九月の夢酔

『頭の中は音楽であふれているのに、それを表現できない』
−ラヴェル(作曲家【Maurice Ravel】)


あ、面白い(2002/9/1)
昨日、8/31に車椅子バスケットボールの女子世界大会の録画をNHK教育でやっていた。これが意外と面白い。正直、やってみたいと思った。健常者バスケは余り好きではないのだが。

車椅子の巧みな操作と、車椅子ならではのブロッキング、やっぱり反則スレスレの技とかあって、見ていると、キビキビとしていて楽しい。車椅子の操作も巧みで、急旋回など実に巧みな動きを見せる。モータースポーツが好きなら、結構はまると思う。失礼な例えだけど、ゴーカートでバスケやってるような感じ。シュートが決まった後、自陣に戻るときにも、駆け引きがあって、ちょっと混戦すると、ディフェンスに戻りきれない選手とかも出る。

選手の障害の度合いに応じて、ポイントが与えられ、その合計が14点になるように、選手を選ばなくてはならない。最も軽い障害で、4.5点。もっもと重い障害で1点。とは言え、バスケットは5人しか出れないので、その中でやりくりする。障害の重度、軽度にかかわらず、試合に出れるチャンスがあり、ベンチサイドとしても、戦術・用兵の見せ所だろう。やはり、腰を使える選手は有利なようだ。

車椅子には、ブレーキが無く、手で止めるため、例外なく手にタコができるそうだ。つーか、あれだけ急ブレーキや、急旋回したら、火傷しそう。車椅子同士をぶつけるのは、ファウルにならないらしく、かなり激しく当たる。ブロックに見せかけて、回転し、相手の車輪にぶつけて、体勢を崩したりと、細かい技は、凄いぞ。

当然、バスケの売りである空中戦(私は凄いとは思うが、別段、魅力は感じない)は、無いが、反面、戦術が分かりやすい。健常者バスケの様に、身体をひねりながら、ディフェンスをすり抜けたりは出来ないので、オフェンス側も相手ディフェンスを抑えつつ、車椅子の幅を開けておかなくてはならないのだ。

ルールは、ダブルドリブルが無くて、車椅子を漕ぐのは、二回まで。三回やるとトラベリング。それ以外は、ほとんどルールは同じ。ファウルもあり、結構、選手は転倒する。競技用車椅子なので、きっちりと固定されていて、自力ではなかなか起きられず、審判が抱き起こすのだが、審判がパワフルで、女子選手と言うのもあるだろうけど、一気に抱きかかえて持ち上げてしまう。

そんなときの女子選手は、たいてい笑顔で、少し気恥ずかしそうなのがとても、かわいらしい。萌え(笑)。今のトコ、カナダがめっちゃ強いらしい。オーストラリアは美人が多かった(笑)。9/1の午後4時から、男子だ。見よう。


実は(2002/9/1)
今日は、マイ・リアル・バースデー。いろいろと物の見方が変わるとか言われたけれど、相変わらずだ。基本的なトコは16才で固まったままなので、成長してないって言われると、そうなのかも知れない(笑)。

MicronesiaWondersさんと同世代の仲間入りさッ。今日から同じ括りです、よろしく先輩(笑)

追補:今日の誕生花は「とらゆり」、花言葉は「私を愛して」…身につまされるね…

他にも、キキョウ、オニユリなんかも、9/1の花らしい。花言葉は…身に浸みるので各自調べてちょうだい。オニユリは、誕生花としては、使えないらしいけど。誕生石はサファイアだ。ルビーの色違い。


あんまり(2002/9/1)
車椅子バスケットボールの男子。やっぱ、アメリカ強いわ。でも、思ったよりあたりは強くなく、紳士的。
拍子抜けと言えば、拍子抜けだが、紳士的で嬉しかった。イギリスの戦術ミス(ディフェンスの変化による隙)を巧みに突いたアメリカの戦術は素晴らしい。

やはり、健常者バスケットよりも、選手の布陣や、ZOCなんかが分かりやすく、シミュレーション的で、育成ゲーム化しやすいのではないだろうか。車椅子バスケットをゲーム化したら、差別だ。とか騒ぐかな?


