■栃木県の紅葉スポット・那須の紅葉見頃■

日光の「秋の紅葉」特集

那須高原「殺生石/温泉神社」周辺の紅葉情報

場所 那須高原「殺生石(せっしょうせき)/温泉神社(おんせんじんじゃ)」
住所 栃木県那須郡那須町
見ごろの時期 9月下旬〜10月下旬
説明

温泉神社の概要

栃木県那須町。
福島県との県境にある那須高原、那須湯本温泉にある。東北自動車道那須I.C.から那須湯本を目指して北上し、坂道を登って、温泉街を抜けたところにある。温泉街に近づくあたりから硫黄の臭いがしてくる。

温泉神社の後方には、有名な殺生石がある。神社境内から歩いて200m弱だが雪の日は止めた方が良い。殺生石そばにも駐車場がある。

当社が温泉の神を祀った神社であることは明白だが、やはり、なんといっても「那須余一」と「殺生石」だろう。当社の御朱印帳には、この二つが用いられている。

源平屋島の合戦のおり、船上の扇を見事射落した那須余一は当地方の武将。扇を射る時に、那須温泉大明神に祈ったらしい。
 

殺生石の概要

殺生石は、大陸から渡って来た八百歳の妖狐・九尾の狐。
鳥羽上皇の頃に「玉藻前」と名乗り、朝廷に出入りする。陰陽師・安倍泰成に、その正体を見破られ、那須野ヶ原へと逃げる。その後、三浦介、上総介によって退治されたが、妖狐は毒石となり、ガスを噴出して人畜に害を与えるようになった。源翁和尚によって、その恨みを封じられ、粉々に砕かれた。

神紋は、『栃木県神社誌』には卍紋とある。本殿の屋根には、中央に卍紋。左に巴。右の紋様が確認しずらかったが、たぶん、柊輪の中に沢瀉。大関氏の紋だろうか。

境内は雪に覆われ、参道は除雪されていたが、滑りながらの参拝だった。芭蕉も当社に参拝し、殺生石を見たらしい。

茶臼嶽頂上には、当社奥宮が鎮座しているが冬季は閉山されて登れない。

那須地域の紅葉
那須の紅葉スポット一覧

那須茶臼岳周辺の地図(ドライブルート)

A「那須IC」東北自動車道
B「茶臼岳」アクセス:東北自動車道「那須IC」より車で43分 那須高原:茶臼岳周辺
C「板室温泉」アクセス:東北自動車道「那須IC」より車で45分 那須高原:板室温泉周辺
那須茶臼岳の地図(ドライブルート)

那須ICから茶臼岳までの道程では多くの紅葉ポイントがあります。

日光と那須の紅葉TOP

栃木県の紅葉写真集(高解像度版):日光や那須の紅葉の写真を集めてみました。

日光の道の駅「ニコニコ本陣」

栃木県の紅葉写真集

宇都宮の紅葉写真集

宇都宮市内の観光スポット

紅葉の日本ロマンチック街道

栃木県のイルミネーションスポット

栃木県のゆるキャラ

栃木県のゆるキャラ

トラフィックとちぎ

▲このページのトップへ