Chakra低速回転中

       TRPGから野宿ツーリングまで、興味のある事全部入れたら、こんなにも雑多なサイトになってしまいました。
どうやら、サードアイ半開きらしい私の、うがった視点での感想雑文サイトです。

※チャクラ6:第六番目のチャクラ。アジナーチャクラと呼ばれ、眉間に位置する。
   サードアイ(第三眼)とも言われ、その験力は他人のカルマを瞬時に見抜くという。

 
caution(注意書きもしくはコンセプト説明)
      リンクフリー。紹介されるのはご随意に。


Contents
酔生夢死:日記に見せかけた、愚痴り場。トップページそのままで本編だけ更新したりもします

Je ne sais quoi:PC・コンシューマーゲームの評価でなくて感想。攻略記事もここ。
Out of Order:TTRPGとPBMについて、つらつらと。TRPG用フリー&ソロシナリオあり
War in Wonder Land:ガンダムネタ。真面目な考察からアホなのまで、鼻で笑って下さい。

CornBall:ソロシナリオ&ゲームブックネタへの扉

Dee-eXplorer:野宿ツーリングネタ。最近やってないので、もう昔話中心です。
Aqua of Lethe:映画・小説系のネタと少しの音楽。参考文献の紹介も考えてます。
Sa-Naquba-Imuru:少しは真面目なお話。神秘学・神話学、怪談話も少し

Block Buster:いわゆる参考文献

推薦サイト:平たく言うとリンク。でも、リンクしないので、やっぱり推薦サイトの紹介


更新は気が向いたら。訂正や改訂は適宜やっています
随所に「かにゃるダメ文字フォント」と「怨霊フォント」使用中
FireFox使用の場合は、マメにリロードお勧めします。
キャッシュが強すぎるのか手動リロードしないと更新が反映されない場合多いです。



更新情報
酔生夢死:2011/07/27 更新:ココが変わったら、トップページ以外にも夢酔ありです。
Je ne sais quoi
:2009/3/27:鎮守(レゲーの感想文)追加 2015/04/02トゥルーとバッドとマルチエンドup  2015/12/21:真女神転生4改定 2013/07/27:AKIBA'STRIP追記  2016/01/13:魔都紅色幽撃隊やっとこUP
Out of Order:06/3/23:ガンダムRPGソロシナリオ公開ちょっと修正  05/7/4Nightfall ヴァンパイア・ザ・マスカレード関連開始 12/11/09:買ってはいけない:クトゥルフと帝国改訂 12/11/15:旧神とHPL 11/02/21:ドコまでがクトゥルフ神話作品? 2012/04/25:クトゥルフとクトゥルー 2012/11/10:ラヴクラフトサークルとファンの違い改訂
War in Wonderland:Far Side3
:03/5/9:EXAMの考察UP   2009/10/22:パーフェクト なジオングを考える:デザインリメイク 2011/03/20:Gガンダムと言う解放
Dee-eXplorer:2002/8/19:野宿の基本
Aqua of Lethe:02/1/21 宇宙の戦士UP 09/4/27:アストロ球団up 09/06/27:オールザットウルトラ科学up
Sa-Naquba-Imuru
:02/1/19 陰陽道の幻想改訂  :01/12/28 暗殺者としての陰陽師改訂 010/05/09:東西対抗の起源重要改訂



此度の夢酔



時代の流れか(2018/02/25)
なんしか流れ着いた北斗西斗で、外伝(原哲夫以外の作画コミック)をみた瞬間(特に2コマ目のカレン…)思った。動きねぇな。と。躍動感と言うべきほどでもないのだけど、コマの中で時間が動いてないよね?って言う感覚。アメコミというか、ビジュアルコミックというか。スチール写真の連続でマンガ作ってるみたいな感じ?。

最近のは、イラストの延長線上にマンガがあるのかなぁ。イラストの連続マンガ多いし。まぁ、かく言う原哲夫先生も、コマの中に動きがあるタイプではない。その代わりに、狂気じみた描き込み量で、迫力を出しているのが躍動感につながっている…と思う(個人の感想です)。ソリアの手の数とか、今ならコピーして貼り付けだけど、あの時代にデジタルなんかないので、紙とペンで、あの量と書き込み密度ですよ。あの密度あればこそ、止まった絵なのに迫力があるということなんだと。 背景の描き込み具合も凄いよね。

余談:個人サイトで、個人の感想ですって書くのはブラックジョークなんだが、わりと本気に取る人が多くて、あふんって感じ。

と言うのをマクラにして(長ぇなオイ)、懐かしのツクダホビーのSLGのレビューがあったので、そっちメインで。ツクダは アニメのゲーム化に熱心で 他にも、スペースコブラとか、クラッシャージョーとか、イデオンとか、ガンダムとか出してましたな(バンダイ製混じってるかも)。

基本のデザインは似ているので、デザイナー一緒なのかなぁ(ツクダはホントにデータカード作るの好き)。行動予定表に先に書いて、いっせーので動くシステムは、ガンダム戦史でもやっているし。

一応、フォローしておくと、ボードゲームつっても、双六に毛が生えたパーティーゲームから、本格ウォーゲームまであり、ボックス入りのアニメ原作ゲームは、本格ウォーゲームのエントリーモデル的なポジション。詰まるところ、同じゲッターロボだからといって、本家と、小学一年生版を同列に扱っちゃ困るようなもん。 ちなみに、本格となると、ユニットの初期配置で一日が終わる規模のもある。つか、マップ広げるのに六畳一間必要だったし(バルバロッサ作戦)

