Chakra低速回転中

       TRPGから野宿ツーリングまで、興味のある事全部入れたら、こんなにも雑多なサイトになってしまいました。
どうやら、サードアイ半開きらしい私の、うがった視点での感想雑文サイトです。

※チャクラ6:第六番目のチャクラ。アジナーチャクラと呼ばれ、眉間に位置する。
   サードアイ(第三眼)とも言われ、その験力は他人のカルマを瞬時に見抜くという。

 
caution(注意書きもしくはコンセプト説明)
      リンクフリー。紹介されるのはご随意に。


Contents
酔生夢死:日記に見せかけた、愚痴り場。トップページそのままで本編だけ更新したりもします

Je ne sais quoi:PC・コンシューマーゲームの評価でなくて感想。攻略記事もここ。
Out of Order:TTRPGとPBMについて、つらつらと。TRPG用フリー&ソロシナリオあり
War in Wonder Land:ガンダムネタ。真面目な考察からアホなのまで、鼻で笑って下さい。

CornBall:ソロシナリオ&ゲームブックネタへの扉

Dee-eXplorer:野宿ツーリングネタ。最近やってないので、もう昔話中心です。
Aqua of Lethe:映画・小説系のネタと少しの音楽。参考文献の紹介も考えてます。
Sa-Naquba-Imuru:少しは真面目なお話。神秘学・神話学、怪談話も少し

Block Buster:いわゆる参考文献

推薦サイト:平たく言うとリンク。でも、リンクしないので、やっぱり推薦サイトの紹介


更新は気が向いたら。訂正や改訂は適宜やっています
随所に「かにゃるダメ文字フォント」と「怨霊フォント」使用中
FireFox使用の場合は、マメにリロードお勧めします。
キャッシュが強すぎるのか手動リロードしないと更新が反映されない場合多いです。



更新情報
酔生夢死:2011/07/27 更新:ココが変わったら、トップページ以外にも夢酔ありです。
Je ne sais quoi
:2009/3/27:鎮守(レゲーの感想文)追加 2022/02/20女神転生D×2up  2015/12/21:真女神転生4改定 2013/07/27:AKIBA'STRIP追記  2016/01/13:魔都紅色幽撃隊やっとこUP
Out of Order:06/3/23:ガンダムRPGソロシナリオ公開ちょっと修正  12/11/09:買ってはいけない:クトゥルフと帝国改訂 12/11/15:旧神とHPL 11/02/21:ドコまでがクトゥルフ神話作品? 2012/04/25:クトゥルフとクトゥルー 2012/11/10:ラヴクラフトサークルとファンの違い改訂 19/01/28:正気度とSAN値と正気度チェック
War in Wonderland:Far Side3
:03/5/9:EXAMの考察UP   2009/10/22:パーフェクト なジオングを考える:デザインリメイク 2011/03/20:Gガンダムと言う解放
Dee-eXplorer:2002/8/19:野宿の基本
Aqua of Lethe:02/1/21 宇宙の戦士UP 09/4/27:アストロ球団up 09/06/27:オールザットウルトラ科学up
Sa-Naquba-Imuru
:02/1/19 陰陽道の幻想改訂  :01/12/28 暗殺者としての陰陽師改訂 010/05/09:東西対抗の起源重要改訂



此度の夢酔






もっと軽い話(2023/02/01)
知人から、売るのも面倒だからやる。といわれて、PS2ソフトを拝領。見ると…たしかに、売るのも面倒なラインナップ(笑)。あと、5か10年速ければ、売値は付いたかもしれない。二束三文だが。ヤフオクかフリマサイトに出しておけば、欲しがる人はいるだろうが、機会費用の損失のがデカイ気がする。

PCSX2の新バージョンをwikiから取りに行ったら、まぁ、なんだ。寂れたが続いていて良かった。PCスペックが、完全に通り越した(2016ぐらいのゲーミングノートで余りある)ので、存在意義はかなり薄れたしなぁ。

というわけで、雑感連打。

ナイトメア・オブ・ドルアーガ
不思議のダンジョンのドルアーガ版。出た当初は興味があったが、不思議のダンジョンがあまり好きではなかったのでスルーしてた。

トルネコやシレンとの違いは、ダンジョンマップは固定。出口、鍵、スタート地点がランダム…というより、複数パターンあるだけ。敵の初期配置はランダム…なので、いきなり詰むこともある(本編では めったに詰まないが)。ギルのレベルは、ダンジョン出ても維持される。

ドルアーガらしく、特定の行動をとると銀や金の宝箱が出るが、大したものは入っていないし、出現ポイントも固定。ダンジョンマップも固定なので、作業感が跳ね上がる。

不思議のダンジョンと言えば自動生成と、再スタートが売りで、それを否定してどうする。って感じ。マップは同じなんで、探索感は無いし、ローパーやアーチンといった無敵障害キャラで強引に難度を上げているので、詰む配置になることもある。脱出アイテム使えば、逃げられることは逃げられるが。判断ミスで、初期装備に戻ったら、やる気は一気に失せる 。まぁ、ギルのレベルが維持されるので、初期装備でもそこそこ戦えたりはするが。

クエストは、全装備を預けないと受けられないし、クエスト中はセーブも出来ない(つまり、中断できない)。クエストを受けると、レベル1初期装備に戻されるが、ダンジョン内の敵はそこそこ強く、スタート地点でいきなり囲まれて、どうしようもないパターンなどもある。

