栃木県日光鬼怒川の紅葉を見に行こう!

トラフィック栃木 栃木県の「秋」ガイド

栃木紅葉スポット日光「鬼怒川温泉」


日光の紅葉を見に行こうHOME

場所 日光「鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)」
住所 栃木県日光市
見ごろの時期 10月下旬〜11月上旬
料金 無料
説明

鬼怒川温泉の概要

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市(旧下野国)の鬼怒川上流域にある温泉。かつては箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれ、現在でも多くのの観光客で賑わう観光地。
温泉地では鬼怒川温泉は川治温泉と近隣にあり龍王峡も周辺ですので、あわせて観光にもいけます。

古くは滝温泉という名前で、鬼怒川の西岸にのみ温泉があった。発見は1752年とされる。日光の寺社領であったことから、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であった。
明治時代になって滝温泉が一般に開放され、明治2年には東岸にも藤原温泉が発見された。その後、上流に水力発電所ができて鬼怒川の水位が下がるとともに、川底から新源泉が次々と発見され、下野電気鉄道(現・東武鬼怒川線)の開通後は次第に温泉として発展していった。

1927年(昭和2年)に、滝温泉と藤原温泉を合わせて鬼怒川温泉と呼ぶようになり、その名称は今日までいたっている。戦後は特急「きぬ」の運行などもあり、東京から観光客が押し寄せて大型温泉地としての発展を見せた。

鬼怒川温泉
鬼怒川温泉の紅葉

鬼怒川温泉
鬼怒川温泉の紅葉(鬼怒楯岩大吊橋)

鬼怒川温泉
鬼怒川温泉の紅葉

日光バナー

栃木県の紅葉写真集(高解像度版):日光や那須の紅葉の写真を集めてみました。
 

日光周辺の地図(ドライブルート)

A:「今市IC」日光宇都宮道路⇒B:龍王峡 車で約35分
A:「今市IC」日光宇都宮道路⇒鬼怒川温泉 車で約25分
龍王峡より北に向かうと川治温泉です。鬼怒川温泉は龍王峡の手前になります。
また南方面にむかい、日光いろは坂や日光東照宮方面へも観光・ドライブができます。
いろは坂方面/東照宮方面


 

栃木県のゆるキャラ


栃木県の地域情報サイト[][][][]
Copyright © 2012 tochihana All Rights Reserved.