空想科学(2002/9/2)
古武道の本(学研)を探していたら、空想科学読本4と、間違いだらけの空想科学読本(タイトルうろ覚え)が、並んで売っていた。いまや、嫌われているオタク(すでにオタクではないとの声もあるが)、1位2位を競うであろう、山本弘が、空想科学読本にケンカ売っていた。

理は山本弘にある。正しいのも山本弘だ。だが、なぜか素直に受け入れられないのは、なぜだろう。と言う疑問はある(笑)。やはり、一度傾注した人間を非難される事への敵意だろうか。

空想科学読本の著者、柳田理科雄の功績は、理科離れを叫ばれて久しい日本において、理科、科学への興味を呼び戻したことにある。だから、その理想に燃え、科学への愛情を感じられた第一巻には、私は好意的だ。

だが二巻では、急速に科学への愛情が消え失せている。自慰行為のような論理展開が多々ある。三巻では、ただ痛めつけることに喜びすら感じているかのようで、目も当てられなかった。四巻では、すこし理性を取り戻したようだが、単に開き直っているくさい。だから二巻より後のシリーズ(SF映画とか、切ってるヤツも読もうとも思わない)

私は、純粋な文系人間で、計算能力は皆無。そのため計算や数字では、ふぅぅぅん。と思っていた。が、設定検証や考察については、第一巻から違和感はあったが、第二巻では、明らかなこじつけ、無理矢理な解釈、設定無視。には少し首を傾げたものだ。

毒舌で受けたお笑い芸人が、目先の派手さを求めるが故に、相手を傷付けることに終始し、客に愛想を尽かされる流れによく似ている。

山本弘のアンチ空想科学読本を詠み、もう一度、柳田理科雄の略歴を見ても思うことは、科学や空想に愛情の薄い人なんだろうな。と言うこと。アルバイトの塾講師に「これぞ天職と感じ」東大理Tを中退しているそうだが、科学を志したときも、「これぞ天職」と思ったのではないだろうか、そして今では「作家(物書き)こそ天職」と思っているのではないだろうか?。

熱意と情熱があれば、学問は続けられる。アマチュア歴史家が、大学教授になる例は挙げるまでもない。塾講師をしながら、研究を続けていた節は無く、また最新の科学情報を取り入れている節もない。

ここまで科学を捨てれたと言うことは、科学に、空想科学に愛は無かったのだ。つーか、映画を6本しか見たことない科学好き、空想科学好きなんて存在するわけがない。単なる金儲けだったのだな。借金返済の。

また、第一巻の科学的に致命的な間違いが判明したときに「絶版にしてくれ」と頼みに行ったそうだが、その時の幼なじみであり、担当編集者にこう言われたそうだ「お前の本を検証するヤツなんかいるか。子供が科学に興味を持つきっかけになったらそれで良いじゃないか(管理人注:うろ覚えなので違うかも)」と言われ…と堂々と書いている。

どうやら、自分でナニを言っているか分かってないようだ。ここでも山本弘の検証は正しい。観察・読解・理解そんなものがまるで欠けている。編集者も、あとがきによく載せたものだ。編集者もナニを言っているか分かってないらしい。さすがは、宝島社だ。

あの弁では「お前の本は、単なるバカ本で学術書ではない。読み飛ばされる類のモノだ。真摯に読む奴なんかいない。興味を煽れば良いだけの本で、これだけ売れている本を、今さら絶版にしたら、俺が首になる」と言うことだ。

なぜ、この言葉に納得する?。塾経営に乗り出し、失敗して借金を抱えたときに出したのが、一巻だったようだが、第4巻の略歴に「経営に関しては、天才的に資質がない」と言っている。そらそうだ。教材営業に騙されまくるに違いない。連帯保証人とかで、首くくるタイプだ。受験に失敗したのも、国語がネックだったに違いない。

私なら、間違いなく怒る。殴りかかるかも知れない。科学に愛情があるならば、編集者のあんな物言いに絶えられるはずがない。少なくとも、間違ったと気が付いた箇所を集めた、訂正(エラッタ)本を出させてくれとお願いする。つーか、一人の本好きとして、読者をなめた態度がゆるせんわ。

「間違いを放置する事に決めた」とも書いていたが、バカか?。ホントに塾講師か?。テストに出題ミスがあったのに、訂正せずに、テストをやらせる気か?。そら潰れるわ、そんな塾。詰め込むだけの教育…つーか、ペーパーテスト用の技術訓練?。ホントに天職なのか?。