二段組み16ページの取説なんざ、薄いわ、ペラペラやん。ガンダム戦史なんか50ページ以上あった気がするが。手持ちだと、バンダイのifシリーズの宇宙戦艦ヤマトでも、マニュアル32ページ+α(ユニット一覧とかデザイナーズノートとか)。考えてみれば、テーブルトークなんざ本一冊まるごと ルールブックだしな。 アイン「16ページ、コイツは骨が折れるな」ケン「いや、そうでもない(どさっ)」って感じです。

で、ウォーゲームではシナリオと言う名のミッションプレイがあるのが普通。大抵は、原作シーンの再現やら、歴史の再現(SLGとは元々そういうモノで、士官学校での卓上/図上演習が原形)なので、大敗した側でのプレイは、基本無理ゲーです。上記宇宙戦艦ヤマトだと、ヤマト完成前のガミラス軍とのファーストコンタクトシナリオがあるのですが、地球側で勝てる方法はありません。勝ち負けよりも、どう動くべきだったかという戦術研究の名残っすかね。

とはいえ、ツクダの取説の書き方のヘタさは、レジェンドクラス。ガンダム戦史でも、謎なところに補則ルール書いてあったりして、「この場合の判定どうするんだっけ」「ちょっとまって、探しとく」とかやってました。ウチのサークルはルール参照係常設プレイでした

まぁ、原作愛だけは無駄に満ちあふれていたりしますわ。ツクダのアニメボードゲーム。

私の周りにはウォーゲームクラスのボードゲーマーしかいないので、一般人の感覚を知れたのはかなり参考になりました。やっぱ、判定手順が増えると、一般人は腰が引けるか…けど、余りに簡略化すると、つまんないんだよなぁ…そこのバランス取りが天賦の才か。別表参照も嫌われるのかぁ…ロールマスター※一般受け悪かったモンなぁ…ウチのサークルでは人気だったのは…ウォーゲーマー多かったからか…

※ロールマスター:痛打表がウリのテーブルトーク。攻撃が命中すると、別表の痛打表を振り、ダメージを確定する。痛打表は、武器と言うか攻撃方法で細分化されており、切り裂き痛打とか打撃痛打、貫き痛打などなど。魔法にもあったり。

で、全然関係ないんですが、ガンダム戦史がツクダかどうか、不安になったので、検索してみたら、グーグルで二番に、わがのサイトが出てきました。1ページしかない、投げた企画なのに?!。もっといっぱい書いてる人いるのに?(困惑)

 


管理人が気になる商品
AMAZONでの賢い買い方講座。



広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ブランドVanadis内「広がれ魔物娘の輪!」に参加中!
一人の人外娘スキーとして(*ノノ)…魔物娘か…まぁ、いっしょいっしょ。
添い寝袋ほしーけど、高いッス。時に機械系(アンドロイド)とかは魔物にはいるのだろうか?
 

聖もんむす学園 2012年8月24日発売!

改造少女〜ロボっ娘とのいちゃいちゃ性活〜 2013年9月27日発売!

     
フルプライスで読み物はないよなぁ…そろそろ、ゲーム作ってくれないかな…Vanadis…
と思ったら、予想以上に選択肢あったよ!分岐したよ!往年のノベルゲーム並に!……ゲーム性と呼べるかは別として。
とか言うとノベルゲームのゲーム性ってなに?と言う問題に行き着くわけだが。
あーえーと、ごめんなさい、今(発売日に)知りました。ストレートに実現して貰うと、恥ずかしいです(*ノノ)。
だが、あえて言おう。人間の機械化じゃねーんだ。機械の人間化なんだ。
モノへの愛情が、無機物に心を与える
人間だって、生体部品のアンドロイドなんだ
蛋白質を超える愛情が、我らアンドロ一派の本質!(私の他に存在するか知らないけど)
真面目な話、人間ベースだとサイボーグであって、ロボじゃない。次回作はそこヨロシクゥ
 
     

 

 聖もんむすFestival!!〜お祭りだよ全員集合!〜 2014年2月28日発売!
今度はゲームっぽいシステム搭載でちょい期待。つか、期待に応えてくれすぎです。
影花さんのツィート見てたら、コレで難しいとか言う人出るらしい…なんかいろいろ絶望…
エロゲの隙間産業Vandisには、カッチリとしたゲーム性をもつエロゲという隙間を突いてくれないだろうかと思う次第
全然関係ないけど「石棺なき魔眼」って意味をなしてないよね。なにか元ネタでもあるのだろうか。
と思ったら「石棺いらずの」だった。失敬、失敬……やっぱ最初は「なき」だった気がス…うっ(ぴきーん)…。
ちなみに私だったら「刻をも魅了する瞳(ペトリファクションイーブルアイ)」か「石化の魔眼(イスタグラカ アイン←アラビア語の単語の羅列)」かな。
 


 
黙って買うのです。さすれば、幸せに…なれるかどうかは人それぞれ。 出来れば、本人サイトで買ってあげてくらはい。


 

Sorry,This page is Japnese Only!!. please Don't say"You speak english"
辞書ひきまくって、この程度なんだから

Host:御津羽輝明(みつは・てるあき)
mailto:mituha6@h5.dion.ne.jp

スパムがキツイので直置き。@も全角にしてます