まぁ、私が不思議のダンジョンが嫌いな理由を強化された感じ。チュンソフトが沈んでいった理由がわかる。 一番ダメなのが、ギルとカイを、原作に似せる気が全くないのがアカン。


レッスルエンジェルスPS2版
1と2両方あった。PC版の3ベースで、絵師と声優強化だけの駄作。まぁ、技はさすがに増えていたが…コマ割りで、シャイニングウィザードとか出しても、今一つだが。

ウィキペディアでも、3が一番人気とか書いてあった気がするが、実際は不人気。ムック本の「レッスルエンジェルスの世界」で、スタッフインタビューでも「実は、 3のアンケートはがきの集計では、1や2のストーリー性が強いものを希望するアンケートが多かった」と答えており、実際に出た次作のスペシャルは「(プレイヤーエディット)の新人レスラー」 として、レスラー人生を歩むものであった。

だいたいカードバトルと経営が相性がいいわけがなく、経営メインでやると試合はスキップするし、スキップなしでやると時間がかかりすぎる。 試合内容が、経営に響くことはないしな…。

3がすごいって言うのは、会場の場所とキャパ(客席数)をきっちり調べてあった。というだけで、鉄道マニアでいうと、時刻表オタみたいなデータ系プロレスファンが喜んでいただけだった。

SFC版も3ベースで、ダメダメだった。試合内容と経営がリンクするシステム考えないとダメだよな。そもそも、目的もなにもなく、期日決めて、ポイント一位おめでとうしかないシステムのままPS2にもっていくのはどうなんよ?。桃鉄みたいなボードゲーム的なもんでもないのに。

ふつーーーーーーーーーに考えれば、レッスルスペシャルベースにして、エディットとイベント強化、システムのブラッシュアップしたら、かなり売れたと思うんですけど。発注する絵師も声優も絞れるので、その分で、モーションアクターとしてレスラー雇った方が良かったと思う。

ランブルローズと同じで、プロレス愛があるようで、実はキャラ萌えしかないディレクターに捕まった哀れなソフト。今からでも、レッスル愛があるディレクターが、スペシャルベースで、リボーンさせないかなぁ。

社長から「ブック」指定があって、それをこなすと評価が高くなるとかどうかなぁ。前座なので5分以上10分以内で決着をつけろ。とか、必殺技で決めろとか。あと、観客の興奮度を示すHEATシステムは絶対にいる。

試合が盛り上がる前に秒殺したら、プロレスではブーイングでしかないわけで(笑)。


装甲騎兵ボトムズ
唯一値が付きそうであった目玉。アクションゲームとしても秀逸で、なかなかの名作かと。ざっくりいうとガンダム戦記のボトムズ本編版。 機体で武器が固定されるのも、ガンダム戦記っぽい。人型兵器は、携行武器の幅が汎用性だというに。機体は良いが武器がしょぼいとか…で、個性付けしてるんだろうけどさ…

ただまぁ、ちょっとシステム的に、AT降りた時の挙動が、シンプル2000クラス(笑)。隠密行動要求の割に、動きが直線的で…まぁ、内容が緩いのでなんとかなっているけど。AT乗るミッションは、今のとこオールSですが、降りるミッションはギリギリクリアレベルです。私のへぼさもありますがね。

このシステムで、オリジナルストーリー展開できれば、ATのカスタムとか面白かったんですが、ガンダムと比べて、実はあまり話にスキがないのよね、ボトムズ。ウド、クメンとか渡り歩けなくなるので、展開が狭くなる=登場ATが制限されるという。ベルゼルガみたいにバトリングに限定すると、戦闘に幅がなくて、作業感が強くなるしなぁ…

ベルゼルガとラピドリー出るまでは続けたい。ブラッドサッカーとかは入っているのだろうか?…ガンダム戦記的な匂いからすると、クリアランクオールSとかで、何かありそうではある。


新世紀勇者
ズバッというと、勇者シリーズのスパロボ。スパロボが当たったおかげで、同システムのネタが増えましたが(宇宙刑事だのライダーだの)、安易な模倣作を見ると、スパロボの出来がよく見えるから不思議だ。逆に言うと、最低というものに底はない。と実感する。

タカラがらみなので、出来はお察し。ですが、設定等はよく出来ており、勇者愛は感じられる。 ビルとかにも耐久力があり、町への被害を抑えながら戦うというのは、面白い(威力の高い武器は貫通してしまうので)。 まぁ、それがシステムに生きてないのだけど…視聴層の低年齢層向けというと、SF設定が本格…だいぶ緩いのでゲーマー向けでもない…お姉さん向けなんですかね?。

だが、ダガーンが居ないのは何故だ。不人気だから…桜小路さん( ゚Д゚)…

そんで、ふと、水星の魔女って、勇者系なんかも…とか脳裏によぎった。見てないからめったなこと言えないけどなっ。そのうち、ガンダムが変形して、巨大合体グレートガンダムGXとかに、ならないか心配だ(ユニコーンのジオングだったか?)…。

まぁ、サポートメカと合体して、巨大キャノン背負うとかはぜったいあるよな。


 


管理人が気になる商品
AMAZONでの賢い買い方講座。



 

       
         


Sorry,This page is Japnese Only!!. please Don't say"You speak english"
辞書ひきまくって、この程度なんだから

Host:御津羽輝明(みつは・てるあき)
mailto:mituha6@h5.dion.ne.jp

スパムがキツイので直置き。@も全角にしてます