嘆かわしい限りだ。そう言えば、グレートメカニクスも宝島社だったなぁ…会社自体が、悪徳なんじゃないの?。

追補:グレートメカニクスは、双葉社でした。ごめんなさい。


空想科学問題(2002/9/2)
実際問題として、空想科学をどこまで、いじるか。と言うのは、難しい。空想科学は、映像作品である。誇張や過剰表現はいくつもある。それの揚げ足を取っていたのでは、ただの無粋だ。合戦のシーンを定点カメラで撮っていたってつまらない。

科学的、歴史的検証のなされていない作品は、間違いなくつまらない駄作(B級の笑えるヤツは別)だし、科学的・歴史的に正しいだけの映画は、睡眠薬にしかならない。

プロレスは、時として出来レースなのが丸見えの時もある。だが、プロレスを八百長だ、詐欺だ。と叫び、つまらない。と叫ぶプロレス好きはいない。だが、それをネタにワイワイやるのも、ファンの楽しみだ。映像に限って言えば、出来の良い作品ほど、いじりたくなる。ものではある。バカ映画なら、単純に笑えばいいだけだから。

柳田理科雄は。科学を愛していないし、空想科学を好きになったこともない。これだけは言えるんじゃないかな。間違いなく悪書だったね。空想科学読本。

とりあえず、四巻(立ち読み)で気になったのは、相対速度を合わせられない。とするもの。んじゃ、戦闘機のドッグファイトは?。ま、宇宙ほど加速しないだろうけど。相対速度を合わせるのが、軍事パイロットの仕事だと思う。武器の反動も、相殺するシステムは考えるでしょ?。銃にアンカーがあったりとか。そもそも、宇宙にすんで半世紀は経つのに、宇宙空間で、天地逆になったところで気にも止めないだろう。

本当に、想像力に欠ける。検証力に欠ける。向学心にも欠ける。検証力は、イコール雑学量と言っても良い。そうでないと、自分の論だけに閉じこもる、傍目に恥ずかしい論理となる。

柳田理科雄、大学中退したのは、単純に、講義に付いていけなくなったんただけなんじゃないのかな?。想像力のない科学者なんて、存在意義無いよ。

補記:アマゾンのレビューみたら、けっこう好意的だなぁみんな。山本弘の方が、支持されているけど(笑)。第一巻は、みんなちゃんとネタ本として認識していて、私の認識も間違っていないようで、ちょっと安心。でも、結構前の本なんだね(笑)


ヤシガニの囁き(2002/9/3)
ヤシガニのウインクのパクリ。ではなく、田中康夫の愛称が「やっしー」だったとは。
ま、多くの人が予想したとおり、40万票の大差を付けての勝利。つーか、これ以外勝利じゃないからね、田中康夫サイドにしてみれば、大差で勝たなきゃ、負けと同じ。しかし、羽柴秀吉氏に負けた、読売かどっかの解説委員は惨めだね。

俺だったら、出馬は辞退だなぁ…よく出たよ。どこまで、本気で勝つ気があったんだろうと疑問には思う。本気だとしたら、長野県民のと言うか、県議会の時流の、状勢を見る目がない。反対派の市町村長、議会の人の反応を見ると、典型的な、縦割り日本社会にどっぷり浸かった人たちだね。

会社で言うなら、上申書を出す前に、お伺い書を出さないと無意味に切れる直の上司ってヤツ。彼らの言わんとするのは「(市町村長である)俺を飛ばすとは何事だ。」って事。まさに、小役人ってヤツ。政策がどうこうより、自分を無視されたことが悔しくて、感情的に反発している人たちだな。ホンマに、匹夫やね。

まぁ、田中康夫も良い政治家ではないけど。清濁合わせ飲んで欲しい…が、飲んじゃいけないほど、長野県は汚染されているのかもね。

それと、いつか書いた、北九州特異少女監禁事件。いや、警察の看板がそうなってたので。殺人で立件するようだが、事件発覚当時、あれだけ無意味に自信に満ちてた弁護士の、今の顔が見たかったよ。なんで、あんな人の心が分からない人が弁護士になるかね。科挙の如き試験が、人の心を奪うのだろうか…ロースクールが上手く機能すると良いな。


きびしい(2002/9/4)
まぁ、不利益は承知の上で、こういう生活を送っているのだから、とやかく言うのは間違いなのかも知れないけど、口座引き落としに、審査があるってどういうコト?。まぁ、直の引き落としではなくて、代行業者に委託している口座振替サービスだからかも知れないけど。

