日本の3大花火・Of the three major fireworks Japan

日本の花火大会

栃木県の花火大会カレンダー/栃木県の地域情報(トラフィックとちぎ)

日本の3大花火大会

日本の夏の風物詩といえば花火大会です。夏になると全国各地で数多くの花火大会が開催されます。
その中でも3大花火大会と呼ばれる主要花火大会があります。
日本の3大花火大会情報TOP
大曲の花火競技大会/土浦全国花火競技大会/長岡まつり花火大会

長岡まつり大花火大会

開催場所:新潟県長岡市
開催時期:08月2日・3日
打上数:20000発
観客数:96万人
長岡まつり大花火大会

長岡まつりの概要

毎年華やかに繰り広げられる「長岡まつり」
その起源は、長岡の歴史に刻み込まれた、最も痛ましいあの夏の日に発しています。
それは昭和20年8月1日。その夜、闇の空におびただしい数の黒い影。
―B29大型爆撃機が来襲し、午後10時30分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。
旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、燃え盛る炎の中に1,484名の尊い命が失われました。

見渡す限りが悪夢のような惨状。言い尽くしがたい悲しみと憤りに打ち震える人々。
そんな折、空襲から1年後の21年8月1日に開催されたのが、長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。
この祭によって長岡市民は心を慰められ、励まされ、固く手を取り合いながら、不撓不屈の精神でまちの復興に臨んだのでした。

日本国内でも、有名かつ大規模で見応えのある花火大会です。お祭りとしてのイベントも同時開催されますので花火大会だけではなく、昼間から数々の催し物が楽しめます。
人口約30万人の都市に、約100万人の方が2日間で来場します。

公式サイト:長岡まつりの公式サイト
長岡まつり大花火大会

 

花火(はなび)とは

火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。原則として野外で使用する。

多くの場合は火薬が爆発・燃焼した時に飛び散る火の粉の色や形を楽しむが、ロケット花火やへび花火、パラシュート花火のように、火薬の燃焼以外を楽しむものもある。
日本では、夏の夜の風物詩とされている。一部の自治体では大規模な花火の打ち揚げを「花火大会」と称して行っている。大会の時期は7、8月に集中している。花火大会のほか、イベントなどの開催を告げるため、また、祝砲のかわりにも使われる。

英語では、fireworks という。1988年より開催されている東京湾大華火祭など、近年は「華火」の字を当て字として使用している例も稀にある。



江戸時代の三大花火大会

江戸時代は現在とは異なる三大花火大会がありました。

1.水戸の花火

開催場所:水戸藩 常陸国
現在の場所:茨城県水戸市

 

1.市川の花火

開催場所:甲府藩 甲斐国
現在の場所:山梨県市川三郷町

 

1.吉田の花火

開催場所:三河吉田藩 三河国
現在の場所:愛知県豊橋市

 

栃木県の花火大会カレンダー
Copyright © 2014 tochihana All Rights Reserved.