料金、観光タクシー補助金制度などは、平成29年6月現在の情報です。利用される前に市役所観光課、観光協会、観光案内所、バス会社、タクシー会社などで最新情報をご確認下さい。

                                                   
          高梁市の鳥 ヤマセミ        

                  
                       ミゾゴイ             

  
             オオルリ
                                                 


                          カワセミ             

                                            
ブッポウソウの子育て (加賀郡吉備中央町にて撮影)

                   
 
野鳥

自然豊かな高梁市とその周辺には、多くの野鳥が生息し、今ではなかなか見かけられなくなった鳥もやってきます。



ヤマセミ

山麓や山地の渓流に生息する留鳥で、白と黒のまだら模様と頭の冠羽が特徴。
高梁市では、高梁川、有漢川などに生息し、魚を捕って食べる。
岡山県版レッドデータブックで絶滅危惧2類に指定されている。






ミゾゴイ

岡山県版レッドデータブックで絶滅危惧1類の渡り鳥。
夏鳥として日本に飛来するが、群れないために確認が非常に難しい。
左の写真は2013年5月に撮影者が高梁市山中で初めてミゾゴイに遭遇し撮影に成功










オオルリ

夏鳥として高梁市山中の渓流に多く飛来し、大きな鳴き声が特徴。
瑠璃色の姿は本当に美しい。
スズメとほぼ同じ大きさで、比較的人間の近くに来るので撮影しやすい野鳥。











カワセミ

「水辺の宝石」と呼ばれ、鮮やかな色彩が人気の鳥。
留鳥として高梁市でも各地で見られる。
水の中へダイビングして魚や水生昆虫を捕らえる。











ブッポウソウ

全身が青緑色でハトよりやや小型の鳥。
夏鳥として飛来するが、生息地は少ない。
「ゲッゲッ」と聞こえる濁った声で鳴く。
岡山県版レッドデータブックでは、絶滅危惧1類に指定され、高梁市の隣町・吉備中央町では保護活動が盛んに行われている。
 

↑TOP