つーか、ここまでSOHOや在宅ワークが社会的認知を受けているのだから、勤め先とか書かすなよぉ。フリーランサーだよ。屋号も、勤務先もネェよ。一番凹むのは、年収を書くときだな。あー、どーせ少ないよ。頑張ってるフリーターより少ないな。いーじゃねぇか、三食喰えて、すこし遊ぶ金が手元にあれば。

そのために、結婚とか、育児費とか、背負わないようにしてるんじゃないか(笑)。とりあえず、書類は提出するが、審査で落ちそうだ。ちっ、プロバイダー移行は断念か…?。まぁ、DIONのHP容量が、10月から、どどーん20MBまで増量されるらしい。メールボックスも増量。

これで、添付ファイルが1.8MBぐらい送れて、オリジナルCGIが使えればなぁ…20もいらん。5MB+オリジナルCGI可能サーバ5MBでいいのに(ぷらら方式)。

まぁ、20MBもあれば、今のペースだと、30年分ぐらいの夢酔は貯められそうなので、移転はなくなりました(笑)。書庫として使っても、優秀だしね。ADSLで月額1680円は安い部類だし。

…三十年後か…俺、生きてるかな?。禅僧の様に、「長いこと生きたし、そろそろいとまするわ」と言って、本当に大往生するような死に方したいね。自殺じゃないよ。

別に明日死んでも、未練はないのだけど…見られたら困るモノを処分したり、捨てられると勿体ないモノを知人に配りたいから、一週間は猶予が欲しいなぁ…本当に寿命が一週間って言われたら、何するだろ…とりあえず、生命保険の条件を確認するかな(笑)。酒飲んで暴れたり、自暴自棄にはならない…とは思うけど、スンゲェ凹むかも(笑)


ヤバ目(2002/9/9)
ようやく復旧というか、製品版買えよ。と言われそうなんですが…その前にW2Kにして、意味があるのか。と聞かれたら、返答に困るなぁ。

たぶん、これから不都合がでると思うわ。古いゲームしか持ってないしね。恋姫のインストールができないから、実に手を焼いたわけで。それ以外は、順調なんだけどね。

おかげで、再セットアップの技術だけは、身に付いたわ。win2000不対応のゲームをどうしてもやりたいという人は、win98を入れて、その時点でゲームをインストールしてから、2000へ移行すると動くゲームもある。

つーか、そんなことをするのは、私だけだろうけど。FAT32のままの方がいいみたいだ。データ保持を考えると、NT形式に買えた方がいいんだろうけど…まぁ、技術屋じゃないんで、気にするな。

んで、ハードの移し替え(Rとか、IDEとか)の作業を中腰の姿勢でやっていて、ちょっと離れたモノを無理にとろうとしたら、腰骨から何かがはみ出そうな感覚と、激痛が走る。瞬時に姿勢を戻して、事なきを得たのだが…ホントか?…まぁ、痛みはひどくなったが、まだ足も腰も動くので。

以前、本当に腰が動かなくなったコトがあり、トイレに行くにも、腰が曲げられないから、膝だけで立ったり、寝たりをしていた。和式トイレだったら、死んでたな。まぁ、車椅子覚悟で、我流整体ではめたら、ウソのように痛みが取れたので、骨がすれてたらしい。

今回の痛みは、あの動けなくなったときの痛みと近かったので、ちょっとびびった。

知人は入院するし、別の知人のつとめている会社は、会社更正法を申請するし、何だかなぁ…
こう、スカッとするいいことないかしらん。


G.O(2002/9/10)
いろいろ言われてるけど、側近はともかく、本人は詐欺のつもりはないだろうな。

虚言癖と言うか、自分の美貌と肉体美があれば、あのくらいはすぐに稼げる。と信じているだけだ。壊れてるっちゃ、壊れてるのかな?。まぁ、マネーの虎に出てくる連中のごとく、無意味な自信と、根拠のない確信を持った連中と同じ。アレより酷いかもしれないけど。

精神鑑定をやれば、必ず引っかかるだろうなぁ。つーかさ、精神に異常をきたしていたら、無罪って誰が決めたのよ。酒気帯び運転で、前後不覚になって、ひき殺したら…今までは、過失致死か…間違ってるなぁ。

他者を加害する危険性のある疾病を放置するのは、罪だし、精神異常を来していようが、罪は罪だ。どの事件を見ても、ちゃんと弱者、老女や学童といった弱いモノを確実に狙っている。判断力はある。価値観というか、そういったモノが崩壊しているだけだ。

現実の世界で引き起こした事件なのだから、彼らの世界の法則に合わせる必要はない。現実の法で裁くべきだ。


不審船(2002/9/12)
中国と北朝鮮の語調が弱い。さすがにあれだけの物証を取られ、しかも現行犯とあっては、知らぬ存ぜぬでは通せないらしい。ここのところの譲歩は、いろいろと裏取引があってのことだろう。小泉が意気揚々と乗り込むのも、そうした情報があってのことだろうか。

まぁ、日本は初めて絵札を引いたので、このカードをどう使うか。日本外務省の底力を見せてもらおう。つーか、もっと早くから、銃撃すべきなんだよ。別に海上保安庁や、自衛隊を責めているわけではない。手のひらを返す、ヘタレマスコミに文句があるのだ。

新聞やテレビほど、無責任なメディアはねぇなぁ…情報ソースとしては価値があるが、一転、論調となると無節操。頭の付いてるヤツはいないのかね…桜井良子さんは、認めるけど。

そういえば、あごひげアザラシのタマちゃんだけど、水族館じゃなくて、三陸かどっかの迷いアザラシの保護センターの人が言っていた言葉を思い出した。「東京の人はムゴイ。弱っていくタマちゃんを眺めながら「可愛い」と騒いでいる。」

そういわれりゃそうだよな、あんなところに十分な魚がいるわけもなく、見知らぬ生物の衆人環視、人間ならば、発狂するようなシュチュエーションだ。

水族館のアザラシのコーナーで立ち止まる人は少ないくせに、テレビに出ると、すぐ可愛いだ。
Don’t Lose Your Head!!


煙草(2002/9/13)
アメリカでは、禁煙が徹底しているためか、ハリウッド映画でも、煙草を吸う主人公は少なくなった気がする。タフなアメリカンヒーローは、必ず煙草を吸っていたものだけどなぁ。と言うことを煙草を吸いながら、書いているわけだが(笑)。

さて、ソフトケースの煙草だと、私は、封印の紙シールを剥がし、口を全開にする。そもそも、口を止めるためのシールなのだから、コレが正しい開け方だと思うのだけど、日本人の大半は、ご丁寧に、紙シールを残したまま、銀紙(?)をビリビリと破いて、口を作る。

この開け方、誰が流行らせたんだろう?。進駐軍がそうやって開けていたのかな?。破った銀紙は、ゴミとしてポイ捨てされるし、きっちり詰まっているから取り出しにくい。

勤め先の先輩など、破って口を作ったら、数本取りだして、取り出しやすい様にしていた。そんなに手間をかけてどうする?。と思っていたのだが、まぁ、伊達や酔狂で吸っているのだから、スタイルこそ命なのだろう。

確かに、箱を振って、ヒョイと一本だけ出すのは、格好いいとは思うが…チャンドラー大好きッ子の私としては、口が全開のしわくちゃの箱から、煙草を取り出す方が格好いいと思うのだが。

うっすらと汗をかき、琥珀色に染まったタンブラー。使い古された銀のジッポウ、しわくちゃのソフトケースタバコ。アニタ・オデイのEarlyAutumnとグラスの中の氷が鳴る音だけが静かに響く。


停滞(2002/9/15)
最近、更新が停滞しておりますが、ちとワケがありまして、季節の変わり目で体調不良。感じ入る事件もナシ(体調不良で不感症なのかもしれないけど)、んで、借金のカタに、奉仕をしておりまふ。

SGIのビジュアルワークステーション230とか言うのを受領したワケなんですが、もともと本体が余っているところの物を引き取ったわけで、本体価格は無料です。が、いろいろと使えるパーツは、実費と言うことなのが我々の暗黙の了解。

DVDROMとかついてるしねぇ…なおかつ、現金での授受は避けるというのも、取り決めの一つ。と言うので、オークションでの競り人代行をしておるわけです。

あと、5000ヒット目前と言うことで、大きなネタを公開しようと頑張っているのですが、倦怠感がねぇ…気力も無意味に萎えてるし…やっぱ、ビタミン剤買おうかしら…日本製の効かないヤツじゃなくて、洋モノの効くヤツ。柘植久慶先生が、再三著作で述べている「成人に必要なビタミン・ミネラルのほとんどを含有しているビタミン剤」とおぼしき物を見つけたので…

気力の萎えとか、倦怠感、疲労が抜けない。というのは、稀少鉱物栄養素(亜鉛とか鉄)が欠乏しているからだとか聞くし、食事のあと、何か物足りなくて、何か食べたくなるのも、足りない栄養素を求めているから。